ダニエル・エレナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダニエル・エレナ
2012年に行われた会見にて
2012年に行われた会見にて
基本情報
国籍 モナコの旗 モナコ
生年月日 (1972-10-26) 1972年10月26日(50歳)
WRCでの経歴
活動時期 1997年 - 2013年2015年2018年 -
所属チーム シトロエンヒュンダイ
出走回数 180
チャンピオン回数 9(2004年 - 2012年
優勝回数 79
表彰台回数 118
ステージ勝利数 924
初戦 1999 ラリー・カタルーニャ
初勝利 2002 ラリー・ドイチュラント
最終勝利 2018 ラリー・カタルーニャ
テンプレートを表示

ダニエル・エレナDaniel Elena1972年10月26日 - )は、モナココ・ドライバーセバスチャン・ローブとのコンビで、2004年2012年世界ラリー選手権(WRC)で9年連続チャンピオンを獲得した。3児の父。

経歴[編集]

1997年よりローブとコンビを組み、2001年にJWRCで優勝、2002年にはラリー・ドイチュラントでWRC初優勝を挙げる。

2004年から2012年時点でWRCを9連覇、通算78勝を記録。2013年から2019年まではスポットで散発的な参戦に留まったが、2018年にラリー・カタルーニャで総合優勝して79勝目を挙げた。母国のラリー・モンテカルロでは計7勝を挙げている。

2011年のIRC(インターコンチネンタル・ラリー・チャレンジ)として開催されたラリー・モンテカルロにはドライバーとして参戦。シトロエン・DS3 R3をドライブし、名所チュリニ峠もクリアして総合52位で完走を果たした。

ローブがラリーレイドに転向して以降も一貫して彼のナビゲーターを務め続け、2017年にはダカール・ラリーで総合2位を獲得した。 しかしコマ図が各SS当日に渡されるというように規則が変わりナビの難易度が上がると低迷し、2021年のダカール後に所属していたプロドライブの意向により、23年間のコンビ活動に終止符を打った[1]。ローブは2022年にWRCのモンテカルロにMスポーツフォードから出走し80勝目の大台に載せたが、その傍らにエレナの姿は無かった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]