ダウマー (デンマーク王女)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダウマー・ア・ダンマーク
Dagmar af Danmark
Princess Dagmar of Denmark.jpg
出生 (1890-05-23) 1890年5月23日
 デンマークコペンハーゲン
死去 (1961-10-11) 1961年10月11日(71歳没)
 デンマークコングステズルント
配偶者 ヨアン・カステンスキョル
子女 カール
クリスチャン
ヨアン
ダウマー
父親 デンマークフレゼリク8世
母親 ロヴィーサ・アヴ・スヴェーリエ
テンプレートを表示

ダウマー・ア・ダンマークデンマーク語: Dagmar af Danmark, 1890年5月23日 - 1961年10月11日)は、デンマークの王族。フレゼリク8世王とルイーセ王妃の間の第8子、四女、末娘[1]。全名はダウマー・ルイーセ・エリサベトDagmar Louise Elisabeth)。洗礼名は叔母のロシア皇后マリヤ・フョードロヴナ(出生名はダウマー)に因んで名づけられた。

1922年11月23日にフレデンスボーにおいて、宮廷に仕える侍従の息子ヨアン・カステンスキョル(Jørgen Castenskjold, 1893年 - 1978年)と結婚した。夫は貴族家門カステンスキョル家(Castenskjold)の一員であった[2]。夫妻は間に3男1女の4人の子女をもうけた。

  • カール・フレゼリク・アントン・ヨアン・カステンスキョル(1923年 - 2006年)
  • クリスチャン・ルズヴィ・ゴスタウ・フリツ・カステンスキョル(1926年 - )
  • ヨアン・フレゼリク・オーウ・エーリク・ヘリェ・カステンスキョル(1928年 - 1964年)
  • ダウマー・ルイーセ・テューラ・ソフィーエ・アウグスタ・ペトラ・カステンスキョル(1930年 - 2013年)

脚注[編集]

  1. ^ Darryl Lundy (2007年2月23日). “Dagmar Louise Elisabeth zu Schleswig-Holstein-Sonderburg-Glücksburg, Princess of Denmark”. thePeerage.com. 2012年5月29日閲覧。
  2. ^ Hugh Montgomery-Massingberd, editor, Burke's Royal Families of the World, Volume 1: Europe & Latin America (London, U.K.: Burke's Peerage Ltd, 1977), page 71

外部リンク[編集]