ダッカ近郊ビル崩落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダッカ近郊ビル崩落事故
2013 savar building collapse.jpg
崩壊したラナ・プラザの一部
場所 バングラデシュの旗 バングラデシュ シャバール(サバール、en:Savar Upazila)、ダッカ北西約20km
座標
北緯23度50分46秒 東経90度15分27秒 / 北緯23.84611度 東経90.25750度 / 23.84611; 90.25750座標: 北緯23度50分46秒 東経90度15分27秒 / 北緯23.84611度 東経90.25750度 / 23.84611; 90.25750
日付 2013年4月24日
8時45分 (バングラデシュ標準時)
死亡者 1,134人[1]
負傷者 2,500人以上[2]
テンプレートを表示

ダッカ近郊ビル崩落事故(ダッカきんこうビルほうらくじこ)は、2013年4月24日(現地時間)、バングラデシュの首都ダッカ北西約20kmにあるシャバール(サバール、en:Savar Upazila、人口約140万人)で、8階建ての商業ビル「ラナ・プラザ」が崩壊した事故である[3]。死者1,134人、負傷者2,500人以上であり、1995年に韓国で発生した三豊百貨店崩壊事故を上回る大惨事になった。

概要[編集]

崩壊前のラナ・プラザ
最上部3階分が違法に増築されていた

このビルには縫製工場、銀行、商店などが入居していたが、朝のラッシュアワーに事故が重なり被害が大きくなった。事故前日に当該ビルの亀裂が発見され、ビルの使用を中止するように警告がされていたが、それはビルのオーナーらに無視された[4]。なお28日までにビル所有者、工場経営者などは逮捕された。

救出作業

事故後の28日には、当局は生存者捜索の打切りを決定し、重機によるがれきの撤去作業を開始。29日までの死者確認数は約400人。ただ重機投入後の建物崩壊により犠牲者数が増えたとの指摘もある[5]。事故発生17日目の5月10日には3階の残骸部分から女性1人が救出された。

同国調査官による初期調査によれば、上層部に設置された4基の大型発電機の振動が数千台のミシンの振動と一緒になり、崩壊を誘発したという[6]。また建物は正規の許可手続きなしに建築され、5階以上の3階部分は違法に建て増しされていたという。

バングラデシュ史上最悪の産業事故、労働災害となった。世界展開する欧米や日本のファストファッションが、バングラデシュの劣悪な労働環境や安価な労働力に依存して経営利益を上げている状況が浮き彫りとなり、論議を呼んだ。事故後1年を経過しても、被害者への補償の遅れなど課題が山積みであった[7][8][9]


背景[編集]

ダッカとの関係で、建物が崩落した場所、Savar(赤いマーカー)の位置
崩落の1年前に撮影されたラナプラザの写真

建物ラナプラザは、与党バングラデシュアワミ連盟(Bangladesh Awami League)の青年部隊ジュボリーグ(Jubo League)の地方部隊のメンバーであるとされるSohel Ranaが所有していた[10][11]。それは約5000人を雇用する別々の衣服工場いくつか、店いくつかと銀行1つを収容していた[12]。工場は、以下のブランドのアパレルを生産した、ベネトン[13]、Bonmarché、Prada、Gucci、Versace、Moncler[14]、the Children's Place[15]、El Corte Inglés[16]、Joe Fresh[13]、Mango[14]、Matalan[17] Primark,[18]、そしてWalmart[19][20]

バングラデシュ消防市民防衛(Bangladesh Fire Service & Civil Defence)の長Ali Ahmed Khanは、上の4つの階は無許可で建設された、と言った[21]。ラナプラザの建築家Massood Rezaは、この建物は店舗やオフィス向けに計画された――しかし工場向けには計画されていない、と言った。また一部の建築家らは、店舗やオフィス専用に設計された建物の中に工場を配置することに伴うリスクを強調し、その構造は重機の重量と振動に耐えるほど潜在的に強くない、と指摘した[22]

2013年4月23日(崩壊の前日)に、或るテレビチャンネルはラナプラザの建物にひびが入っていることを示す映像を録画した。その直後、建物は避難し(the building was evacuated,)[23]、そして下の諸階の店と銀行は閉鎖された[12][21][24]。その日晩くに、ソヘル・ラナはメディアに、建物は安全であり、労働者らは明日帰るべきだ、と言った[23]。Ether Texのマネージャーらは、出勤を拒否した労働者らからの1か月分の支払いを差し控えるぞと脅迫した[25]

崩落と救出[編集]

崩落した建物での救助活動のビデオクリップ

4月24日朝に、停電が発生し、最上階のディーゼル発電機が始動した[26]。建物はバングラデシュ標準時間午前8時57分ころに崩壊し[26]、1階だけを無傷で残した[27]。バングラデシュ衣料品製造業者輸出業者協会(Bangladesh Garment Manufacturers and Exporters Association)会長は、崩壊時に3122人の労働者が建物内にいたことを確認した[28]。或る地元住民は、あたかも「地震が起こった」("an earthquake had struck")かのように現場を描写した[29]

国連の都市型捜索救助調整グループ――国際捜索救助諮問グループ(International Search and Rescue Advisory Group)またはINSARAGとして知られる――はそのメンバーらから支援を申し出たが、バングラデシュ政府はこの申し出を拒否した。政府は、地域の地元の救助緊急サービスが十分に整っていることを示唆する声明を発表した[30]。バングラデシュに援助を提供する前に、国連は、効果的な救援活動を開始する国の能力を評価するための協議を開催したし、彼らは彼らはその能力を欠いているという結論に達した。バングラデシュ当局者らは、「顔を救う」("face-saving")行動を取り国民の感性を保護することを望みながら、国連から申し出られた支援を受け入れることを拒否した。救出活動の大部分は、装備が不十分なボランティアらで構成されており、彼らの多くは防護服を着用せず、サンダルを履いていた。一部の埋められた労働者は、救われるのを待ちながら、高温に耐えるために自分たちの尿を飲んだ。バングラデシュ政府は、生きたまま埋められた人々より国家の誇りを優先したとして非難されただけでなく、がれきに閉じ込められた人々の多くの親戚は、救出任務を時期尚早に終わらせようとしたとして政府を批判した[31]

衣料品メーカーのウェブサイトの1つは、犠牲者の半数以上が女であり、建物内の保育園施設にいた多くの子供たちを示している[15]。バングラデシュ内務大臣Muhiuddin Khan Alamgirは、消防職員、警察および軍の人員が救助活動を支援していることを確認した[32]。ボランティアの救出者らは、布の巻き(bolts of fabric)を使用して、生存者らが建物から脱出するのを助けた[33]。4月25日に国家的な服喪の日が開催された[32]

5月8日に、軍スポークスマンMir Rabbiは、がれきからより多くの遺体を回収する軍の試みは少なくとももう1週間続く、と述べた[34]。崩落の17日後の5月10日に、Reshmaという名前の女が発見され、がれきの下でほとんど無傷で生きたまま救出された[35][36][37][38]

