リモートデスクトップサービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ターミナルサービスから転送)
移動: 案内検索

リモートデスクトップサービスRDS、旧称:ターミナルサービス)とは、Windows Server にてマイクロソフトが提供している Remote Desktop Protocolサーバサービス。Windows Server 2008 R2 より名称がターミナルサービスからリモートデスクトップサービスに変更になった。

歴史[編集]

米国シトリックス・システムズWindows NT 3.51に対して、複数の端末から複数ユーザでログオンするための拡張機能として開発した『WinFrame』に端を発する技術である。1997年にマイクロソフトとシトリックス・システムズでこの技術の共同開発に踏み切り、それ以後、Windows 2000 Server以降ではオペレーティングシステム (OS) の標準機能として取り込まれた。『WinFrame』という商品自体は『MetaFrame』さらに『Citrix Presentation Server』と名前を変え、現在に至る。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]