ボディ・プレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベイダーによるボディ・プレス(リバース・スプラッシュ)。

ボディ・プレスBody Press)は、主に仰向けになってダウンしている相手の体の上に自分の体を腹部から放つプロレス技の一種であり、派生技の総称でもある。主に巨漢レスラーが体型を利用して相手を押し潰すように放つ場合と、空中技が得意な中軽量級レスラーが跳躍力や身軽さを生かして放つ場合とがある。英語圏ではスプラッシュSplash)とも呼ばれる。

ジャンピング・ボディ・プレス[編集]

ジャンピング・ボディ・プレスJumping Body Press)は、倒れている相手に対して、その場でジャンプして放つボディ・プレスの一種である。ビッグ・スプラッシュスタンディング・スプラッシュとも呼ばれる。勢いを付けて放たないため、主に巨漢選手が体重を利用して繰り出すものが多い。近年は中盤以降の痛め技や後述のボディ・プレス系の技への布石として使用されることが多い。

ランニング・ボディ・プレス[編集]

ランニング・ボディ・プレスRunning Body Press)は、倒れている相手に対して助走をつけてジャンプして放つボディ・プレスの一種である。ランニング・スプラッシュとも呼ばれる。立体的な攻撃を得意とする中軽量級選手が使用する場合と、圧倒的な体格とウエイトを引き立たせる技として重量級選手が使用する場合がある。アルティメット・ウォリアージャイアント・キマラ(カマラ)は、うつぶせに倒れている相手の背中に放つこともあった。

ダイビング・ボディ・プレス[編集]

ダイビング・ボディ・プレスDiving Body Press)は、トップロープもしくはセカンドロープから倒れている相手に向かってジャンプして放つボディ・プレスの一種である。フライング・ボディ・プレスFlying Body Press)、フライング・ソーセージFlying Sausage)とも呼ばれる。重量級の巨漢選手から跳躍力のある中軽量級選手まで多くのレスラーによって使われている(立っている相手に仕掛ける場合はフライング・ボディ・アタックなどと呼ばれる)。

主な同一技
フライング・ソーセージ
キング・イヤウケア、ブル・ラモス、キラー・トーア・カマタなどの巨漢レスラーが放つダイビング・ボディ・プレス。「ソーセージSausage)」は「観測用の気球」の意味から来ており、食べ物の「ソーセージ」のことではない。「気球のように大きな」巨漢レスラーが得意技としたことから、この名が付いた。「ハワイの巨象」ことイヤウケアが元祖とされる。日本人選手では三原一晃が同名で使用。
スーパーフライ
ジミー・スヌーカが放つ跳躍力あるダイビング・ボディ・プレス。スヌーカのニックネームとしても定着した。スーパーフライ・スプラッシュとも呼ばれる[1]外道田中将斗も同名で使用しているがフォームとしては後述の屈伸式ダイビング・ボディ・プレスと同様のものであり、スヌーカのものとは異なっている。
スパイダー・プレス
アーニー・ラッドが放つダイビング・ボディ・プレス。彼の日本でのニックネーム「黒い毒グモ」にちなんで名付けられた。
スティンガー・スプラッシュ
スティングが放つダイビング・ボディ・プレス。コーナーにもたれかかる相手への串刺し式ダイビング・ボディ・アタックもスティンガー・スプラッシュと呼ばれる。
ダイビング・ビッグバン・クラッシュ
ベイダーが放つダイビング・ボディ・プレス。大一番の、ここぞという時でしか見せない。
ニュークリア・スプラッシュ
バンバン・ビガロが放つダイビング・ボディ・プレス。大一番の、ここぞという時でしか見せない。
マネー・ショット
バル・ビーナスが放つダイビング・ボディ・プレス。ジャンプする前に大見得を切ってから仕掛ける。
ムササビ・プレス
AKIRAが放つダイビング・ボディ・プレス。ジャンプする前に両手を広げ大見得を切り、体を反り返ったような空中姿勢で非常に美しい。空中での姿勢がムササビの飛ぶ姿勢に似ていたことから名付けられた。
ダイナミック・プレス
田上明が放つダイビング・ボディ・プレス。大一番の、ここぞという時でしか見せない。ジャンプする前にトップロープで片手を挙げてアピールする場合が多い。
ハイフライ・スプラッシュ
カズ・ハヤシが放つハイアングルのダイビング・ボディ・プレス。
冷蔵庫爆弾
高橋奈七永が放つダイビング・ボディ・プレス。
まっすぐとぶばい
筑前りょう太が放つダイビング・ボディ・プレス。気をつけの姿勢でジャンプして相手とぶつかる寸前に両腕を前へとまっすぐ伸ばすのが特徴。
パールハーバー・スプラッシュ
葛西純が放つダイビング・ボディ・プレス。
ストゥーカ・スプラッシュ
Hi69が放つダイビング・ボディ・プレス。気をつけの姿勢でジャンプして相手とぶつかる寸前に両腕を前へとまっすぐ伸ばすのが特徴。
マグマ・スプラッシュ
阿蘇山が放つダイビング・ボディ・プレス。
ファイナル・フラッシュ
ベアー福田が放つダイビング・ボディ・プレス。
マイバッハ・プレス
マイバッハ谷口が放つダイビング・ボディ・プレス。ジャンプする前に両手を広げてアピールしてから決める。空中で大きく体をエビ反りにするのが特徴。
ゴーレム・スプラッシュ
岡林裕二が放つダイビング・ボディ・プレス。
ビースト・スプラッシュ
入江茂弘が放つダイビング・ボディ・プレス。空中で大きく体をエビ反りにするのが特徴。
ビッグRプレス
ビッグR清水が放つダイビング・ボディ・プレス。

