ダニエル・アランスビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアランスピア第二姓(母方の)はアグアードです。
ダニエル・アランスビア Football pictogram.svg
Daniel Aranzubia.jpg
名前
本名 ダニエル・アランスビア・アグアード
Daniel Aranzubia Aguado
ラテン文字 Daniel ARANZUBIA
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1979-09-18) 1979年9月18日(37歳)
出身地 ログローニョ
身長 184cm
体重 80kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-1997 スペインの旗 ビルバオ・アスレティック 5 (0)
1997-1998 スペインの旗 バスコニア 31 (0)
1998-2000 スペインの旗 ビルバオ・アスレティック 65 (0)
2000-2008 スペインの旗 アスレティック・ビルバオ 162 (0)
2008-2013 スペインの旗 デポルティーボ・ラ・コルーニャ 178 (1)
2013-2014 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 1 (0)
代表歴2
1995-1996 スペインの旗 スペインU-16 3 (0)
1998-1999 スペインの旗 スペインU-20 9 (0)
1999-2001 スペインの旗 スペインU-21 17 (0)
2000 スペインの旗 スペインU-23 6 (0)
2004 スペインの旗 スペイン 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年6月現在。
2. 2016年8月現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダニエル・アランスビア・アグアードDaniel Aranzubía Aguado1979年9月18日 - )は、スペインログローニョ出身のサッカー選手。ポジションはGK

経歴[編集]

クラブ[編集]

アスレティック・ビルバオ[編集]

ラ・リオハ州ログローニョに生まれたが、バスク州ビルバオにあるアスレティック・ビルバオの名高い下部組織(レサマ)で育ち、サードチームであるCDバスコニア、セカンドチームであるビルバオ・アスレティックなどからトップチームでの出場機会をうかがった。2001年4月10日レアル・ソシエダとのバスク・ダービー(1-3)でトップデビュー。2002-03シーズンまでイニャキ・ラフエンテの控えとして過ごすが、2003-04シーズンにラフエンテからレギュラーを奪うとこの年は5位でUEFAカップ出場権を獲得した。そして、クラブとの契約を4年間延長している[1]。それ以降はラフエンテと激しいポジション争いを繰り広げた。

しかし、2007年夏にラフエンテがRCDエスパニョールへレンタル移籍すると、そのエスパニョールから入れ替わりでゴルカ・イライソスが加入。アランスビアは余剰戦力とみなされ、イライソスの負傷中さえも出場機会を与えられなかった(その際はカディスCFから急遽加入したアルマンド・リベイロがゴールを守った)。

デポルティーボ・ラ・コルーニャ[編集]

2008年7月12日デポルティーボ・ラ・コルーニャにフリートランスファーで入団するとすぐにUEFAインタートトカップで優勝してUEFAカップの出場権を勝ち取った。10月2日のUEFAカップ1回戦・SKブラン戦はPK戦にもつれ込んだが3本を止める大活躍で勝利に貢献し、グループリーグ出場権を手にした[2]。2008-09シーズンのリーグ戦は出場停止による1試合を除く37試合に出場。リーグ3位の47失点と奮闘し、正GKとしての座を確立した。

2010-11シーズンは開幕前の負傷で出遅れ、序盤6試合を欠場したが、その後はレギュラーに返り咲いた。2011年2月20日UDアルメリア戦(1-1)は敗戦濃厚だったが、後半ロスタイムのコーナーキックのチャンスで相手ゴール前に飛び出してヘディングシュートを決めた[3][4]リーガ・エスパニョーラではGKがPKやFKで得点を決めたことはあるが、流れの中での得点は史上初の快挙だった[5]。しかし、この年チームは得点力不足に悩まされ、アランスビア等守備陣の奮闘もむなしく18位に終わり2部降格となった。

アトレティコ・マドリード[編集]

2013年8月13日アトレティコ・マドリードへの移籍が決定。契約期間は1年[6]

代表[編集]

1999年にはU-21スペイン代表としてナイジェリアで開催されたFIFAワールドユース選手権に出場して優勝した(準優勝は日本)。2000年にはU-23スペイン代表としてシドニーオリンピックに出場して銀メダルを獲得した。アランスビアの2歳年下には現在スペイン代表の正GKを務めるイケル・カシージャスがいるが、どちらの大会もアランスビアが正GKだった[7]

2004年6月5日、ヘタフェで行われたアンドラ共和国との親善試合で、サンティアゴ・カニサレスとの交代で途中出場し、スペイン代表デビューを果たした。UEFA欧州選手権2004には第3GKとして参加した[8]

ただ、A代表ではユース時代とは対照的にカシージャスの壁は厚く、国内屈指の実力者ではあるものの代表とは縁遠い。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

アトレティコ・マドリード

代表[編集]

U-20スペイン代表
U-23スペイン代表

脚注[編集]

  1. ^ Aranzubia puts pen to paperUEFA.com、2004年4月26日
  2. ^ UEFA Cup: Depor survive Brann penalty scareESPN Soccernet、2008年10月2日
  3. ^ Aranzubia to the rescueESPN Soccernet、2011年2月20日
  4. ^ デポルティボGK、試合終了間際に値千金の同点弾”. サッカーキング (2011年2月21日). 2011年2月21日閲覧。
  5. ^ デポルティーボのアランスビア、リーガ史上初のGKによる流れの中での得点を記録”. WOWOW (2011年2月22日). 2011年3月16日閲覧。
  6. ^ アトレティコがアランスビアを獲得”. Goal (2013年8月14日). 2013年8月14日閲覧。
  7. ^ ダニエル・アランスビア - FIFA主催大会成績
  8. ^ Sáez selects Spain squadUEFA.com、2004年5月20日

外部リンク[編集]