ダナ・エア992便墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ダナ・エア992便
Dana Air McDonnell Douglas MD-83 (DC-9-83) Iwelumo-2.jpg
2009年にムルタラ・モハンマド国際空港で撮影された事故機
出来事の概要
日付 2012年6月3日
概要 調査中
現場 ナイジェリアの旗 ラゴス
乗客数 147
乗員数 6
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 163(搭乗者153人全員と地上10人)
生存者数 0
機種 マクドネル・ダグラスMD-83
運用者 ナイジェリアの旗 ダナ・エア
機体記号 5N-RAM
出発地 ナイジェリアの旗 ナイジェリアンナムディ・アジキウェ国際空港
目的地 ナイジェリアの旗 ナイジェリアムルタラ・モハンマド国際空港
テンプレートを表示

ダナ・エア992便墜落事故だな・えあ992びんついらくじこ、Dana Air Flight 992)は、2012年6月3日ナイジェリアラゴスで発生した墜落事故である。 この事故で搭乗していた153人全員と地上の10人が死亡した。

事故概要[編集]

事故機は現地時間の13時50分にダナ・エア993便としてアブジャにあるンナムディ・アジキウェ国際空港に到着、折り返し同992便となり14時58分にラゴスのムルタラ・モハンマド国際空港へ向かって離陸した。992便には乗員6人と乗客147人の計153人が搭乗していた。

  • 15時15分にCVRの記録が始まった。この時機長副操縦士はエンジン計器の表示とスロットルレバーの位置のずれについて話していたがあまり気にしていないようだった。
  • 同37分にはラゴスに近づいたため着陸前のチェックリストを開始し、フラップとギアを降ろした。
  • しかし41分に副操縦士が "Both engines coming up?"(両エンジンに何かが起きた?)と発言、機長が"Negative." (いや)と返答。42分10秒に管制塔に緊急事態を宣言し両エンジンに問題が起きたと連絡した。42分45秒に機長が滑走路を視認、副操縦士に抵抗を減らすためにフラップとギアを上げるように指示した。43分27秒に機長は副操縦士に "We just lost everything, we lost an engine. I lost both engines."(我々はすべてを失った、我々はエンジンを失った。私は両方のエンジンを失った。)と伝え、25秒後にCVRの記録が停止するまでエンジンを再始動しようとしていた。

992便はムルタラ・モハンマド国際空港滑走路18Rの手前9.3kmの住宅地に墜落、建設中のビル、2本の木、2つの建物に衝突して機体は大破炎上した。搭乗していた153人は全員死亡し、地上にいた10人が巻き込まれて死亡した。

事故原因[編集]

事故機の尾部

当事故の調査はナイジェリア事故調査委員会が行いNTSB(アメリカ国家運輸安全委員会)、FAA、ボーイング社がサポートする形で調査中である。

墜落現場からCVRFDRが回収されNTSBの本部に送られデータの解析が行われた。その結果CVRは31分間の記録を取り出すことができたが、FDRのデジタルテープが事故後の火災により溶けてしまいデータの回収が不能だったことが判明した。

航空機[編集]

この墜落した機体は、マクドネル・ダグラスMD-83である[1]。同機は、以前アラスカ航空が所有していたが、2009年2月17日にダナ・エアに引き渡された。最後の検査は事故の2日前に行われ、事故前日には運航を開始していた。

出典[編集]

外部リンク[編集]