タンナ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 南緯19度30分0秒 東経169度20分0秒 / 南緯19.50000度 東経169.33333度 / -19.50000; 169.33333

バヌアツにおけるタンナ島の位置
タンナ島とアニワ島

タンナ島(タンナとう、Tanna)は南太平洋バヌアツ共和国に存在するニューヘブリディーズ諸島を構成する島の一つで、イロマンゴ島と同じタフェア州に属する。40km×19km程の大きさで、面積は約550km² 。火山島であり、島南東の活火山ヤスール山では噴火口を目の当たりにする事が出来る。

歴史[編集]

イギリス海軍レゾリューション号を率いたジェームズ・クックが1774年8月にタンナ島東岸に到達し、その地をポート・レゾリューションと名づけ上陸した。1974年にフランス語系だったタンナ島はタンナ共和国として独立を宣言したが、フランス軍による島の制圧で終わった。

経済[編集]

バヌアツで最も肥沃な島の一つであり、カヴァコーヒーココヤシコプラ、その他の果実・野菜を産する。近年、火山景観や伝統文化に魅せられる観光客が増加し、観光業の重要性が増している[1]。観光資産保護のため、観光ガイドの免許は現地民に限られている。

宗教[編集]

カーゴ・カルトの一種であるジョン・フラム信仰が残っており、第二次大戦初期の米兵を神として信仰する奇祭が現在でも催されており、観光対象ともなっている。


  1. ^ https://theconversation.com/award-winning-film-tanna-sets-romeo-and-juliet-in-the-south-pacific-49874