ダグ・マクダーモット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダグ・マクダーモット
Doug McDermott
インディアナ・ペイサーズ  No.20
ポジション SF
背番号 20
身長 203cm (6 ft 8 in)
体重 102kg (225 lb)
ウィングスパン 213cm  (7 ft 0 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Douglas Richard McDermott
ラテン文字 Doug McDermott
誕生日 (1992-01-03) 1992年1月3日(26歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ノースダコタ州の旗 ノースダコタ州グランドフォークス
出身 クレイトン大学
ドラフト 2014年 11位 
選手経歴
2014-2017
2017
2017-2018
2018
2018-
シカゴ・ブルズ
オクラホマシティ・サンダー
ニューヨーク・ニックス
ダラス・マーベリックス
インディアナ・ペイサーズ
受賞歴
  • NCAA得点王:2014
代表歴
キャップ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 U-19 2011

ダグラス・リチャード・マクダーモット (Douglas Richard McDermott 1992年1月3日 - )は、アメリカ合衆国ノースダコタ州出身のプロバスケットボール選手。NBAインディアナ・ペイサーズに所属している。ポジションはスモールフォワード

来歴[編集]

アイオワ州のエイムズ高校時代にハリソン・バーンズと共に活躍し、同高校を2年連続でアイオワ州の王者に導いたマクダーモットは、アイオワ州立大学への進学が有力視されていたが、父のクレイグがHCを務めるクレイトン大学に進学。4年生時の2013-14シーズンに平均26.7得点を記録し、NCAAディビジョン1の得点王に輝き、" ラリー・バードの再来 "として注目されるようになる[1]

NBAのスカウト陣からも注目されることになったマクダーモットは、2014年のNBAドラフトで11位でデンバー・ナゲッツから指名されるも、ドラフト会議当日にシカゴ・ブルズが16位で指名したユスフ・ヌルキッチ、19位で指名したゲイリー・ハリスとの交渉権同士のトレードが行われ、シカゴ・ブルズNBA生活がスタート[2]。しかし、1年目の2014-15シーズンは、シーズン途中に右膝を手術を行うなど[3]、36試合の出場に止まった。2年目の2015-16シーズン以降は、フレッド・ホイバーグHCの下、シックスマンとしてローテーション選手となっている。

2017年1月15日のメンフィス・グリズリーズ戦では、ベンチ出場ながら自己最高の31得点を記録[4][5]。2月23日、大型トレードでオクラホマシティ・サンダーに移籍[6]更に9月23日には、カーメロ・アンソニーとのトレードでニューヨーク・ニックスに移籍した[7]

2018年2月8日、トレードでダラス・マーベリックスに移籍した[8]

その他[編集]

NBA入りして以降、背番号は「3」を着用していたが、2016年ドウェイン・ウェイドシカゴ・ブルズに加入したことにより、「11」に、更に2016-17シーズン途中にオクラホマシティ・サンダーに移籍した際には「25」に変更している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]