原因[編集]

建物問題の直接的理由は――

  1. 構造的完全性を損なう埋められた池の上に建てられた建物[23]
  2. 商業的利用から産業的利用への転換[39]
  3. 元々の許可の上に3つの階の追加[40]
  4. 標準以下の建設資材の使用(これは、発電機らによる振動によって悪化する建物構造の過負荷につながった)[39]

これらさまざまな要素は、Sohel Ranaによる疑わしい商慣行とSavarでの疑わしい行政慣行を示していた[23][41][42]

建物の崩落に先立って多くの管理上の失敗があったし、早期の警告サインが無視されることにつながった。産業警察は、検査が行われるときまで、建物の避難(evacuation of the building)をまず要求した、と報告された[43][44]。また、報告によれば、エンジニアAbdur Razak Khanが建物を安全でないと宣言し、公的機関にさらに徹底的な検査を実施するよう要請したし、彼は所有者が不法に3つの階を追加するのを手伝ったために逮捕された[42][45]。また、現場を訪れたUpazila Nirbahi OfficerのKabir Hossain SardarがSohel Ranaと会い、建物の安全を宣言したと報じられている[41]。Sohel Ranaはメディアに、建物は安全であり、労働者らは翌日仕事に戻るべきだ、と述べた[46]。ラナプラザの工場の或るマネージャーは、Sohel Ranaが建物は安全だ、と彼らに言った、と報告した[47]。その後、マネージャーらは労働者らに仕事に戻るように要求した。Ether Texのマネージャーらは、出勤を拒否する労働者らからの1か月分の支払いを差し控えるぞと脅迫した[28]。その結果、労働者らも翌日工場に戻った。

経営と安全順守[編集]

労働者らを工場に送り返すというマネージャーらの決定は、部分的には定刻に注文を完了するという圧力によったのであり、ファストファッション業界のためにバイヤーらが選び好む短い生産締め切りに災害の部分的責任を負わせた[48]。『TheGuardian』を含むメディアは、ファストファッションと低価格の衣料品の需要は、衣料品ブランドによる最小限の監視を動機付けたし、集合的に組織された労働組合は、経営圧力に応じられたはずだ、と主張している[49][50][51][52]。また一部メディアは、労働組合は労働力コストを増加させるだろう、したがってバングラデシュの衣服産業を危険にさらすだろう、と主張した[53]

2005年のスペクトル工場崩壊事故以来、有名メーカーは、バングラデシュ布地繊維産業その他でこのような災害を防ぐために倫理的取引イニシアチブやビジネス社会コンプライアンスイニシアチブ(the Ethical Trading Initiative and Business Social Compliance Initiative)のようなプロジェクトを組織した[54]。これらプログラムは、結局はSavarの建物の崩落を防ぐことができなかった。ラナプラザの工場のうち2つでBSCIの手順に従って実施された社会コンプライアンス監査にもかかわらず、監査人らは構造上の懸念を検出できなかった。崩落後のプレスリリースで、BSCIは、彼らのシステムは建物の安全をカバーしていない、と説明した[55]。これは争われている。これはBSCI監査質問票では、監査人らが建築許可を確認する必要があり、許可と実際の階数との間に矛盾が見られたためである[56]。一部の人々は、BSCIはそのような違反を報告するインセンティブが弱いと主張した[57]

調査が終了し、裁判所が決定を下すとき、原因に関するより多くの結論が得られるであろう[58]

余波[編集]

バングラデシュ[編集]

崩落した建物から生存者の1人を搬出しつつある救出者ら

ラナプラザ建物が崩落した翌日に、Rajdhani Unnayan Kartripakkha(資本開発局)はビルの所有者とそれの中で操業しているの縫製工場5つに対して訴訟を起こした[28]。その日に、建物の残骸から数十人の生存者が発見された[59]。首相Sheikh Hasinaは議会で、「Sohel Rana」という名前はJuboリーグの事務局長リストに含まれていない、と述べた。その後、彼女はSohel Ranaと建物内で操業している縫製工場の所有者4人の逮捕を命じた[60][61]。Sohel Ranaは隠れていたと報じられた[60]。しかしながら、当局は、崩落に関連して他の4人がすでに逮捕された、と報告した[62]

建物が倒壊してから2日後、ダッカの工業地帯、チッタゴンおよびガジプルの布地労働者らは、乗り物、商業ビル、そして衣服工場を標的にして暴動を起こした[63]。翌日に、左派諸政党とバングラデシュ民族主義党(Bangladesh Nationalist Party)主導の18党同盟(18 Party Alliance)は、容疑者の逮捕と裁判、および脆弱な工場を特定する独立委員会を要求した[64]。建物が崩落してから4日後に、ラナプラザの所有者ソヘル・ラナがインド-バングラデシュ国境のジェソール地区、ベナポールで治安部隊に逮捕された[65][66][67][68]。その日、被災地で火災が発生したし、当局は生存者らの捜索を一時、停止せざるを得なかった[69]

5月1日、国際労働者の日の間に、ダッカ中心部で、何千人もの抗議する労働者がパレードし、ラナ・プラザの所有者に安全な労働条件と死刑を要求した[70]。1週間後に、バングラデシュ最悪の産業災害のいく百人もの生存者が、崩壊による死者数が700人を超えたために、賃金を要求してハイウェーを封鎖した[71][72]。地方政府当局者は、バングラデシュ衣料品製造業者輸出業者協会と協議していた、労働者らに4月の未払い給与に加えてさらに3か月分97ポンド支払う、と言った。当局は生き残った労働者らにすぐに報酬が支払われると約束した後、彼らは抗議を終わらせた。政府と衣料品協会は、誰が支払われ補償されなければならないかを確立するために、生き残った従業員の一覧表を編集しつつあった[73]。翌日に、ダッカの16工場、チッタゴンの2工場を含む、衣服工場18が閉鎖された。布地大臣Abdul Latif Siddiqueは、安全を確保するための厳格な新しい措置の一環として、より多くの工場が閉鎖されるだろう、と記者らに語った[74]

6月5日に、バングラデシュの警察は、政府とバングラデシュ衣服製造業者輸出業者協会によって約束された返済と補償を要求して抗議していた何百人もの元労働者らと崩壊の犠牲者らの親戚らを解散させようとして空中に発砲した[75]。6月10日に、検査官7人が、崩落した建物の衣服工場の免許を更新したことで停職処分になり、過失で告発された[76]。ラナプラザ崩壊から100日後の8月30日に、負傷した労働者らとそこで死亡した人々の家族ら、そして労働者権利活動家らが悲劇の記念碑の落成式をおこなった。それはハンマーと槌を握って空に向かって突き出す2つの拳の粗野な像であった。警察は記念碑の建設を数回止めようとした。それは悲劇の唯一の記念碑のままである[51][77][78]

