シベリアマーモット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タルバガンから転送)
移動先: 案内検索
シベリアマーモット
シベリアマーモット
保全状況評価[1]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 齧歯目 Rodentia
亜目 : リス亜目 Sciuromorpha
: リス科 Sciuridae
: マーモット属 Marmota
: シベリアマーモット M. sibirica
学名
Marmota sibirica (Radde, 1862)[1]
和名
シベリアマーモット[2]
英名
Mongolian marmot
Siberian marmot
Tarbagan marmot
[1][2][3]

シベリアマーモットMarmota sibirica)は、齧歯目リス科マーモット属に分類される齧歯類。生息地ではタルバガンとも呼ばれる。

分布[編集]

中華人民共和国黒竜江省内モンゴル自治区)、モンゴルロシアトゥヴァ共和国ザバイカル[1][3]

形態[編集]

体長50 - 60センチメートル[1]体重6 - 8キログラム[3]、最大で9.8キログラム[1]。尾長は体長の50%以下[3]

分類[編集]

Marmota sibirica sibirica (Radde, 1862)
Marmota sibirica caliginosous Bannikov and Skalon, 1949[1]

生態[編集]

標高600 - 3,800メートルにある草原ステップ、低木林、半砂漠などに生息する[3]。ペアと幼獣(分散前の個体と新生児)からなる家族群(環境が悪ければ不定的で3 - 6匹、環境がよければ13 - 18匹に達する)を構成して生活する[3]。9月から巣穴で5 - 20匹が集まって冬眠するが、冬眠の期間は夏季の栄養状態や秋季の天候により変動がある[1]

食性は植物食で、主に草本を食べるが木の葉なども食べる[1][3]。捕食者はアカギツネハイイロオオカミヒグマユキヒョウワシタカ類などが挙げられる[3]

繁殖形態は胎生。冬眠から開けた4月に交尾を行う[1][3]。妊娠期間は40 - 42日[1][3]。5月下旬に1回に最大8匹(主に4 - 6匹)の幼獣を産む[3]。生後2年で性成熟するが、通常は生後3年で分散する[3]

人間との関係[編集]

モンゴルでは遊牧民が肉を食用とする[3]マルコ・ポーロも『東方見聞録』の中でタルタール人の食文化について「この辺り至る所の原野に数多いファラオ・ネズミも捕まえて食料に給する」と記述しており、この「ファラオ・ネズミ」はおそらくタルバガンだと考えられている。[4]。薬用とされることもあり、油が伝統的に火傷や凍傷、貧血などに効果があるとされている[3]。毛皮も利用され、スポーツハンティングの対象とされることもある[3]。 NHK h アジア自然紀行「草原の野生馬~モンゴル」によると、タルバガンは草原の地面に穴を掘るため、土壌の通気性を良くする役目を果たしているという。

腺ペストを媒介し、本種が原因とされるペストの流行で1911年に約50,000人、1921年に約9,000人が死亡した[3]。ペストに感染した本種の肉を、人間が食べることでも感染する[3]。そのため、生息地で衰弱したタルバガンの生体や死体を見つけても、近寄らない、触らない等の注意が必要である。また現地の人に勧められても、タルバガンを食べない勇気も必要である。心証を悪くしたくないので、どうしても食べなければならない場合は良く火を通してから、少量だけ食べるとよい[5]。モンゴルは数少ないペスト発生国であり、どこかで毎年のように発生し、死者も出る。モンゴルではタルバガンが主な感染源とされている。ペスト患者が出ると、その感染拡大を防ぐために集落や町全体を封鎖することも度々行われている。齧歯類全般、特に野生のものについてはペスト菌の保有を前提として取り扱うべきである。

731部隊はタルバガンを生物兵器ペストノミの生産に利用した。

毛皮目的の乱獲、ペストの媒介者としての駆除などにより生息数は激減している[1][3]。1990年代に生息数が約70%減少したと推定されている[1][3]。モンゴルでは1906 - 1994年に少なくとも102,400,000枚の毛皮が調達された[1][3]モンゴルでは法的に保護の対象とされているが、実効的な保護対策は行われていない[1][3]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Batbold, J., Batsaikhan, N., Tsytsulina, K. & Sukhchuluun, G. 2008. Marmota sibirica. The IUCN Red List of Threatened Species. Version 2015.2. <www.iucnredlist.org>. Downloaded on 14 July 2015.
  2. ^ a b 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科5 小型草食獣』、平凡社1986年、155頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u VanDusen, H. 2012. "Marmota sibirica" (On-line), Animal Diversity Web. Accessed July 14, 2015 at http://animaldiversity.org/accounts/Marmota_sibirica/
  4. ^ マルコ・ポーロ『完訳 東方見聞録1』愛宕松男訳注、平凡社、2000年、215ページ(第二章74節)。吉田 順一「モンゴル族の遊牧と狩猟--十一世紀〜十三世紀の時代」The Journal of Oriental researches 40(3), p512-547, 1981-12-00、519ページ。
  5. ^ 外務省:世界の医療事情/モンゴル外務省・2015年7月14日に利用)

関連項目[編集]