ダグラス・W・ダイアモンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダグラス・W・ダイアモンド
生誕 1953年
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究機関 シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス
研究分野 金融経済学
母校 ブラウン大学
イェール大学
受賞 ノーベル経済学賞(2022)
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:2022年
受賞部門:ノーベル経済学賞
受賞理由:銀行と金融危機に関する研究

ダグラス・ウォーレン・ダイアモンド(Douglas Warren Diamond、1953年 - )は、アメリカ合衆国の経済学者。シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスマートン・H・ミラー記念講座の卓越教授(金融学)。彼は金融仲介機関金融危機、および市場流動性の研究を専門とする。彼はアメリカ金融協会の元会長西部金融協会エコノメトリック協会アメリカ芸術科学アカデミーアメリカ金融協会のフェローを務める。

ベン・バーナンキフィリップ・ディビッグとともに、2022年にノーベル経済学賞の共同受賞者となった[1][2]

1975年にブラウン大学を卒業、1980年にイェール大学から経済学の博士号を取得した。ダイアモンドは、金融危機と銀行経営、特に1983年に出版された影響力のあるダイアモンド=ディビッグ・モデル英語版と1984年に出版された委任監視のダイアモンド・モデルで最もよく知られる[3]。2016年、彼は革新的な定量的応用でCMEグループ-MSRI賞を受賞し[4]、2011年にはトムソン・ロイター引用栄誉賞を受賞した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ The Sveriges Riksbank Prize in Economic Sciences in Memory of Alfred Nobel 2022
  2. ^ Julia Horowitz (2022年10月10日). “Nobel Prize in economics awarded to trio including Ben Bernanke for work on financial crises” (英語). CNN Business. 2022年10月10日閲覧。
  3. ^ “Financial Intermediation and Delegated Monitoring”. The Review of Economic Studies 51. JSTOR 2297430. 2016年3月24日取得。
  4. ^ [1]