9月22日に、警察が抗議者の群衆にゴム弾と催涙ガスを発射したとき、少なくとも50人が負傷した。彼らはダッカの街路を封鎖していて、月に最低100ドル(8114タカ)の賃金を要求していた[79]。11月に、西洋のブランドを供給していたガジプールの10階建ての衣服工場が、同僚1人が警察の発砲で死亡したという噂に怒りを覚えた労働者らによって全焼されたとされている[80]

2014年3月に、ラナプラザの所有者Sohel Ranaは、高等裁判所で6か月の保釈金を与えられた。これは労働指導者らからの怒りの反応を促した。しかしながら、警察によって提起された別の訴訟が係属中であるために、ラナは刑務所から釈放されようとしなかった[81]。NYU Stern Center for Business and Human Rightsによって書かれた2015年12月のレポートによれば、バングラデシュの既製服(Ready-made garment, RMG)産業を浄化するという国際社会の2億8000万ドルのコミットメントにもかかわらず、検査された3425の工場のうち8つだけが「最終検査に合格するのに十分な違反を是正し」("remedied violations enough to pass a final inspection")ていた[82]。2016年6月14日に、Sohel Ranaその他の17人が、ラナプラザの建設で建築基準法に違反したとして起訴された[83]。2016年8月に、被告人らがバングラデシュ高等裁判所に控訴した後、裁判は延期された[84]

世界的な批判[編集]

政治家[編集]

親戚らが投稿した行方不明者らの写真を載せたボード

イギリスの副首相であり、自由民主党の指導者であるニック・クレッグは、言った――「...消費者らは、どこで買い物をするかを選択する際に、思っている以上の力を持っている」("... consumers have more power than they think when it comes to making choices about where they shop")[85]

イギリスのフォルカーク・イースト下院議員マイケル・コナーティは、イギリスの主要なハイ・ストリート諸企業に強制することによって、現代奴隷制を終わらせる新しい法律を推進し供給鎖を監査するようイギリス政府に求めている。この枠組みは、これら企業が第三世界諸国とイギリスで奴隷労働が商品を生産するために使用されていないことを確認する精力的なチェックを行うことを要求している[86]

Karel De Gucht、European Commissioner for Tradeは、もし労働者の状態を改善するために何もしなければ小売業者とバングラデシュ政府がEUからの行動に直面する可能性があると警告し、買い物客はどこで金銭を使っているかも考慮する必要があると付け加えた[87]

5月1日に、ローマ教皇フランシスコは工場の労働条件に反対して発言した――

バングラデシュの悲劇の日に本当に印象に残った見出しは、「ひと月に38ユーロで生活する」であった。それは死んだ人々が支払われていたものである。これはいわゆる奴隷労働である。こんにちこの奴隷制は、何か神がわれわれにくださった美しいもの――創造し、働き、尊厳を持つ能力――に反して行われている。何人の兄弟姉妹がこの状況に陥ってるとわかるだろう!  公平に支払わず、仕事を与えない、なぜならただ貸借対照表を見ているだけ、ただ利益を上げる方法を見ているだけだから。それは神に反しているのだ!(A headline that really struck me on the day of the tragedy in Bangladesh was 'Living on 38 euros a month'.That is what the people who died were being paid.This is called slave labour.Today in the world this slavery is being committed against something beautiful that God has given us – the capacity to create, to work, to have dignity.How many brothers and sisters find themselves in this situation! Not paying fairly, not giving a job because you are only looking at balance sheets, only looking at how to make a profit.That goes against God!)[88][89]

擁護団体[編集]

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、バングラデシュの工場建設の悲劇の数に対する懸念を表明した。2012年のダッカ火災を含む過去10年間に、国内で多数の重大な事故が発生している[90]

IndustriALL Global Unionは、世界の繊維衣料労働者の労働組合を代表するグローバルユニオンフェデレーションであり、災害後のバングラデシュの労働法改革の要求を支援するオンライン運動を開始した。Labour Startで主催されたこの運動は、組合が労働者らを組織しやすくするための法律の変更と、健康と安全の状態の改善を要求している[91]

4月27日に、抗議者らはロンドンのウエストエンドにあるウェストミンスター市のオックスフォードストリートにあるPrimark店を取り囲んだ。運動グループWaron Wantのマレー・ワーシーは店外で話して言った――

われわれはバングラデシュの建物の崩落で300人が死亡したのは事故ではなかったという明確なメッセージをPrimarkに送るためにここにいる――彼らは完全に予防可能な死であった。もしPrimarkがそれらの労働者に対する責任を真剣に受け止めていたならば、今週だれも死ぬ必要はなかったろう。(We're here to send a clear message to Primark that the 300 deaths in the Bangladesh building collapse were not an accident – they were entirely preventable deaths. If Primark had taken its responsibility to those workers seriously, no one need have died this week.)[92]

ロンドンのオックスフォードサーカスにあるベネトンの旗艦店では、崩落1周年記念以来、毎月抗議活動が行われている。ベネトンは当初、工場での自分たちの衣服の製造に関連する報告を否定したが、ベネトンに関連する衣服と文書が被災地で発見された[93]。抗議者らは、ベネトンが補償基金に寄付することを要求しており、彼らはそれをまだ行なっていない[94]

世界労働人権研究所(Institute for Global Labour and Human Rights)は労働者救済基金を設立し、2013年9月までに負傷した労働者と生き残った家族のために26000ドルを集めた[95]

アカデミア[編集]

NYUスターン経営人権センター(NYU Stern Center for Business and Human Rights)の研究者チームは調査を開始し、その結果2014年4月に、「通常のビジネスは選択肢ではない――ラナプラザ後の供給鎖と調達」("Business as Usual Is Not an Option: Supply Chains and Sourcing after Rana Plaza")と題する報告を発表した[96]。NYUスターン経営人権センターによって書かれた2015年12月の報告によれば、バングラデシュのRMG産業を浄化するという国際社会の2億8000万ドルのコミットメントにもかかわらず、検査された工場3,425のうち8つだけが「最終検査に合格するのに十分な違反を是正した」("remedied violations enough to pass a final inspection")[82]

消費者[編集]

合衆国とオーストラリアの何十人もの消費者が、工場建物に見つかる不安全労働条件に反対した。人々はまた、その特定の建物と何の関係もないがバングラデシュにある諸工場から調達していることが知られる小売業者らに、怒りを表明した[97][98]

ファション産業の反応[編集]

崩落1週間後の小売業者らとNGOらの会議で、あらたなバングラデシュの工場と建物の安全に関する合意(Accord on Factory and Building Safety in Bangladesh)が作成され、5月16日の署名期限が設定された[16]。この協定は、合衆国を拠点とするPVHのみが署名した以前の協定をさらに詳述しており、カルバンクラインとドイツの小売業者Tchiboを所有している。

