ダイアモンド・ストーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダイアモンド・ストーン
Diamond Stone
20150401 MCDAAG Diamond Stone defensive rebound.JPG
マクダナルズ・オール・アメリカンゲームでのストーン (2015年)
ウィンディシティ・ブルズ
ポジション C
身長 211cm (6 ft 11 in)
体重 117kg (258 lb)
ウィングスパン 220cm  (7 ft 3 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Diamond Stone
ラテン文字 Diamond Stone
誕生日 (1997-02-20) 1997年2月20日(22歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ウィスコンシン州の旗 ウィスコンシン州ミルウォーキー
出身 メリーランド大学
ドラフト 2016年 40位 
選手経歴
2016-2017
2017-
ロサンゼルス・クリッパーズ
ウィンディシティ・ブルズ (Gリーグ)

ダイアモンド・ストーン (Diamond Stone 1997年2月10日 - )は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州ミルウォーキー出身のプロバスケットボール選手。NBAGLウィンディシティ・ブルズに所属している。

来歴[編集]

ウィスコンシン州ミルウォーキーにあるドミニカン高校では4シーズンプレイ。4年時には平均24.4得点 11.7リバウンド高校通算で2000得点以上をマークし、2015年のマクダナルズ・オール・アメリカンにも選ばれるなど全米級のセンターとして活躍した。

メリーランド大学では平均12.5得点 5.4リバウンドをマーク。1年間プレイのみでアーリーエントリーを表明し、2016年のNBAドラフトニューオーリンズ・ペリカンズに40位で指名受けた後、ロサンゼルス・クリッパーズに指名権のトレードが成立。

ルーキーシーズンはDリーグで大半を過ごし、クリッパーズとしては僅かな出場に終わった。2017年の7月7日にアトランタ・ホークスデンバー・ナゲッツロサンゼルス・クリッパーズが絡んだトレードでホークスへ放出され[1]、7月31日に解雇[2]。9月13日、シカゴ・ブルズと2年契約を結んだ[3]。しかし、シーズン開幕直前に解雇。解雇後に傘下のウィンディシティ・ブルズに送られた[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]