ダイヤモンドジュビリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダイヤモンドジュビリー
Diamond Jubilee.jpg
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1897年
死没 1923年7月18日[1]
セントサイモン
パーディタ
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 プリンス・オブ・ウェールズ
(のちのエドワード7世
馬主 プリンス・オブ・ウェールズ
調教師 リチャード・マーシュ(イギリス
競走成績
生涯成績 13戦6勝
獲得賞金 28,185ポンド
テンプレートを表示

ダイヤモンドジュビリーDiamond Jubilee)は、19世紀末から20世紀初頭に活躍したイギリス競走馬種牡馬である。1900年イギリスクラシック三冠を制した。種牡馬としては主にアルゼンチンで優れた産駒を残した。

誕生・性格[編集]

アルバート・エドワード皇太子(のちのエドワード7世)によって生産・所有された。母パーディタはエドワード7世がデイヴィッド・ファルコナーから900ギニーで購入した馬で、セントサイモンとの間に何頭も活躍馬を出した。全兄フロリゼルパーシモン、サンドリンガムがいる。

馬名はヴィクトリア女王在位60周年を記念してつけられたものである[2]

気性はセントサイモン産駒の中でも最悪に近い。父をある意味で超える攻撃性があり、まともに扱えるものは少なかった。激しい気性でまともなレースにならないことも多く、レースそっちのけで騎手を振り落とそうとしたり、パドックでは見物人を蹴飛ばそうとしたり、スタート前に騎手を振り落として暴走したりと無茶苦茶で、2歳時は6戦して1勝に終わっている。大抵の騎手はまともに乗れず、挙句の果てに踏み殺されそうになったりで、やむなく担当厩務員ハーバート・ジョーンズを乗せてクラシックに挑んでいる。

引退後、アルゼンチンに渡ってからも性格は改善しなかった。あるとき体調を崩し、その危険性から薬を与えられないので、棒に薬を塗って目の前に差し出し噛みつかせた、馬房に迷い込んだ浮浪者の腕を食いちぎろうとした、脱走して近くの町に逃げ込んだ際は、行く手を遮ろうとした男子生徒の輪に、逆に怒り狂って突撃した(その後も暴走を続けて最終的に駅で捉えられた)等、数々の逸話が伝わっている。[3]

競走成績・種牡馬成績[編集]

勝った大レースは2000ギニーエプソムダービーセントレジャーステークスの三冠の他、ニューマーケットステークス、エクリプスステークスがある。2000ギニーは4馬身差、ダービーは兄パーシモンが記録したレコードと同タイム、セントレジャーはレース前20分も暴れた上での勝利、エクリプスステークスもレコードと気性さえクリアできれば非常に強い馬であった。

種牡馬としては1902年からサンドリンガム王立牧場で、1906年からアルゼンチンのLas Ortigas馬牧場で供用された。イギリスでは既にセントサイモン系種牡馬が多数存在している状況下あまり活躍できず(1902年の種牡馬ランキング1位は全兄パーシモン、2位は父セントサイモン。全兄フロリゼルも上位に入っていた)、ジョッキークラブステークス勝ち馬サンシーを出した程度に終わったが、アルゼンチンでは大成功し1914-1916,1921年の4度種牡馬首位になった。種牡馬の父としても優秀で、短期間ではあるが南米で一大父系を形成した。

おもな産駒[編集]

  • Sancy(ジョッキークラブステークス、プリンスオブウェールズステークス
  • As de Espadas(ナシオナル大賞
  • Smasher(ナシオナル大賞)
  • Moloch(カルロスペルグリニ大賞
  • Last Reason(チリリーディングサイアー3回)
  • Campanazo(チリリーディングサイアー)
  • Mustafa(チリリーディングサイアー2回)
  • Ricaurte(ウルグアイ三冠)
  • ダイヤモンドウエッディング(日本リーディングサイアーランキング最高2位)

血統表[編集]

ダイヤモンドジュビリー血統セントサイモン系 / Voltigeur (Volley) 4×5.5=12.50%) (血統表の出典)

St.Simon
1881 黒鹿毛
Galopin
1872 鹿毛
Vedette Voltigeur
Mrs.Ridgway
Flying Duchess The Flying Dutchman
Merope
St.Angela
1865 鹿毛
King Tom Harkaway
Pocahontas
Adeline Ion
Little Fairy

Perdita II
1881 鹿毛
Hampton
1872 鹿毛
Lord Clifden Newminster
The Slave
Lady Langden Kettledrum
Haricot
Hermione
1875 黒鹿毛
Young Melbourne Melbourne
Clarissa
La Belle Helene St.Albans
Teterrima F-No.7-f
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

脚注[編集]

  1. ^ Thoroughbred Heritage
  2. ^ Thoroughbred Bloodlines
  3. ^ Thoroughbred Heritage

外部リンク[編集]