ウォルマートは、他の14の北アメリカ企業とともに、期限が過ぎたために、合意への署名を拒否した[99]。2013年5月23日の時点で、38社が合意に署名していた[100]。ウォルマート、J・C・ペニー、そして労働活動家らは、少なくとも2年間、バングラデシュの工場の安全性を改善する合意を検討してきた[34]。2011年に、ウォルマートは、バングラデシュの工場が安全基準を改善するのを支援するために、小売業者らがアパレルのためにもっと金銭を払わせなければならなかったであろう改革を拒否した[20][101]

2013年7月10日に、ウォルマート、Gap、Target、そしてMacy'sを含む17の主要な北米小売業者のグループが、バングラデシュの諸工場の安全を改善する計画を発表し、労働グループから即座な批判を受けた。彼らはヨーロッパの諸企業の間で達した合意よりも厳しくないという不満を言った。主にヨーロッパの小売業者らが参加した合意とは異なって、この計画は、これら改善に対して支払う法的拘束力のあるコミットメントが欠けている[102]

アメリカン・アパレルの創設者兼CEO ドブ・チャーニーは、Vice.tvでインタビューを受け、発展途上国の労働者の不適切な扱いに反対してそれを「奴隷労働」("slave labor")と呼んでいる。チャーニーは「グローバル衣料労働者の最低賃金」("Global Garment Workers Minimum Wage")を提案し、サバールのような危険な工場条件につながる現代のファストファッション業界の商慣行の内部の仕組みの多くについても詳細に議論している[103]

2013年10月に、カナダのブラッド・ローウェンは、1600のバングラデシュ縫製工場の安全機能をアップグレードするための合意要件を実装する責任を与えられた。2013年12月に彼と彼の妻で映画製作者のShelagh Carterは、ダッカに移り[104][105]、それは予想される5年間の任期であった[106]

被害者への補償[編集]

建物崩落の或る生存者

2013年9月中旬の時点で、被災者の家族への補償はまだ議論中であったし、多くの家族は、食糧、避難所、教育、そして医療を提供していた孤独な賃金稼ぎ手を失った後、生き残るのに苦労していた[107]。プリマークから200ドルの補償を受けていた家族は、ただ崩落での親戚の死のDNA証拠を提供できた家族だけであったし、これは非常に困難であるとわかった[108]。合衆国政府は被害者らの家族らにDNAキットを提供した[108]

ラナプラザの工場から製品を調達したと特定された29のブランドのうち、犠牲者らへの補償に関する提案に合意するために2013年11月に開催された会議に出席したのは、9つだけであった。ウォルマート、Carrefour、Mango、Auchan、KiKをふくむ、いくつかの企業が署名を拒否した。この契約は、プリマーク、ロブロウ、ボンマルシェ、エルコルテイングレスによって署名された[109]。2014年3月までに、ラナプラザから製品を調達していた28の国際ブランドのうち7つが、国際労働機関が支援している『ラナプラザ・ドナーの信託基金』(Rana Plaza Donor’s Trust Fund)報酬基金に寄付した[110]

20超の被害者らの家族らは、彼らの主張を文書で裏付けることができなかったために、補償されていない[111]

訴え(Charges)[編集]

2014年6月15日に、バングラデシュ汚職防止委員会(Bangladesh Anti Corruption Commission)は、設計に誤りのあるラナプラザを建設したとして14人を相手取って訴訟を起こした[40]。2015年6月1日に、バングラデシュ警察は、建物の所有者らを含む42人を、崩落をめぐる殺人罪で訴えた[112][113]。被告人は2016年7月28日に訴えられた。バングラデシュ高等裁判所がSavar市長Refayat Ullahを含む被告人5人に対する裁判手続きを停止した後、ケースは延期された[114]

2017年8月29日に、工場の所有者Sohel Ranaは、国の反移植委員会に個人的な財産を宣言しなかったとして、裁判所から最大3年の懲役を宣告された。ラナと政府関係者を含む他の37人も殺人罪で訴えられており、もし彼らが複合施設の崩落の原因であると判明したならば死刑を科される可能性がある[115]

2021年の時点で、殺人裁判と建築基準法違反の裁判の両方はまだ係属中である。ただSohel Ranaだけがcustodyにおり、他の被告人はbailに居る、もしくは逃走中、またはすでに死んでいる[116][117]

国際的反応[編集]

Savarの建物の崩壊により、企業の社会的責任についてグローバルな供給鎖全体で幅広い議論が行われるようになった。Savarの建物の崩壊の分析に基づいて、Wieland と Handfield(2013)は、企業が製品とサプライヤーを監査する必要がある、そして、そのサプライヤー監査は、一次サプライヤーとの直接的な関係を超える必要がある、と示唆している。彼らはまた、もし供給を直接制御できないならば視認性を向上させる必要がある、スマートおよび電子技術が視認性を向上させるための重要な役割を果たしていることも示している。最後に、彼らは、供給鎖における社会的責任をうまく管理するために、地元のパートナー、業界全体、大学とのコラボレーションが不可欠であることを強調している[118]

労働者の福祉のために活動している組織Bangladesh Garment Sramik Sanghatiは、政府、国際的なバイヤー、および工場の所有者に、生存者らと犠牲者らの家族らに補償するよう呼びかけた。グループはまた、4月24日を国内の労働安全日(Labor Safety Day)と宣言するよう要請した。世界の労働権利諸団体は西洋の小売業者らを批判し、彼らは衣服が作られている工場の安全を確保するのに十分なことをしていない、と言っている。

ラナプラザの災害に関連する諸企業には、スペインのブランドMango、イタリアのブランドBenetton、フランスの小売業者Auchanが含まれる[119]

2014年4月24日に、建物敷地近くで災害1周年を記念して開催されたイベントに何千人もの人々が集まった[120]

ドキュメンタリー[編集]

Shelagh Carterは、ダッカに住みながら、悲劇の1周年を記念した短いドキュメンタリー『Rana Plaza: Let Not the Hope Die』(2014年)を制作した[121]、合意の実施における彼女の夫ブラッド・ローウェンの仕事を支援して[122]

また、ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~ 英語版(2015年)においても、この事故が取り上げられている。[123]

脚注[編集]

