ダニイル・ヴォルコヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダニイル・イヴァノヴィチ・ヴォルコヴィチ
Даниил Иванович Волкович
Даніла Іванавіч Валковіч
生年月日 (1900-04-18) 1900年4月18日
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国グロドノ県グロドノ郡ロシア語版ザネマンスクタラシケヴィツァ版
没年月日 (1937-11-26) 1937年11月26日(37歳没)
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of Russian SFSR (1937-1954).svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
出身校 白ロシア国立大学ロシア語版労働者学部ロシア語版
前職 軍人
所属政党 ボリシェヴィキ

Flag of Byelorussian SSR (1927-1937).svg 白ロシア共産党ロシア語版)中央委員会
第一書記(代行)
在任期間 1937年1月25日 - 3月14日

Flag of Byelorussian SSR (1927-1937).svg 白ロシア共産党(ボ)中央委員会
第二書記
在任期間 1934年8月3日 - 1937年6月10日

在任期間 1937年5月30日 - 9月
中央執行委員会議長 アレクサンドル・チェルヴャコフ
ミハイル・スタクン[1]

Flag of Byelorussian SSR (1927-1937).svg 農業副人民委員
在任期間 1934年2月 - 8月
テンプレートを表示

ダニイル(ダニラ)・イヴァノヴィチ・ヴォルコヴィチロシア語: Даниил (Данила) Иванович Волкович1900年4月18日 - 1937年11月26日)、民族名ダニラ・イヴァナヴィチ・ヴァルコヴィチベラルーシ語: Даніла Іванавіч Валковіч)は、ベラルーシ人のボリシェヴィキ。

生涯[編集]

1900年4月18日に、ロシア帝国グロドノ県ザネマンスクタラシケヴィツァ版で生まれた[2]ベラルーシ人[3]第一次世界大戦時は中等学校を中退して[4]ヴャトカ県ロシア語版に疎開した[5]1918年ボリシェヴィキに入党し、同年4月から1921年まで赤軍に従軍[2]イジェフスク兵器工場での社会革命党の反乱鎮圧や東部戦線 (ru) でのアレクサンドル・コルチャーク軍との戦いに参加し、1920年4月からは西部戦線ロシア語版に移り小隊を指揮してボブルイスク郡ロシア語版モズィリ郡 (ru) で匪賊と戦った[6]。同時期にはヴャトカ県マルムィシュロシア語版郡 (ru) チェーカー副議長およびボリシェヴィキの郡委員会責任書記も務めている[2]

1921年から白ロシア・コムソモール中央委部長となり、1924年から1926年まで白ロシア共産党ロシア語版ミンスク管区 (ru) コイダノフ地区ロシア語版委責任書記を務めた[2]。この時にヴォルコヴィチは識字率の向上に注力し、そして地区の識字率を白ロシア社会主義ソビエト共和国内で最高のものへと引き上げた[6]。この頃に自身も白ロシア国立大学ロシア語版労働者学部ロシア語版で学び、ここで未来の妻とも出会った[6]。その後、1926年から1930年8月まで白ロシア共産党のミンスク市リャヒ地区委責任書記、ミンスク管区委部長、モギリョフ管区 (ru) 委責任書記を歴任[2]。同月から1934年2月までもクリモヴィチ地区ロシア語版委責任書記とボブルイスク地区ロシア語版委第一書記を務めた[2]

1934年2月から8月までは白ロシア共和国農業副人民委員 (be)、同月3日からは白ロシア共産党中央委 (be) 第二書記を務めていたが[2]、中央委第一書記であったニコライ・ギカロが突如ハリコフへ召喚されたことに伴い、1937年1月25日から3月14日まで第一書記を代行[6]。その後同年6月10日まで第二書記を務めた[2]。1934年8月3日から1937年までは中央委局メンバーでもあり、同年5月30日から9月までは白ロシア共和国人民委員会議議長ベラルーシ語版であった[2]。しかし9月にソビエト連邦重工業人民委員部 (ru) の緊急会議のためモスクワに召喚されたところ[6]、同月5日に逮捕された[2]。そのままブトゥイルカ監獄ロシア語版に投獄され[6]、反革命組織への参加・テロ・スパイ・破壊行為を理由として連邦最高裁軍事参議会ロシア語版によって11月26日に死刑判決を下され、同日処刑された[3]

その後、ヴォルコヴィチは新ドン墓地ロシア語版に葬られていたが、1956年4月に名誉回復ロシア語版がなされた[3]。妻も1937年9月に逮捕され8年の重労働刑を言い渡されたが、1945年モルドヴィア自治共和国の収容所から釈放された[5]。ヴォルコヴィチの名はフロドナの橋や通りに残されている[5]

脚注[編集]

  1. ^ Высшие органы государственной власти Белорусской ССР”. Справочник по истории Коммунистической партии и Советского Союза 1898 - 1991. 2017年4月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j Волкович Даниил Иванович”. Справочник по истории Коммунистической партии и Советского Союза 1898 - 1991. 2016年9月7日閲覧。
  3. ^ a b c Волкович Даниил Иванович”. Сахаровский центр英語版. 2016年9月7日閲覧。
  4. ^ Кот В. (2009年3月19日). “Трагічны лёс Данілы Валковіча”. Гродзенская праўда. http://grodnonews.by/category/fotosessiya-sobytiy/news470.html 2016年9月7日閲覧。 
  5. ^ a b c Маракоў Л. У. (2004). "ВАЛКОВІЧ Даніла Іванавіч". Рэпрэсаваныя лiтаратары, навукоўцы, работнiкi асветы, грамадскiя i культурныя дзеячы Беларусi. 1794-1991. Энцыклапедычны даведнік. III. Кнiга I. Мн.: Абрамовіч—Кушаль.
  6. ^ a b c d e f Иоффе Э. Г.ロシア語版 (2007年8月15日). “Две короткие биографии”. Советская Белоруссияロシア語版. http://www.sb.by/obshchestvo/article/dve-korotkie-biografii.html 2016年9月7日閲覧。 
党職
先代:
ニコライ・ギカロ
Flag of Byelorussian SSR (1927-1937).svg 白ロシア共産党(ボ)中央委員会第一書記
代行
1937年1月25日 - 3月14日
次代:
ヴァシリー・シャランゴヴィチ
先代:
ヴァシリー・シャランゴヴィチ
Flag of Byelorussian SSR (1927-1937).svg 白ロシア共産党(ボ)中央委員会第二書記
1934年8月3日 - 1937年6月10日
次代:
ニコライ・デニスケヴィチ
先代:
アレクサンドル・チェルヌシェヴィチ
Flag of Byelorussian SSR (1927-1937).svg 白ロシア共産党(ボ)モギリョフ管区委員会責任書記
1930年 - 1930年8月
次代:
なし
公職
先代:
ニコライ・ゴロデドロシア語版
Flag of Byelorussian SSR (1937-1951).svg 人民委員会議議長ベラルーシ語版
1937年5月30日 - 9月
次代:
アファナシー・コヴァリョフロシア語版