タングラムスキーサーカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タングラムスキーサーカス
タングラム.JPG
尾根から北西を望む 奥は妙高山
所在地 長野県上水内郡信濃町古海3575-8
開業日 1989年
造設地形 斑尾山
標高 1,320 m - 800 m
標高差 520 m
最長滑走距離 2,500 m
最大傾斜 33
コース数 14本
コース面積 50 ha
索道数 6本
公式サイト tangram.jp/ski/
テンプレートを表示
株式会社タングラム斑尾
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
150-0043
東京都渋谷区道玄坂1丁目21番2号
代表者 代表取締役社長 磯目 伸二
資本金 6000万円
純利益 2億0309万4000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 15億6093万3000円(2019年03月31日時点)[1]
決算期 3月末日
テンプレートを表示

タングラムスキーサーカスは、長野県上水内郡信濃町大字古海にあるスキー場で、東急不動産1989年に開業させた複合リゾート施設。株式会社タングラム斑尾により運営される。

斑尾山の起伏を利用したスキー場となっている。スノーボードは全コース使用可能である。ホテルタングラムの目の前にあり、リフト券とセットになったプランもある。

また、タングラムと少し離れているペンションビレッジは、第6リフト乗り場に隣接しており、こちらもタングラムスキーサーカスを利用できるようになっている。

第1リフトの降り場から、斑尾高原スキー場へいけるようになっている(下欄に注意あり)。

リフト[編集]

リフトは、第1リフトから第6リフトまであり、

  • 第1、2、4、6リフトが二人乗りのペアリフト、
  • 第3リフトが4人乗りのクワッドリフト、
  • 第5リフトが4人乗りフード付のリフトである。

これとは別に、キッズパーク用の動く歩道もある。

(2006-2007シーズン現在。下欄も同様)

コース[編集]

  • スカイラブライン(上級コース)
  • レイクビューライン(上級)
  • キングスラローム(上級)
  • ジャックダウンヒル(上級)
  • ホワイトライン(上級)
  • ビレッジライン(上級)
  • クイーンズダウンヒル(上級~中級)
  • フォレストライン(中級~初級)
  • プライマリーライン(初級)
  • グリーンライン(初級)
  • マルチプレイライン(初級)
  • ファミリーライン(初級)
  • ハートランドライン(初級)

なお、ペンションビレッジ方面へは、ホワイトライン、パンタンラインを利用する。

注意点[編集]

  1. 斑尾高原スキー場へ行く場合は、斑尾山共通券を利用するか、別途斑尾高原スキー場で斑尾高原スキー場のチケットを購入する必要がある。
  2. 斑尾高原スキー場と違い、タングラムスキーサーカスは小学生以下も有料である。このため、斑尾高原スキー場側から来る場合は注意が必要である。
  3. 地図を見ると、両スキー場の連絡口は、2つあるが、下のほうの連絡口は、斑尾高原からタングラムスキー場方面のみとなっている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]