タワー111

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
タワー111
Tower 111.JPG
施設情報
所在地 富山県富山市牛島新町5番5号
座標 北緯36度42分11.8秒 東経137度12分58.3秒 / 北緯36.703278度 東経137.216194度 / 36.703278; 137.216194座標: 北緯36度42分11.8秒 東経137度12分58.3秒 / 北緯36.703278度 東経137.216194度 / 36.703278; 137.216194
状態 完成
建設期間 1994年(平成6年)4月27日竣工
用途 オフィス、多目的ホール、商業施設
建設費 約200億円
地上高
最頂部 120.5m(アンテナ架台最高部)
屋上 111.0m(高層棟)
各種諸元
階数 高層棟:地上22階、地下1階
低層棟:地上4階
敷地面積 5,633
建築面積 3,272
延床面積 35,745
エレベーター数 高層棟:一般用6台、非常用1台
低層棟:人荷用2台
関連企業
設計 三菱地所
施工 佐藤工業
所有者 スカイインテック
タワー111の位置(富山県内)
タワー111
呉羽山からみたタワー111(写真中央)と剱岳。2010年11月。

タワー111(タワートリプルワン)は、富山県富山市にある地上22階、地下1階の超高層ビル。情報通信企業のインテックの本社が入居し、登記上本店所在地となっている。

正式名称はインテックビル。建設当初の正式名称はインテック明治生命ビルだったが、インテックが明治安田生命保険の持ち分を買い取り[1]、名称変更された。

概要[編集]

インテックの創立30周年記念事業として建設され、1994年に完成。インテックのほかにもテナントが入居し、多目的ホールであるスカイホールがある。かつては最上階に一般開放された展望室があったが、現在はインテックホールディングスグループの受付があるため一般の来場者は利用できない。

オフィステナントとして、2004年日本海側初の国連関連機関である国連環境計画(UNEP)北西太平洋地域海行動計画(NOWPAP)地域調整部富山事務所が、また、同年、地元自治体の誘致活動により、米国AIGグループのAIU保険会社国内コールセンターと、同グループのアメリカンホーム保険会社のコールセンター[2]が入居した。

施設概要[編集]

名前の由来[編集]

愛称であるタワー111の由来は、高さが111メートルであることの他、インテックの前身である富山計算センター設立日である1月11日、インテックが東証2部に上場した日である11月1日、竣工年の1994年が富山県の置県111周年であることとなっている。

施設[編集]

など

主な入居企業[編集]

かつてはテレビ金沢富山支店も入居していたが現在は移転。

イベント[編集]

クリスマスシーズンになると、ビル南側の窓を活用しクリスマスツリーを浮かび上がらせる「クリスマスイルミネーション」を行っている(天皇誕生日の前後で年により実施日が異なる)。当日の模様はテレビや新聞[3]に必ず取り上げられ、地元では恒例行事となっている。

アクセス[編集]

その他[編集]

  • 建築敷地が三角形のため、敷地有効活用のため建物は八角形の棟を3つあわせた形となっている。
  • かつて22階にはレストランと展望室があったが、現在はインテックグループの受付となっている。
  • ビルの頂上には、チューリップテレビの情報カメラとSoftBankの基地局が設置されている。

脚注[編集]

  1. ^ タワー111の100%所有について(インテックのプレスリリース)
  2. ^ 富山市にAIUコンタクトセンター設立(AIU保険会社のプレスリリース)
  3. ^ 夜空にXマスツリー 富山・タワー111(2007年の北日本新聞社の記事)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]