  1. ^ Bangladesh factory rescue operation draws to close”. BBC. 2013年5月13日閲覧。
  2. ^ Bangladesh factories reopen after Dhaka disaster”. BBC (2013年5月2日). 2013年5月2日閲覧。
  3. ^ 死者180人、不明千人超 バングラデシュのビル崩壊 産経新聞 2013.4.25
  4. ^ Nelson, Dean (2013年4月24日). “Bangladesh building collapse kills at least 82 in Dhaka”. The Daily Telegraph. 2013年4月28日閲覧。
  5. ^ バングラデシュのビル倒壊、死者増加は残骸処理の重機原因か CNN 2013-05-04
  6. ^ ビル崩壊の原因は「工場の発電機」、バングラデシュ当局 AFPBB News 2013-05-04
  7. ^ BANJO, SHELLY (2014年4月22日). “ナイキ、バングラ工場めぐりジレンマ―コストか安全性か”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本語版. 2014年5月16日閲覧。
  8. ^ バングラデシュ縫製工場の安全協定、ユニクロは署名保留”. AFPBBニュース日本語版 (2013年5月29日). 2014年5月16日閲覧。
  9. ^ バングラデシュのビル崩壊から1年、「奇跡の生還」女性は今”. AFPBBニュース日本語版 (2014年4月28日). 2014年5月16日閲覧。
  10. ^ “80 dead, 800 hurt in Savar high-rise collapse”. bdnews24.com. (2013年4月24日). http://bdnews24.com/bangladesh/2013/04/24/rana-plaza-collapse-32-dead 2013年4月24日閲覧。 
  11. ^ “Savar Juba League dissolved”. bdnews24.com. (2013年4月29日). http://bdnews24.com/politics/2013/04/29/savar-juba-league-dissolved 2013年8月26日閲覧。 
  12. ^ a b Zain Al-Mahmood, Syed; Smithers, Rebecca (2013年4月24日). “Matalan supplier among manufacturers in Bangladesh building collapse”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/world/2013/apr/24/bangladesh-building-collapse-kills-garment-workers 2013年4月24日閲覧。 
  13. ^ a b O'Connor, Clare. “'Extreme Pricing' At What Cost? Retailer Joe Fresh Sends Reps To Bangladesh As Death Toll Rises”. Forbes. https://www.forbes.com/sites/clareoconnor/2013/04/30/extreme-pricing-at-what-cost-retailer-joe-fresh-sends-reps-to-bangladesh-as-death-toll-rises/ 2013年8月26日閲覧。 
  14. ^ a b Smithers, Rebecca (2013年4月29日). “Benetton admits link with firm in collapsed Bangladesh building”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/world/2013/apr/29/benetton-link-collapsed-building-bangladesh 2013年8月26日閲覧。 
  15. ^ a b Nelson, Dean (2013年4月24日). “Bangladesh building collapse kills at least 82 in Dhaka”. The Daily Telegraph (London). https://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/bangladesh/10014778/Bangladesh-building-collapse-kills-at-least-82-in-Dhaka.html 2013年4月24日閲覧。 
  16. ^ a b Greenhouse, Steven (2013年5月13日). “Major Retailers Join Bangladesh Safety Plan”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2013/05/14/business/global/hm-agrees-to-bangladesh-safety-plan.html 
  17. ^ Nelson, Dean; Bergman, David (2013年4月25日). “Scores die as factory for clothing stores collapses”. The Irish Independent. http://www.independent.ie/world-news/asia-pacific/scores-die-as-factory-for-clothing-stores-collapses-29220894.html 2013年8月26日閲覧。 
  18. ^ Alam, Julhas (2013年4月24日). “At least 87 dead in Bangladesh building collapse”. USA Today. Associated Press. https://www.usatoday.com/story/news/world/2013/04/24/bangladesh-building-collapse/2108727/ 2013年4月24日閲覧。 
  19. ^ Greenhouse, Steven (2013年5月14日). “As Firms Line Up on Factories, Wal-Mart Plans Solo Effort”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2013/05/15/business/six-retailers-join-bangladesh-factory-pact.html?pagewanted=all 
  20. ^ a b Johnson, Kay; Alam, Julhas (2013年4月26日). “Major Retailers Rejected Bangladesh Factory Safety Plan”. HuffPost. https://www.huffingtonpost.com/2013/04/26/retailers-reject-bangladesh-factory-safety-plan_n_3162093.html 2013年4月27日閲覧。 
  21. ^ a b Manik, Julfikar Ali; Yardley, Jim (2013年4月24日). “Building Collapse in Bangladesh Leaves Scores Dead”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2013/04/25/world/asia/bangladesh-building-collapse.html 2013年4月25日閲覧。 
  22. ^ Blair, David; Bergman, David (2013年5月3日). “Bangladesh: Rana Plaza architect says building was never meant for factories”. The Telegraph (London). https://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/bangladesh/10036546/Bangladesh-Rana-Plaza-architect-says-building-was-never-meant-for-factories.html 2013年5月8日閲覧。 
  23. ^ a b c d The house of cards: the Savar building collapse”. libcom.org (2013年4月26日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  24. ^ Mirdha, Refayet Ullah; Rahman, Sajjadur (2013年4月25日). “Workers forced to join work”. The Daily Star. http://www.thedailystar.net/beta2/news/workers-forced-to-join-work/ 2013年4月30日閲覧。 
  25. ^ Devnath, Arun; Srivastava, Mehul (2013年4月25日). “'Suddenly the Floor Wasn't There,' Factory Survivor Says”. Bloomberg Business. https://www.bloomberg.com/news/2013-04-25/-suddenly-the-floor-wasn-t-there-factory-survivor-says.html 2013年4月28日閲覧。 
  26. ^ a b Siddiqui, Sadaf Saaz (2014年4月25日). “From Under the Rubble”. The Daily Star. http://www.thedailystar.net/from-under-the-rubble-21266 
  27. ^ “Bangladesh Dhaka building collapse leaves 87 dead”. BBC News. (2013年4月24日). https://www.bbc.co.uk/news/world-asia-22275597 
  28. ^ a b c “Case filed against owners of collapsed building in Dhaka”. ITV News. (2013年4月25日). http://www.itv.com/news/update/2013-04-25/case-filed-against-owners-of-collapsed-building-in-dhaka/ 2013年4月25日閲覧。 
  29. ^ Howie, Michael (2013年4月24日). “At least 100 killed and many more hurt in Bangladesh factory collapse”. London Evening Standard. https://www.standard.co.uk/news/at-least-100-killed-and-many-more-hurt-in-bangladesh-factory-collapse-8585974.html 2013年4月24日閲覧。 
  30. ^ “Dhaka building collapse: Hopes for rescue fade” (英語). BBC News. (2013年4月29日). https://www.bbc.com/news/world-asia-22334240 2017年3月27日閲覧。 
  31. ^ “Bangladesh: UK rescue aid rejected after Dhaka factory collapse”. The Daily Telegraph. (2013年4月28日). https://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/bangladesh/10024004/Bangladesh-UK-rescue-aid-rejected-after-Dhaka-factory-collapse.html 2017年3月11日閲覧。 
  32. ^ a b Ahmed, Farid (2013年4月25日). “Bangladesh building collapse kills at least 123, injures more than 1,000”. CNN. http://edition.cnn.com/2013/04/24/world/asia/bangladesh-building-collapse/index.html?hpt=hp_t3 2013年4月24日閲覧。 