派生技[編集]

屈伸式ダイビング・ボディ・プレス[編集]

フロッグ・スプラッシュとも呼ばれる。空中で1度、屈伸運動を加えて放つダイビング・ボディ・プレス。飛ぶ姿がカエルが跳ねているように見えるため、この技名がついた。技自体は2代目タイガーマスクのデビュー戦の相手を務めたラ・フィエラが日本で初公開したと噂されたが山本小鉄はすでにガメラ式ボディ・プレスの名称で使用していた。後にアート・バーが放つアート・バー・プレスが変化したものがフロッグ・プラッシュと呼ばれるようになり、エディ・ゲレロはタッグパートナーだったアートの死後にフロッグ・スプラッシュの名称で使用。

開脚屈伸式ダイビング・ボディ・プレス[編集]

空中で開脚して空中で手を下に振り下げて1度、屈伸運動を加えて放つダイビング・ボディ・プレス。

450°スプラッシュ[編集]

読み方は「フォーフィフティー・スプラッシュ」。空中で前方1回転して放つダイビング・ボディ・プレス。スコーピオの得意技として有名で、かつてはスーパー・スコーピオ・スプラッシュの名称で使用していたが全日本プロレス参戦を期に技名を450°スプラッシュに改名。日本ではハヤブサファイヤーバード・スプラッシュの名称で使用して以降は同名称が定着している。派生技にPACリバース式で放つフレーミングスター・プレス、類似技にフェニックス・スプラッシュがある。

シューティングスター・プレス[編集]

450°スプラッシュとは逆でリング内を見た状態でバック宙1回転から体を浴びせる技である。非常に高度な技であるため、主な使用者はジュニアヘビー級選手が多い。山田恵一のオリジナル技であり、獣神サンダー・ライガーとなる前から既に使用していた。派生技にB×Bハルク旋回式で放つB×Bスター・プレス、類似技にPACがシューティングスター・プレスに横1回転捻り加えた変型シューティングスター・プレス(360度回転する事から360°シューティングスター・プレスサーティーシックス・シューティングスター・プレス)と呼ばれている)がある。

