タラバガニ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タラバガニ
タラバガニ
タラバガニ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 甲殻亜門 Crustacea
: 軟甲綱 Malacostraca
亜綱 : 真軟甲亜綱 Eumalacostraca
上目 : ホンエビ上目 Eucarida
: 十脚目(エビ目) Decapoda
亜目 : 抱卵亜目(エビ亜目)
Pleocyemata
下目 : 異尾下目(ヤドカリ下目)
Anomura
上科 : タラバガニ上科 Lithodoidea
: タラバガニ科 Lithodidae
学名
Lithodidae
和名
タラバガニ科
ハナサキガニ
Paralithodes brevipes
アブラガニ
Paralithodes platypus
イバラガニモドキ(北洋タラバガニ)
Lithodes aequispinus
チリイバラガニ(南タラバガニ)
Lithodes antarcticus
フサイバラガニの一種
Lopholithodes foraminatus
メンコガニの一種
Cryptolithodes sitchensis

タラバガニ科(タラバガニか、 Lithodidae)は、甲殻類十脚目(エビ目)異尾下目に分類される科。分類学上は、いわゆるカニ短尾下目)ではなく、ヤドカリヤドカリ下目)に属する。

「カニ」との違い[編集]

タラバガニ科の「カニ」は、形態的にも、分子系統学的にも、いわゆる「カニ」(短尾下目(カニ下目)、真正蟹類[1])ではない。形態上の「カニ」との大きな違いは、以下の点にある[2]

  • 歩行用のあしが3対6本しかないように見える[3][4]
カニは、ハサミ(第1脚)1対と、歩行用に発達した第2脚から第5脚のあし4対があるように見える[注 1]。タラバガニ科では、一見すると、ハサミ(第1脚)1対と、あし(第2脚・第3脚・第4脚)3対に見える。実際には第5脚が存在するが、短く、鰓室内に差し込まれている[2][1]。この脚は、歩行用としては退化しているようにみえるが、をきれいにするために用いられている[4][注 2]
  • 腹部が左右非対称である[3]
カニは、腹部が左右対称で、腹肢が両側にある。タラバガニ科では不相称で、とくにメスの腹部は右側にねじれ、腹肢は左側だけに残る[2][1]。また、俗に「カニのふんどし」と呼ばれる腹部の環節がカニに比べ柔らかい[1]
  • 第2触角の形状[3]
カニはごく短いが、タラバガニ科は糸状で長い[2]
  • ハサミの形状
左右非対称で[3]、カニに比べて長い[2]

特徴[編集]

「カニ」(真正蟹類)は、陸地・砂浜・磯・干潟・淡水など様々な環境に分布するが、タラバガニ科の多くは海底、それも深海に生息する[5]。多くは寒海性で、南方では深海に生息する[2]。繁殖期を別にすると、タラバガニは水深200メートルから300メートル程度の海底に棲み[6]イバラガニ属Lithodes)は水深400メートル(イバラガニ Lithodes turritus Ortmann, 1892)から1100メートル(キタイバラガニ Lithodes couesi J. E. Benedict, 1895[7][6]エゾイバラガニ属Paralomis)では水深300メートル(イガグリガニ Paralomis histrix (De Haan, 1849))から1400メートル(ゴカクエゾイバラガニ Paralomis verrilli (Benedict, 1895)[8][9]ニホンイバラガニ属Neolithodes)では水深600メートル(ニホンイバラガニ Neolithodes nipponensis Sakai, 1971)から1900メートル(アメリカイバラガニ Neolithodes agassizii (S. I. Smith, 1882)[10]、といった具合である。

