タンカ・プラサード・アーチャリヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タンカ・プラサード・アーチャリヤ英語: Tanka Prasad Acharyaネパール語: टंक प्रसाद आचार्य1912年 - 1992年4月23日)は、ネパール政治家首相ネパール人民評議会の創立リーダーである。1956年1月27日から1957年7月26日まで、ネパールの首相を務めている[1]

1992年4月23日腎不全のため病院で死去、80歳没[2]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』 明石書店、2003年 

関連項目[編集]