  33. ^ “Bangladesh Dhaka building collapse: pictures”. MSN. (2013年4月24日). オリジナルの2014年5月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140517132257/http://news.uk.msn.com/bangladesh-dhaka-building-collapse-in-pictures-261744?page=3 2013年4月24日閲覧。 
  34. ^ a b Devnath, Arun (2013年5月8日). “Bangladesh Orders Factory Closings as Collapse Toll Hits 804”. Bloomberg Business. https://www.bloomberg.com/news/2013-05-08/bangladesh-garment-factory-building-collapse-toll-reaches-782.html 2013年5月8日閲覧。 
  35. ^ Manik, Julfikar Ali; Yardley, Jim (2013年5月10日). “17 Days in Darkness, a Cry of 'Save Me,' and Joy”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2013/05/11/world/asia/bangladesh-collapse-death-toll.html 2013年5月10日閲覧。 
  36. ^ “Dhaka building collapse: Woman pulled alive from rubble”. BBC News. (2013年5月10日). https://www.bbc.co.uk/news/world-asia-22477414 2013年8月26日閲覧。 
  37. ^ Rahman, Rafiqur (2013年5月11日). “Woman pulled alive from rubble of Bangladesh factory”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-bangladesh-collapse-idUSBRE94905V20130510 2013年8月26日閲覧。 
  38. ^ “Bangladesh factory collapse survivor pulled from rubble after 17 days trapped”. CBS News. (2013年5月10日). https://www.cbsnews.com/8301-202_162-57583847/bangladesh-factory-collapse-survivor-pulled-from-rubble-after-17-days-trapped/ 2013年8月26日閲覧。 
  39. ^ a b “Power generators linked to Dhaka building collapse” (英語). BBC News. (2013年5月3日). https://www.bbc.com/news/world-asia-22404461 2017年4月16日閲覧。 
  40. ^ a b “Rana Plaza collapse: Order on charge framing against Sohel Rana, others May 8” (英語). Dhaka Tribune. (2017年4月19日). http://www.dhakatribune.com/bangladesh/court/2017/04/19/rana-plaza-charge-framing-may-8/ 2017年4月30日閲覧。 
  41. ^ a b Zain Al-Mahmood, Syed (2013年4月26日). “Nexus of politics, corruption doomed Rana Plaza”. Dhaka Tribune. オリジナルの2016年3月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160306015544/http://www.dhakatribune.com/politics/2013/apr/26/nexus-politics-corruption-doomed-rana-plaza 
  42. ^ a b “Bangladesh Official: Disaster not really serious”. USA Today. Associated Press. (2013年5月3日). https://www.usatoday.com/story/news/world/2013/05/03/bangladesh-official-disaster/2134531/ 
  43. ^ Alam, Julhas (2013年4月26日). “Bangladesh Factory Collapse: Death Toll Climbs To More Than 300”. HuffPost. Associated Press. https://www.huffingtonpost.com/2013/04/25/bangladesh-factory-collapse-_n_3153803.html 
  44. ^ Manik, Julfikar Ali; Greenhouse, Steve; Yardley, Jim (2013年4月25日). “Western Firms Feel Pressure as Toll Rises in Bangladesh”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2013/04/26/world/asia/bangladeshi-collapse-kills-many-garment-workers.html 
  45. ^ Yardley, Jim; Manik, Julfikar Ali (2013年5月2日). “Bangladesh arrests Engineer who warned of dangers”. The New York Times. オリジナルの2018年4月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180425114547/https://www.nytimes.com/2013/05/03/world/asia/engineer-arrested-in-bangladeshi-building-collapse.html 
  46. ^ “Bangladesh: Out of the Rubble, Our World”. BBC News. http://www.bbc.co.uk/programmes/n3cstnp4 2017年4月7日閲覧。 
  47. ^ Kelley, Mark (2013年10月11日). “Interview with jailed Rana Plaza factory owner Bazlus Samad Adnan”. Fifth Estate (Canadian Broadcasting Corporation). http://www.cbc.ca/fifth/blog/interview-with-jailed-rana-plaza-factory-owner-bazlus-samad-adnan 
  48. ^ Kabir, Humayun; Maple, Myfanwy; Islam, Md Shahidul; Usher, Kim (July 2019). “The Current Health and Wellbeing of the Survivors of the Rana Plaza Building Collapse in Bangladesh: A Qualitative Study”. International Journal of Environmental Research and Public Health 16 (13): 2342. doi:10.3390/ijerph16132342. ISSN 1661-7827. PMC 6651472. PMID 31269746. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6651472/. 
  49. ^ The Guardian, Jason Burk, Rana Plaza: one year on from the Bangladesh factory disaster, 19 April 2014.; Henrik Maihack: Rana Plaza: the bottom-up route to workers’safety, 5 November 2014; Everyone’s talking about inequality – Let’s talk about the system causing it. Lessons from Bangladesh. 6 January 2014.
  50. ^ Richard D. Wolff (16 May 2013). Economic Development and Rana Plaza. Monthly Review. Retrieved 19 January 2015.
  51. ^ a b Colin Long (16 June 2014). After Rana Plaza. Jacobin. Retrieved 19 January 2015.
  52. ^ Henrik Maihack (2014年11月5日). “Rana Plaza: the bottom-up route to workers' safety”. OpenDemocracy. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  53. ^ Worker Safety & Labor Rights in Bangladesh’s Garment Sector. Report prepared for the Committee on Foreign Relations United States Senate, 22 November 2013; Kayes Sohel (2013年8月28日). “The right to form trade union? Not in RMG”. Dakha Tribune. https://www.dhakatribune.com/uncategorized/2013/08/27/the-right-to-form-trade-union-not-in-rmg ; Financial Express (Jasim Khan): Trade Unions in RMG, a tale of exploitation, 17 May 2013.
  54. ^ BSCI Press release for the Anniversary of the Spectrum tragedy, 10 April 2006.
  55. ^ BSCI saddened by the collapse of Rana Plaza in Savar, Bangladesh”. Business Social Compliance Initiative (2013年4月24日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  56. ^ Maik Pflaum (March 2013). “TUV Rheinland versucht, CIR mundtot zu machen” (ドイツ語). Presente (Christliche Romero Initiative): 30–31. https://en.calameo.com/read/001825566c727b0bc2f93. 
  57. ^ ARD Monitor: Tuv geprüftes Leid – Wie deutsche Firmen sich in Bangladesh reinwaschen", 6 June 2013.
  58. ^ Tipu, Md Sanaul Islam (2014年11月6日). “CID prepares charge sheets against eight public servants” (英語). Dhaka Tribune. https://www.dhakatribune.com/uncategorized/2014/11/06/cid-prepares-charge-sheets-against-eight-public-servants 2017年4月30日閲覧。 
  59. ^ “Dhaka building collapse: Dozens found alive in rubble”. BBC News. (2013年4月25日). https://www.bbc.co.uk/news/world-asia-22299929 2013年4月25日閲覧。 
