ダゴベルト1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダゴベルト1世
Dagobert I
アウストラシア
フランク王
Portrait Roi de france Dagobert Ier.jpg
在位 アウストラシア王:623年 - 629年
全フランク王:629年 - 639年
出生 603年
死去 639年1月19日
サン=ドニ修道院
埋葬  
サン=ドニ大聖堂
配偶者 ゴルマトルーデ
  ナンティルド
子女 クロヴィス2世
シギベルト3世
王朝 メロヴィング朝
父親 クロタール2世
母親 ハルデトルーデ
テンプレートを表示

ダゴベルト1世(Dagobert I, 603年 - 639年1月19日)は、メロヴィング朝の4代目の国王クロタール2世の長男。

生涯[編集]

父のクロタール2世は613年アウストラシアブルグント王国の王位を手に入れ、フランク王国を統一[1]。ダゴベルトは623年に父によってアウストラシア王に任命された[2]

629年に父が死去したため、ネウストリアとブルグントの王位を継承[3]。異母兄弟のカリベルト2世へはアキタニアを与えた。カリベルト2世は632年に死去、彼の息子キルペリクはダゴベルトの命令により暗殺された。ダゴベルトがアキタニア王位をも継承したが、間もなくアキタニアは大公の支配するところとなった[4]

631年スラヴ王であるサモSamo)の軍隊と戦ったが(ヴォガスティスブルクの戦い)、成果が得られず終わった[3]

634年にシギベルト3世がアウストラシア分王国の王となり[5]639年にダゴベルトが病のためサン=ドニ修道院で亡くなった時にクローヴィス2世が継承したのは、ネウストリアとブルグントの王位であった[5]

聖ドニを讃え、サン=ドニ修道院を創立したり、ドイツで最も古い城とされている旧城(Altes Schloss)をメーアスブルクに築城した。

子女[編集]

ナンティルドとの間に以下の子女がいる。

ナンティルドとは別の女性との間に以下の子女がいる。

  • シギベルト3世(630年頃 - 658年) - アウストラシア王(在位:634年 - 658年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 柴田 他、p. 144
  2. ^ 柴田 他、p. 146
  3. ^ a b 柴田 他、p. 147
  4. ^ ル・ジャン、p. 145
  5. ^ a b 柴田 他、p. 148

参考文献[編集]

  • 柴田三千雄 他 編『世界歴史大系 フランス史 1』山川出版社、1995年
  • レジーヌ・ル・ジャン 『メロヴィング朝』 白水社、2009年

関連項目[編集]

先代:
クロタール2世
フランク国王
第4代
629年 - 639年
次代:
クロヴィス2世