タリン歴史地区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世界遺産 タリン歴史地区
エストニア
タリンの旧市街
タリンの旧市街
英名 Historic Centre (Old Town) of Tallinn
仏名 Centre historique (vieille ville) de Tallinn
登録区分 文化遺産
登録基準 (2),(4)
登録年 1997年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
タリン歴史地区の位置
使用方法表示

タリン歴史地区(―れきしちく、Historic Center of Tallinn)は、エストニアの首都タリンの旧市街に残る歴史的遺産。1997年ユネスコ世界遺産文化遺産)に登録された。

概要[編集]

タリンの起源は、1219年デンマーク王バルデマール2世がエストニア人の要塞集落を占領し、そこに「トームペアと名付けた城塞を築いたことに始まる。

1285年にタリンはハンザ同盟に加わり、貿易港として発展。1346年にはデンマーク王バルデマール4世が市をドイツ騎士団に売却したことから、以後20世紀に至るまで、経済的・文化的にバルト・ドイツ人の影響を強く受けることとなる。その後は1561年スウェーデン領となり街は衰退、1710年にはロシア帝国領になった。

このような度重なる混乱や火災にも関わらず、タリンには旧市街を取り囲む城壁と、ドイツ人商館や豪奢な公共建築、教会建築などの13〜18世紀の建造物が非常に良好な状態で残されており、それが世界遺産に登録される要因となった。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

ギャラリー[編集]


外部リンク[編集]