ターヴィ・ロイヴァス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ターヴィ・ロイヴァス
Taavi Rõivas
Taavi Rõivas, arvamusfestival 2014.jpg
ターヴィ・ロイヴァス(2014年8月)
生年月日 (1979-09-26) 1979年9月26日(38歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Estonian Soviet Socialist Republic.svg エストニア・ソビエト社会主義共和国タリン
出身校 タルトゥ大学
所属政党 エストニア改革党

在任期間 2014年3月26日 - 2016年11月23日
大統領 トーマス・イルヴェス
ケルスティ・カリユライド

エストニアの旗 エストニア社会問題相
在任期間 2012年12月11日 - 2014年3月26日
首相 アンドルス・アンシプ
テンプレートを表示

ターヴィ・ロイヴァスエストニア語: Taavi Rõivasエストニア語発音: [ˈtɑːʋi ˈrɤiʋɑs]1979年9月26日 - )は、エストニアの政治家。2014年3月26日から2016年11月23日まで同国首相を務めた。また、2014年4月6日からエストニア改革党党首を務めている[1]

経歴[編集]

1998年に改革党に入党した。1999年から2002年までマルト・ラスクドイツ語版法相の顧問を務め、政界に進出した[2] 。2003年から2004年までパウル=エーリク・ルモ人口問題担当相の顧問を、2004年から2005年までタリンハーベルスティ英語版地区の区長を務めた後、2005年に改革党の党首であったアンドルス・アンシプ首相の顧問となった。2005年にタリン市議会議員に当選した後、2007年にはリーギコグ議員に選出され、2011年に再選された。

2012年12月、ロイヴァスは法相に転じたハンノ・ペヴクル英語版の後任として社会問題相に就任し、内閣最年少の閣僚となった。前法相のクリステン・ミカル英語版は同じ改革党員のシルヴェル・メイカル英語版による汚職疑惑のため、辞任していた。

2014年2月、2015年に予定される国会議員選挙を1年後に控えたアンシプは首相を辞任し、2002年から2003年に首相だった改革党の元党首、シーム・カラス欧州委員に首相職を譲ると表明した。カラスは保守派の祖国・共和国連合英語版に代わって社会民主党英語版を連立相手にすべく、連立交渉を開始した。しかし3月12日になって、カラスは1990年代初頭のエストニア銀行総裁時代の自身の行動に対するメディアの報道を理由に、首相職を追い求めるつもりはないという思いがけない発表を行った。同日、改革党の執行部はロイヴァスを新たな首相候補に選んだ[3]

3月14日にトーマス・イルヴェス大統領からアンシプの後任に指名され[4]、社会民主党との間で新政権組織のための党首会談をはじめた[5]。その後、3月20日に連立協定の署名が行われ[6]、3月24日にはリーギコグで首相指名が承認された[7]。3月26日に大統領がロイヴァスの提出した閣僚名簿を承認したことで、ロイヴァスは首相となった。当時、ロイヴァスは欧州連合 (EU) で最年少の国家指導者であった[8]

ロイヴァスは2015年の国会議員選挙に改革党党首として臨み、同党の第一党防衛に成功した。その後、改革党は社会民主党と祖国・共和国連合、それに自由党の3党と連立協議を開始した[9]。3週間近い交渉の末、自由党とは物別れに終わったものの、4月8日に残る2党と連立協定を締結し[10]、4月9日に第二次ロイヴァス内閣が発足した[11]

2016年11月7日、社会民主党と祖国・共和国連合は、連立与党間の信頼感の欠如を理由に、ロイヴァス首相の辞任を求める声明を発した[12]。この声明は、野党がロイヴァス内閣に対して不信任を表明する動議を提出した直後に出された。社会民主党と祖国・共和国連合は同動議に同調し、ロイヴァス支持は改革党のみとなった[13]。しかし、ロイヴァスは辞任を拒み、民主的な手続きにのっとって選出された政府は、民主的な投票によってのみ覆されるべきであると述べた[14]。11月9日の信任決議案の採決で、リーギコグ議員の過半数がロイヴァス内閣に対する不信任を表明した[15]。11月23日、中央党のユリ・ラタス党首が新首相に選出され、改革党は野党に下った[16]