  60. ^ a b “Arrest Rana, four factory owners”. The Daily Star. (2013年4月27日). http://www.thedailystar.net/beta2/news/arrest-rana-four-factory-owners/ 2013年4月27日閲覧。 
  61. ^ Arrest of Rana, 5 RMG unit owners ordered”. Bdnews24.com (2013年4月26日). 2013年4月26日閲覧。
  62. ^ “4 arrested, others questioned after deadly Bangladesh building collapse”. CNN. (2013年4月27日). http://edition.cnn.com/2013/04/27/world/asia/bangladesh-building-collapse/index.html?hpt=hp_inthenews 2013年4月28日閲覧。 
  63. ^ “Garment workers remain restive”. The Daily Star. (2013年4月28日). http://www.thedailystar.net/beta2/news/garment-workers-remain-restive/ 2013年4月28日閲覧。 
  64. ^ “18-party, lefts call hartal for May 2”. The Daily Star. (2013年4月28日). http://www.thedailystar.net/beta2/news/lefts-call-hartal-for-arrest-of-culprits/ 2013年4月28日閲覧。 
  65. ^ “Rana arrested from Benapole”. bdnews24.com. http://bdnews24.com/bangladesh/2013/04/28/rana-arrested-from-benapole 2013年4月28日閲覧。 
  66. ^ “Savar Tragedy, Sohel Rana Arrested”. dhakastar.com. http://dhakastar.com/savar-tragedy-sohel-rana-arrested/ 2013年4月28日閲覧。 
  67. ^ “Savar tragedy building owner held in Benapole”. The Daily Star. http://www.thedailystar.net/beta2/news/sohel-rana-held-in-benapole/ 2013年4月28日閲覧。 
  68. ^ “Dhaka building collapse: Owner Mohammed Sohel Rana 'arrested'”. BBC. (2013年4月28日). https://www.bbc.co.uk/news/world-asia-22328566 2013年4月28日閲覧。 
  69. ^ Alam, Julhas and Blake, Chris (28 April 2013). "Bangladesh Building Collapse: Fire Breaks Out In Factory Wreckage". HuffPost. Retrieved 28 April 2013.
  70. ^ Blake, Chris and Hossian, Farid (1 May 2013). "Bangladesh Building Collapse: Protesters Demand Worker Safety As Death Toll Tops 400" HuffPost. Retrieved 1 May 2013.
  71. ^ Survivors demand wages after building collapse”. Radio Australia. 2013年5月8日閲覧。
  72. ^ “Bangladesh building collapse death toll passes 700”. BBC. (2013年5月7日). https://www.bbc.co.uk/news/world-asia-22431151 2013年8月26日閲覧。 
  73. ^ David, Dean; Bergman, Nelson (2013年5月7日). “Bangladesh building collapse: Dhaka buildings not given final safety clearance”. The Daily Telegraph (London). https://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/bangladesh/10041197/Bangladesh-building-collapse-Dhaka-buildings-not-given-final-safety-clearance.html 2013年5月8日閲覧。 
  74. ^ “Bangladesh shuts 18 garment factories after disaster”. Agence France-Presse. Channel NewsAsia. オリジナルの2013年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20130616185416/http://www.channelnewsasia.com/news/asiapacific/bangladesh-shuts-18-garment-factories-af/667892.html 2013年5月8日閲覧。 
  75. ^ Burke, Jason and Hammadi, Saad (5 June 2013). Bangladesh police open fire at collapsed garment factory protest. The Guardian. Retrieved 7 June 2013.
  76. ^ “BANGLADESH SAYS 7 FAILED TO CHECK DOOMED FACTORIES”. Associated Press. http://bigstory.ap.org/article/bangladesh-says-7-failed-check-doomed-factories 2013年6月10日閲覧。 
  77. ^ Adil Sakhawat (30 August 2013). Mourners, rights activists throng Savar Archived 20 January 2015 at the Wayback Machine.. Dhaka Tribune. Retrieved 19 January 2015.
  78. ^ Jim Yardley (18 December 2013). After Bangladesh Factory Collapse, Bleak Struggle for Survivors. The New York Times. Retrieved 19 January 2015.
  79. ^ Police Fire Rubber Bullets At Bangladesh Factory Protesters Demanding Higher Wages Archived 25 September 2013 at the Wayback Machine. The Huffington Post, 22 September 2013. Retrieved 22 September 2013.
  80. ^ Serajul Quadir (29 November 2013).Huge Bangladesh fire destroys key garments factory. Reuters. Retrieved 2 January 2014.
  81. ^ “Building Code Violation Case. Bail for Rana Plaza owner”. The Daily Star (Dhaka). (2014年3月24日). http://www.thedailystar.net/bail-for-rana-plaza-owner-16994 2014年4月10日閲覧。 
  82. ^ a b White, Gillian B. (17 December 2015). “Are Factories in Bangladesh Any Safer Now?”. The Atlantic. https://www.theatlantic.com/business/archive/2015/12/bangladesh-factory-workers/421005/ 2015年12月17日閲覧。. 
  83. ^ “Sohel Rana, 17 others indicted for building code violation” (英語). The Daily Star. (2016年6月14日). http://www.thedailystar.net/country/sohel-rana-17-others-indicted-code-violation-1239493 2017年3月27日閲覧。 
  84. ^ “Rana Plaza tragedy: Bangladesh puts 18 on trial”. Al Jazeera. http://www.aljazeera.com/news/2016/08/rana-plaza-tragedy-bangladesh-puts-18-trial-160823051641161.html 2017年3月27日閲覧。 
  85. ^ Mason, Rowena (2013年5月1日). “Nick Clegg: I shop in Primark without a 'moral calculator'”. The Daily Telegraph (London). https://www.telegraph.co.uk/news/politics/nick-clegg/10030129/Nick-Clegg-I-shop-in-Primark-without-a-moral-calculator.html 
  86. ^ “Abolish slave trade, 7 May 2013”. Falkirk Herald. (2013年5月7日). http://www.falkirkherald.co.uk/news/local-headlines/abolish-slave-trade-1-2917850 2013年8月26日閲覧。 
  87. ^ Hastings, Rob (2013年5月6日). “Top EU official: British MPs know nothing about Europe and pulling out of the EU would be 'a clear disaster' for Britain”. The Independent (London). オリジナルの2022年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://ghostarchive.org/archive/20220501/https://www.independent.co.uk/news/uk/politics/top-eu-official-british-mps-know-nothing-about-europe-and-pulling-out-of-the-eu-would-be-a-clear-disaster-for-britain-8605212.html 2013年5月8日閲覧。 
  88. ^ Pope Francis Condemns 'Slave Labor' In Bangladesh: 'Goes Against God'. The Huffington Post. Retrieved 1 May 2013.
  89. ^ Oxfam reaction to the Savar building collapse in Dhaka, Bangladesh.
  90. ^ “Tragedy shows urgency of worker protections: HRW”. The Daily Star. (2013年4月26日). http://www.thedailystar.net/beta2/news/tragedy-shows-urgency-of-worker-protections-hrw/ 2013年4月29日閲覧。 
  91. ^ Make garment factories in Bangladesh safe”. LabourStart (2013年4月26日). 2013年4月26日閲覧。
  92. ^ Metro UK (2013年4月27日). “Protesters surround Primark store on Oxford Street following Bangladesh factory deaths”. Metro (UK). http://metro.co.uk/2013/04/27/bangladesh-factory-protesters-surround-primark-store-on-oxford-street-3669147/ 2013年8月26日閲覧。 