サザンクロス・スプラッシュ[編集]

金丸義信のオリジナル技。トップロープからリング内を向いて立った状態からジャンプして空中で側転をするような形で体の向きを変えて放つ変形旋回式ダイビング・ボディ・プレス。空中で体の向きを横回転で180度旋回させてのダイビング・ボディ・プレスとも言える。通常のダイビング・ボディ・プレスであれば自分の頭がマット側に足がコーナー側に向くがサザンクロス・スプラッシュは自分の頭がコーナー側に足がマット側になってプレスする。最近は見られず、現在はスコーピオが主な使用者になっている。

  • 主な使用者
    • 金丸義信
    • スコーピオ
    • カズ・ハヤシ
    • ツバサ - トルナド・デ・アカプルコの名称で使用。
    • 米山香織 - スノーボード・スプラッシュの名称で使用。
    • 田口隆祐 - 円盤中毒の名称で使用。
    • 藤ヶ崎矢子 - 旋回式ダイビング・ボディ・プレスの名称で使用。

リバース・スプラッシュ[編集]

コーナーポスト・プレスとも呼ばれる。リングに背中を向けてコーナーポスト付近のロープをつかみセカンドロープに上る。勢いをつけて後方へジャンプして体の位置が最高点になるまで飛んだら、その瞬間に手を離して舞い降りて放つボディ・プレス。ベイダーの得意技であり、格下相手には、この技で試合を決めることも多かった。大仁田厚も得意技としており、FMW時代に何度か使用していた。

ムーンサルト・プレス / ラウンディング・ボディ・プレス[編集]

ムーンサルト・プレス[編集]

ムーンサルト・プレスは、トップロープもしくはセカンドロープからリング内に向かって後ろ向きに立ち、後方270度回転して放つボディ・プレス。下記のラウンディング・ボディ・プレスとは異なり、跳躍時に横方向への捻りは加えられない。ただし、後年開発された派生技の中には捻りを加えるものも存在する。詳細はリンク先の記事を参照。

ラウンディング・ボディ・プレス[編集]

ラウンディング・ボディ・プレスは、初代タイガーマスクブルー・パンテルが得意技とした跳躍中に捻りを加えたボディ・プレス。旋回式ボディ・プレスとも呼ばれる。コーナーポストにマットへ背を向けた状態で立ち、上体を反らせた体勢で後方へバック宙のようにジャンプする。この際に横方向への回転が加えられて頂点付近の空中姿勢は旋回式ボディ・アタックのようにマットと水平になる点が特徴。そして、落下中に慣性による90度の捻りが加えられてムーンサルト・プレスと同型の体勢で着地する。ムーンサルト・プレスの原型として有名だが初代タイガーの弁ではラウンディング・ボディ・プレスの方が技としての難易度は高いという。武藤敬司のムーンサルト・プレスも、こう呼ばれていた時期があるがフォームは初代タイガーのものとは異なり、全身を大きく使った高速回転ムーンサルト・プレスといった方が表現としては近い。

類似技[編集]

ダイビング・ボディ・アタック / フライング・ボディ・アタック[編集]

立っている相手に助走を付けて、あるいはトップロープからジャンプして相手と交差するように腹部からぶつかり、そのまま体を浴びせて押し倒す。体当たり系の技であるが後半の押し倒す際にボディ・プレスと類似した効果がある。

セントーン[編集]

ボディ・プレスと同じように寝ている相手に体を浴びせる技であるがボディ・プレスが腹部から落ちるのに対して、こちらは背面から落ちる。

ヒップ・ドロップ[編集]

ボディ・プレスと同じように寝ている相手に体を浴びせる技であるがボディ・プレスが腹部から落ちるのに対して、こちらは臀部から座り込むように落ちる。

脚注[編集]

  1. ^ Jimmy Snuka”. Online World of Wrestling. 2017年6月14日閲覧。

関連項目[編集]