人物[編集]

エストニア語に加えて英語、ロシア語、フィンランド語を話せる[17]

ポップ歌手のルイサ・ヴァルク英語版と同棲しており[18][19]、娘が一人いる[8]

脚注[編集]

  1. ^ Taavi Rõivas sai Reformierakonna esimeheks - Eesti uudised - Postimees.ee”. Postimees (2014年4月6日). 2015年3月3日閲覧。
  2. ^ Website of the Estonian Government, archived at Internet Archive on 2015年3月2日
  3. ^ Reform Party Picks Dark Horse as New PM Candidate”. News - ERR. 2015年3月3日閲覧。
  4. ^ Rõivas: küllap on võimalik ka autoriteet tööga välja teenida”. Postimees (2014年3月12日). 2015年3月3日閲覧。
  5. ^ New Coalition Will Split Two Ministries”. News - ERR. 2015年3月3日閲覧。
  6. ^ Reform Party and Social Democrats Sign Coalition Agreement”. News - ERR. 2015年3月3日閲覧。
  7. ^ Rõivas Receives Parliament Approval to Form Government”. News - ERR. 2015年3月3日閲覧。
  8. ^ a b Taavi Roivas designated Estonia PM, EU's youngest”. GlobalPost. 2015年3月3日閲覧。
  9. ^ Coalition consultations begin with four parties in attendance ERR, 6 March 2015
  10. ^ Coalition talks to continue between three parties, Free Party to go into opposition ERR, 23 March 2015
  11. ^ “Otseülekanne: kolme erakonna koalitsioonileping saab allkirjad”. Postimees. (2015年4月8日). http://poliitika.postimees.ee/3149269/otseulekanne-kolme-erakonna-koalitsioonileping-saab-allkirjad 2015年4月8日閲覧。 
  12. ^ “Government falls as Social Democrats and IRL leave coalition”. ERR. (2016年11月7日). http://news.err.ee/v/news/952dcb2e-bb26-4c32-a87a-0a4f073fec01/government-falls-as-social-democrats-and-irl-leave-coalition 2016年11月7日閲覧。 
  13. ^ “Five parliamentary groups give Rõivas until 2 p.m. Wednesday to step down as prime minister”. ERR. (2016年11月8日). http://news.err.ee/v/news/a23bcd45-b840-468b-ad6f-7752ab30f10a/five-parliamentary-groups-give-roivas-until-2-pm-wednesday-to-step-down-as-prime-minister 2016年11月8日閲覧。 
  14. ^ “Prime Minister Taavi Rõivas not going to resign”. ERR. (2016年11月8日). http://news.err.ee/v/news/9fee9a3d-2a54-4f81-a6aa-aab84d057f05/prime-minister-taavi-roivas-not-going-to-resign 2016年11月8日閲覧。 
  15. ^ “Prime Minister loses no confidence vote, forced to resign”. ERR. (2016年11月9日). http://news.err.ee/v/news/b4f0b0a4-3586-41ee-aa40-6005b14809d2/prime-minister-loses-no-confidence-vote-forced-to-resign 2016年11月9日閲覧。 
  16. ^ “President appoints Jüri Ratas' government”. ERR. (2016年11月23日). http://news.err.ee/v/news/4b0f0519-304a-4333-8407-87ec49352ebd/president-appoints-juri-ratas-government 2016年11月23日閲覧。 
  17. ^ Viron tuleva pääministeri Taavi Rõivas, 34: Emme saa Suomea kiinni elintasossa - Viro - Ulkomaat - Helsingin Sanomat
  18. ^ Meie jaoks ei ole abielu tähtis - elu24.postimees.ee
  19. ^ Taavi Rõivas: see, et me Luisaga abielus ei ole, on piinlik lugu küll - elu24.postimees.ee
公職
先代:
ハンノ・ペヴクル英語版
 エストニア社会問題相
2012年 - 2014年
次代:
ヘルメン・キュット英語版
(社会保障相)
ウルマス・クルーセ英語版
(厚生労働相)
先代:
アンドルス・アンシプ
エストニアの旗 エストニアの首相
2014年 - 2016年
次代:
ユリ・ラタス