  93. ^ Benetton denies to have any involvement with Bangladesh factory in their Tweet”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  94. ^ Tichborne, Beth (2014年4月26日). “Benetton stores targeted by global protests”. Indymedia UK. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  95. ^ It Has Saved Our Lives Archived 11 May 2015 at the Wayback Machine.. Institute for Global Labour and Human Rights, 17 September 2013. Retrieved 16 March 2014.
  96. ^ Labowitz, Sarah; Baumann-Pauly, Dorothée (16 April 2014). Business as Usual Is Not an Option: Supply Chains & Sourcing after Rana Plaza. NYU Stern Center for Business and Human Rights (New York City): 64. https://www.stern.nyu.edu/sites/default/files/assets/documents/con_047408.pdf.  エラー: 日付が正しく記入されていません。
  97. ^ Three years on from Rana Plaza, is there anything to feel good about?”. The Feed. Special Broadcasting Service. 2018年8月19日閲覧。
  98. ^ Fox, Emily Jane (2013年5月1日). “Shoppers lash out at stores over Bangladesh”. CNN Money. https://money.cnn.com/2013/05/01/news/companies/bangladesh-factory-shoppers/index.html 2013年5月2日閲覧。 
  99. ^ Bangladesh Factory Safety Accord: At Least 14 Major North American Retailers Decline To Sign. The Huffington Post. Retrieved 17 May 2013.
  100. ^ Global brands pull together on Bangladesh safety deal”. IndustriALL press release (2013年5月23日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  101. ^ Greenhouse, Steven (5 December 2012). Documents Indicate Walmart Blocked Safety Push in Bangladesh. The New York Times. Retrieved 9 May 2013.
  102. ^ Steven Greenhouse; Stephanie Clifford (2013年7月10日). “U.S. Retailers Offer Plan for Safety at Factories”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2013/07/11/business/global/us-retailers-offer-safety-plan-for-bangladeshi-factories.html 2013年7月10日閲覧。 
  103. ^ Dov Charney on Modern Day Sweat Shops: VICE Podcast 006”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  104. ^ “Creating a safer world: Brad Loewen's new super-job gives him sweeping powers to protect garment workers in Bangladesh”. The Marketplace (Mennonite Economic Development Associates): 8–9. (March–April 2014). オリジナルの21 March 2019時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190321041624/https://www.meda.org/latest-issues/back-issues/2014/197-the-marketplace-2014-march-april/file 2019年3月20日閲覧。. 
  105. ^ Talaga, Tanya (2013年10月22日). “Winnipegger Brad Loewen new chief inspector of 1,600 Bangladeshi factories”. Toronto Star. https://www.thestar.com/news/world/2013/10/22/winnipegger_brad_loewen_new_chief_inspector_of_1600_bangladeshi_factories.html 2019年3月20日閲覧。 
  106. ^ “Winnipeg man to help mend Bangladesh garment industry”. CBC News. (2013年10月22日). https://www.cbc.ca/news/canada/manitoba/winnipeg-man-to-help-mend-bangladesh-garment-industry-1.2159546 2019年7月4日閲覧。 
  107. ^ “Garment makers to discuss Bangladesh compensation”. BBC News. (2013年9月11日). https://www.bbc.co.uk/news/world-asia-24042776 
  108. ^ a b Dhaka factory collapse: No compensation without DNA identificationBy Jane Deith, BBC News, Dhaka, 16 September 2013, https://www.bbc.co.uk/news/magazine-24080579
  109. ^ Ovi, Ibrahim Hossain (2013), “Buyers' compensation for Rana Plaza victims far from reality”, Dhaka Tribune, オリジナルの25 March 2016時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160325223918/http://www.dhakatribune.com/business/2013/nov/17/buyers%e2%80%99-compensation-rana-plaza-victims-far-reality 2013年12月16日閲覧。 
  110. ^ Aulakh, Raveena (2014年3月14日). “Rana Plaza compensation fund short millions”. Toronto Star. https://www.thestar.com/news/world/2014/03/14/rana_plaza_compensation_fund_short_millions.html 2014年3月15日閲覧。 
  111. ^ “Bangladesh Rana Plaza Incident: 130 Families face the agony of Missing Bodies”. news.biharprabha.com. (2015年4月23日). http://news.biharprabha.com/2015/04/bangladesh-rana-plaza-incident-130-families-face-the-agony-of-missing-bodies/ 2015年4月23日閲覧。 
  112. ^ “Bangladesh files murder charges over Rana Plaza collapse”. Al Jazeera. (2015年6月1日). http://america.aljazeera.com/articles/2015/6/1/bangladesh-garment-factory-murder.html 2015年6月1日閲覧。 
  113. ^ Inani, Rohit (1 June 2015). “Bangladesh Factory Owner Charged With Murder Over Rana Plaza Collapse”. Time. http://time.com/3902945/rana-plaza-murder-charges-owner-sohel-rana/ 2015年6月1日閲覧。. 
  114. ^ “Rana Plaza: Still no justice”. The Financial Express (Dhaka). http://www.thefinancialexpress-bd.com/2017/04/24/67913/Rana-Plaza:-Still-no-justice 2017年4月30日閲覧。 
  115. ^ Rana Plaza collapse: Sohel Rana jailed for corruption”. BBC News (2017年8月29日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  116. ^ Rana Plaza Collapse: No progress yet in trial of murder case” (英語). The Daily Star (2021年4月24日). 2021年7月11日閲覧。
  117. ^ Eight years on, Rana Plaza cases locked in files”. Dhaka Tribune (2021年4月24日). 2021年7月11日閲覧。
  118. ^ Andreas Wieland; Robert B. Handfield (2013). “The Socially Responsible Supply Chain: An Imperative for Global Corporations”. Supply Chain Management Review 17 (5). 
  119. ^ “Thousands mourn collapse victims of Rana Plaza garment factory one year on”. Deutsche Welle. (2014年4月24日). http://www.dw.de/thousands-mourn-collapse-victims-of-rana-plaza-garment-factory-one-year-on/a-17589288 2014年7月20日閲覧。 
  120. ^ “Rana Plaza factory disaster anniversary marked by protests” (英語). The Guardian. Agence France-Presse. (2014年4月24日). ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/world/2014/apr/24/rana-plaza-factory-disaster-anniversary-protests 2017年4月30日閲覧。 
  121. ^ Rana Plaza: Let Not The Hope Die”. Winnipeg Film Group Catalogue. Winnipeg Film Group. 2019年3月13日閲覧。
  122. ^ A Wide Array of Cabaret Artists”. Sarasvati Productions (2015年8月19日). 2019年3月20日閲覧。
  123. ^ あなたが着ているその服は、もしかしたら「血塗られた服」かもしれない” (日本語). ハフポスト (2015年10月6日). 2022年7月22日閲覧。

読書案内[編集]

外部リンク[編集]


関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]