ダツィ料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ダツィ料理(ダツィりょうり)とは、広くブータンで食べられているチーズ料理の総称。エマダツィやケワダツィなど、多くのバリエーションがあり、赤米と一緒に食べられることが多い。ダチ料理ともいう。

エマダツィ[編集]

エマダツィ
Bhutanese hemadatsi.jpg
エマダツィと赤米
ダツィ料理の概要
発祥地 ブータン
主な材料 チーズ(牛もしくはヤク)、唐辛子(赤、白、緑)
テンプレートを表示

エマダツィとは唐辛子(エマ)とチーズ(ダツィ)を用いた国民食のような料理である。ブータンでは唐辛子は香辛料として使うのではなく、野菜として食べる。ブータンに唐辛子が伝来する前は山椒などを使っていた。この料理を含め、ブータン料理は世界一辛い料理と表現されることもある。作り方は、唐辛子を火にかけ、少量の水とチーズを入れて煮たあと、トマトにんにくなどを自分の好みで入れてさらに煮る。1日3食エマダツィだと言うブータン人もすくなからず存在する。外国人向けホテルでは辛みがあまりないものを販売している。

ケワダツィ[編集]

ケワダツィは芋(特にジャガイモ)とチーズの煮込みである。ケワは、ゾンカ語で芋という意味がある。エマダツィほどは辛くないが唐辛子が少し入っているので辛味はある。ブータンでは昔からジャガイモを栽培している農家が多いことが、このような料理が生まれたひとつの理由だとも言える。

出典[編集]

関連項目[編集]