タラバガニのように若い時期に水温や日長に季節変動がある比較的浅い海域に棲むものもあるが、イバラガニなどが棲む深い海底では季節による環境変化が乏しいし、食物や酸素も少ない。タラバガニ科のなかには、硫化水素やメタン・アンモニアなどを湧出する深海の噴出孔付近で、細菌類が化学合成する化合物を餌としているものもみられる[11]。一般にこの仲間は卵が大きく数が少なく、幼生も大きく成長が進んだ状態で孵化する傾向があり、これらは寒い環境への適応と考えられている[12][13]。海洋では暖かくなる春になるとエサとなるプランクトンが増えるが、深海ではそうした季節変動がないので、生活環や繁殖期が季節に依存しない[13][5]。ふつう「カニ」の多くは、同時に授精した卵はほぼ同時に孵化をするが、水深550メートルから1100メートルに棲むキタイバラガニイバラガニモドキLithodes aequispinus J. E. Benedict, 1895)では、数日から数週間かけて少しづつ孵化をする[12]。これは、一斉に孵化すると周囲に餌となる養分が不足してしまうからではないかと考えられている[12]アブラガニグラウコトエ幼生のときに食事を必要としないし[13]、イバラガニは卵黄が大きく最初から豊富な栄養を貯えて生まれるので幼生は食事を必要とせず[5][13]、エゾイバラガニ属の一種(Paralomis spinosissima)は、14ヶ月の幼生期間を、卵黄からの栄養だけで過ごす[13]。イバラガニモドキが幼生期を何段階かスキップして成長するのも、エネルギー節約のためと考えられている[12]

タラバガニ科には細く長い脚・大きな鰓室を発達させている大型種が多く、これは酸素の少ない海底に適応した結果と考えられている[14][5]。なお、タラバガニ科に限定したことではないが、深海の甲殻類の外観が赤いのは、深海には日光のうち赤スペクトルの光線が届かないため、捕食者から発見されにくくなっているとためというのが通説である[5]

大型種が多いタラバガニ科は水産の面で重要なものが多い。とくに重要なのは北半球に生息するタラバガニ、南半球のチリイバラガニLithodes antarcticus Hombron & Jacquinot, 1844、商業上は「ミナミタラバガニ」等と称する)など[2]。タラバガニは、この科のなかでは比較的浅い海底に生息していて、とくに2歳から4歳の若いうちは防御のために数千匹からなる群を形勢する[15]。この方法は捕食者から身を守る上では有効だったが、トロール漁によって根こそぎ捕獲されるリスクに晒された[15]。トロール漁は、アラスカ沖でタラバガニの個体数が激減した原因と目されており、禁止された[15]。欧米で「golden king crab」(キンイロタラバガニ)と呼ばれるイバラガニモドキ[注 3]は、幼生期が短いうえに、ほとんど卵黄の栄養だけで成長することから、アメリカでは養殖の有力候補とされている[17]

欧米ではタラバガニ属もイバラガニ属も「king crab」と呼ばれる。タラバガニ属とイバラガニ属では腹節の構造に違いがあり、タラバガニ属は腹部の節が膜で細分化され第2腹節は5節に分かれているのに対し、イバラガニ属は細分化されておらず第2腹節は3節からなる[2][18]

近年の研究[編集]

近年、ニュージーランド、オーストラリア、南極海方面で、タラバガニ科の新種が23種発見されている[19]。このうちニュージーランドで5種、オーストラリアで5種、そして4種は両地域で発見された[19]。2006年には、南極海のライギョダマシの胃のなかからエゾイバラガニ属の新種(Paralomis stevensi Ahyong & Dawson, 2006)が見つかっている[19]。2009年にも新種4種が発見された[19]

2010年に世界規模での海洋調査が行われた結果、主に深海で、数千種類の新種の海洋生物が発見された[19]。2012年の時点では、このうちおよそ5000種は、まだ分類も命名もされていない[19]

分類[編集]

概要[編集]

メンコガニ属[編集]

Cryptolithodes Brandt, 1848[20]
メンコガニ属[21]

命名者, 年 和名 英名
Cryptolithodes expansus Miers, 1879[20] メンコガニ[22][8][23] Hidden stone crab[22]
Cryptolithodes sitchensis Brandt, 1853[20] umbrella crab
Cryptolithodes typicus Brandt, 1848[20] butterfly crab

Glyptolithodes属[編集]

Glyptolithodes Faxon, 1895[24]

