ダイドーグループホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダイドーグループホールディングス株式会社
DyDo GROUP HOLDINGS, INC.
DyDo DRINCO logo.svg
本社が所在する中之島セントラルタワー
本社が所在する中之島セントラルタワー
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社[1]
市場情報
東証プライム 2590
2001年8月9日上場
略称 ダイドーGHD
本社所在地 日本の旗 日本
530-0005
大阪府大阪市北区中之島二丁目2番7号
中之島セントラルタワー
設立 1975年1月27日
業種 食料品
法人番号 2120001083154 ウィキデータを編集
代表者 代表取締役社長 髙松富也
資本金 19億24百万円
発行済株式総数 16,568,500株
売上高 連結:1682億56百万円
単体:64億65百万円
(2020年1月期)
営業利益 連結:28億93百万円
単体:38億50百万円
(2020年1月期)
経常利益 連結:28億57百万円
単体:39億90百万円
(2020年1月期)
純利益 連結:17億78百万円
単体:24億36百万円
(2020年1月期)
純資産 連結:892億10百万円
単体:846億96百万円
(2020年1月20日現在)
総資産 連結:1633億83百万円
単体:1190億96百万円
(2020年1月20日現在)
従業員数 連結:3,912名(2019年1月20日現在)
決算期 1月20日
主要子会社 ダイドードリンコ大同薬品工業たらみ
外部リンク https://www.dydo-ghd.co.jp/
特記事項:財務データ等は2017年1月20日現在、連結[2]
テンプレートを表示

ダイドーグループホールディングス株式会社は、大阪府大阪市北区に本社を置く、ダイドーグループの持株会社である。2017年1月に、ダイドードリンコ株式会社(旧法人)から商号変更した。事業会社として、飲料部門のダイドードリンコ株式会社、医薬品部門の大同薬品工業株式会社、食品部門の株式会社たらみ等を子会社に持つ。

沿革[編集]

1975年、大同薬品工業から飲料部門を分離・独立し、奈良県御所市にてダイドー株式会社設立。1983年にダイドー本社を大阪府大阪市に移転し、大阪進出。1984年にダイドードリンコ株式会社に商号変更。2016年2月24日に、持株会社体制への移行を目的としてダイドードリンコ分割準備株式会社を設立[3]。2017年1月21日に、ダイドードリンコ株式会社(旧法人)をダイドーグループホールディングス株式会社、ダイドードリンコ分割準備株式会社をダイドードリンコ株式会社(新法人)に商号変更するとともに、吸収分割により飲料事業を新法人に移管した[4]

グループ企業[編集]

脚注[編集]

  1. ^ コーポレート・ガバナンス報告書 - ダイドーグループホールディングス株式会社
  2. ^ 第42期有価証券報告書 (PDF)”. ダイドーグループホールディングス株式会社. 2017年8月31日閲覧。
  3. ^ “持株会社体制への移行に伴う吸収分割契約締結ならびに商号変更に関するお知らせ” (pdf) (プレスリリース), ダイドードリンコ, (2016年2月26日), https://www.dydo-ghd.co.jp/ir/pdf/20160226_06.pdf 2017年9月2日閲覧。 
  4. ^ “DyDoグループ新体制のスタートに関するお知らせ” (pdf) (プレスリリース), ダイドーグループホールディングス, (2017年1月21日), https://www.dydo-ghd.co.jp/ir/pdf/20170121_00.pdf 2017年9月2日閲覧。 

外部リンク[編集]