命名者, 年 和名 英名
Glyptolithodes cristatipes (Faxon, 1893)
  • Glyptolithodes cristatipesは、以前はRhinolithodes cristatipes Faxon, 1893として、Rhinolithodes属に分類されていた[24]

イバラガニ属[編集]

Lithodes Latreille, 1806[25]
イバラガニ属[26]

命名者, 年、シノニム 和名(別名・俗名・商品名等) 英名
Lithodes aequispinus J. E. Benedict, 1895[25]

 Lithodes aequispina Benedict, 1895[27]
 Paralithodes longirostris Navozov-Lavrov, 1929[27]

イバラガニモドキ[28][29][2][30][27]

ホクヨウイバラガニ[28][2][30][27]
ホクヨウタラバガニ[16]
タラバガニ[2]
イバラガニ[2][16][17]
キンイロタラバガニ[31]

golden king crab[16]
brown king crab[16]
northen king crab[28][2]
king crab[16]
Lithodes ahyongi Takeda, 2018[25]
Lithodes aotearoa Ahyong, 2010[25]
Lithodes australiensis Ahyong, 2010[25]
Lithodes ceramensis Takeda & Nagai, 2004[25]
Lithodes chaddertoni Ahyong, 2010[25]
Lithodes confundens Macpherson, 1988[25]
Lithodes couesi J. E. Benedict, 1895[25] キタイバラガニ[6][30][32][33]
シュイロタラバガニ[30]
scarlet king crab[32]
Lithodes ferox Filhol, 1885[25]
Lithodes formosae Ahyong & Chan, 2010[25]
Lithodes galapagensis Hall & Thatje, 2009[25]
Lithodes jessica Ahyong, 2010[25]
Lithodes longispina Sakai, 1971[25]

 Lithodes longispinus Sakai, 1971[34]

ハリイバラガニ[29][34]
Lithodes macquariae Ahyong, 2010[25]
Lithodes maja (Linnaeus, 1758)[25] Norway king crab
Lithodes mamillifer Macpherson, 1988[25]
Lithodes mandtii
Lithodes manningi Macpherson, 1988[25]
Lithodes megacantha Macpherson, 1991[25]
Lithodes murrayi Henderson, 1888[25] テシオイバラガニ[35]
Lithodes nintokuae Sakai, 1976[25]
Lithodes panamensis Faxon, 1893[25]
Lithodes paulayi Macpherson & Chan, 2008[25]
Lithodes rachelae Ahyong, 2010[25]
Lithodes richeri Macpherson, 1990[25]
Lithodes robertsoni Ahyong, 2010[25]
Lithodes antarcticus Hombron & Jacquinot, 1844[36][2]

 Lithodes santolla (Molina, 1782)[25]

チリイバラガニ[37][2]
セントージャ[36]
サザンキングクラブ
南タラバガニ
Southern king crab[36]
(アルゼンチン・チリ)Centolla[36]
(フランス語)Crabe royal patagonien[36]
(スペイン語)Centolla patagonica[36]
Chilean king crab
stone-crab[36]
Lithodes turkayi Macpherson, 1988[25] South Atlantic king crab
Lithodes turritus Ortmann, 1892[25] イバラガニ[38][28][7][36][2][39]
タラバガニ[2]
アカガニ[2]
stone-crab[36]
king crab[2]
Lithodes unicornis Macpherson, 1984[25]
Lithodes wiracocha Haig, 1974[25]
  • 代表種イバラガニの種小名「turritus」は「塔をもつ」という意味で、特徴的な突き出た額角を指す[39]
  • 商業上は、イバラガニモドキは「イバラガニ」との商品名で取引されることが多い。この種はかつて「北洋タラバガニ(ホクヨウタラバガニ)」の商品名で流通されていたが、日本国内ではこの名称の使用は禁止された[16]

フサイバラガニ属[編集]

Lopholithodes Brandt, 1848[40]
フサイバラガニ属[41]

命名者, 年 和名 英名
Lopholithodes foraminatus (Stimpson, 1859)[42][40] brown box crab
Lopholithodes mandtii Brandt, 1848[40] Puget Sound king crab

ニホンイバラガニ属[編集]

Neolithodes A. Milne-Edwards & Bouvier, 1894[43]
ニホンイバラガニ属[44]

命名者, 年 和名 英名
Neolithodes agassizii (S. I. Smith, 1882)[43] アメリカイバラガニ[10]
アガシイバラガニ[45]
Neolithodes asperrimus Barnard, 1947[43]
Neolithodes brodiei Dawson & Yaldwyn, 1970[43]
Neolithodes bronwynae Ahyong, 2010[43]
Neolithodes capensis Stebbing, 1905[43]
Neolithodes diomedeae (J. E. Benedict, 1895)[43]
Neolithodes duhameli Macpherson, 2004[43]
Neolithodes flindersi Ahyong, 2010[43]
Neolithodes grimaldii (A. Milne-Edwards & Bouvier, 1894)[43]
Neolithodes indicus Padate, Cubelio & Takeda, 2020[43]
Neolithodes nipponensis Sakai, 1971[43] ニホンイバラガニ[46][10][47]
Neolithodes vinogradovi Macpherson, 1988[43]
Neolithodes yaldwyni Ahyong & Dawson, 2006[43]

タラバガニ属[編集]

Paralithodes Brandt, 1848[48]
タラバガニ属[49]

命名者, 年 和名 英名
Paralithodes brevipes (H. Milne Edwards & Lucas, 1841)[48]

 Lithodes brevipes H. Milne Edwards & Lucas, 1841[50]

ハナサキガニ[46][51][2][52]

コンブガニ[53]
イソガニ[53]
ロスケガニ[52]

king crab[46][36]
Hanasaki-crab[36][2]

blue king crab[2]

Paralithodes californiensis (J. E. Benedict, 1895)[48][54] California king crab
Paralithodes camtschaticus (Tilesius, 1815)[55][48][46][2][30][56]

Paralithodes camtschatica[55][48][6][46][18][注 4]
 Paralithodes rostrofalcatus MacKay, 1932[55]
 Lithodes japonicus De Haan, 1849[55]
 Lithodes spinosissimus Brandt, 1848[55]
 Maja camtschatica Tilesius, 1815[55]

タラバガニ[46][6][57]

キングクラブ[2]
イバラガニ[58]
タラガニ[58]
ヲタルガニ[58]
アカタラバガニ[31]

red king crab[36]

king crab[36]
Alaska king crab[46][36]
Alaskan king crab[2]

Paralithodes platypus Brandt, 1850[2][48]

 Lithodes platypus Brandt, 1850[59]

アブラガニ[46][51][36][2]

アオガニ[46][2][60][61]
アヲガニ[18]
アオタラバガニ[62][31]
アブラタラバ[61]
ロスケガニ[18]

blue king crab[36][2][61]

Abura-crab[36][2]
king crab[36]

Paralithodes rathbuni (J. E. Benedict, 1895)[48] spiny king crab
  • アブラガニは、かつては「タラバガニ」「アブラタラバ」などの商品名で売買されていたが、日本国内では今はこの名称は禁止されている[61]

エゾイバラガニ属[編集]

Paralomis White, 1856[63]
エゾイバラガニ属[64]

  • (シノニム)Leptolithodes Benedict, 1895[64]
  • (シノニム)Pristopus Benedict, 1895[64]
命名者, 年 和名 英名
Paralomis aculeata Henderson, 1888[63]
Paralomis africana Macpherson, 1982[63]
Paralomis alcockiana Hall & Thatje, 2009[63]
Paralomis alis Ahyong, 2020[63]
Paralomis anamerae Macpherson, 1988[63]
Paralomis arae Macpherson, 2001[63]
Paralomis arethusa Macpherson, 1994[63]
Paralomis aspera Faxon, 1893[63]
Paralomis birsteini Macpherson, 1988[63]
Paralomis bouvieri Hansen, 1908[63]
Paralomis ceres Macpherson, 1989[63]
Paralomis chilensis Andrade, 1980[63]
Paralomis cristata Takeda & Ohta, 1979[63] ヒラアシエゾイバラガニ[8][65]
Paralomis cristulata Macpherson, 1988[63]
Paralomis cubensis Chace, 1939[63]
Paralomis danida Takeda & Bussarawit, 2007[63]
Paralomis dawsoni Macpherson, 2001[63]
Paralomis debodeorum Feldmann, 1998 †
Paralomis diomedeae (Faxon, 1893)[63]
Paralomis dofleini Balss, 1911[63] ツブエゾイバラガニ[66][67]
Paralomis echidna Ahyong, 2010[63]
Paralomis elongata Spiridonov, Türkay, Arntz & Thatje, 2006[63]
Paralomis erinacea Macpherson, 1988[63]
Paralomis formosa Henderson, 1888[63]
Paralomis gowlettholmes Ahyong, 2010[63]
Paralomis granulosa (Hombron & Jacquinot, 1846)[63] パタゴニアエゾイバラガニ[68]
Paralomis grossmani Macpherson, 1988[63]
Paralomis haigae Eldredge, 1976[63]
Paralomis hirtella de Saint Laurent & Macpherson, 1997[63]
Paralomis histrix (De Haan, 1849)[69][63] イガグリガニ[2]
Paralomis hystrix (De Haan, 1846)[70]
 Paralomis hystrix (De Haan, 1844)[28]
イガグリガニ[28][8]
Paralomis hystrixoides Sakai, 1980[71][63] イガグリガニモドキ[71]
Paralomis inca Haig, 1974[63]
Paralomis indica Alcock & Anderson, 1899[63]
Paralomis investigatoris Alcock & Anderson, 1899[63]
Paralomis jamsteci Takeda & Hashimoto, 1990[63] エンセイエゾイバラガニ[72]
Paralomis japonicus Balss, 1911
 Paralomis japonica[73][66][74][63]
コフキエゾイバラガニ[73][66][74]
Paralomis kyushupalauensis Takeda, 1985[63]
Paralomis longidactylus Birstein & Vinogradov, 1972[63]
Paralomis longipes Faxon, 1893[63]
Paralomis macphersoni Munoz & Garcia-Isarch, 2013[63]
Paralomis makarovi Hall & Thatje, 2009[63]
Paralomis manningi Williams, Smith & Baco, 2000[63]
Paralomis medipacifica Takeda, 1974[63]
Paralomis mendagnai Macpherson, 2003[63]
Paralomis microps Filhol, 1884[63]
Paralomis multispina (Benedict, 1895)[63]
 Leptolithodes multispinus Benedict, 1895[75]
エゾイバラガニ[9][2][75]
Paralomis nivosa Hall & Thatje, 2009[63]
Paralomis ochthodes Macpherson, 1988[63]
Paralomis odawarai (Sakai, 1980)[63]
 Lopholithodes odawarai Sakai, 1980[76]
オダワラフサイバラガニ[76]
Paralomis okitoriensis Takeda, 2019[63]
Paralomis otsuae Wilson, 1990[63]
Paralomis pacifica Sakai, 1978[63]
Paralomis papillata (Benedict, 1895)[63]
Paralomis papua Ahyong, 2020[63]
Paralomis pectinata Macpherson, 1988[63]
Paralomis phrixa Macpherson, 1992[63]
Paralomis poorei Ahyong, 2010[63]
Paralomis roeleveldae Kensley, 1981[63]
Paralomis seagranti Eldredge, 1976[63]
Paralomis serrata Macpherson, 1988[63]
Paralomis sonne Guzman, 2009[63]
Paralomis spectabilis Hansen, 1908[63]
Paralomis spinosissima Birstein & Vinogradov, 1972[63]
Paralomis staplesi Ahyong, 2010[63]
Paralomis stella Macpherson, 1988[63]
Paralomis stevensi Ahyong & Dawson, 2006[63]
Paralomis taylorae Ahyong, 2010[63]
Paralomis truncatispinosa Takeda & Miyake, 1980[63]
 Paralomis heterotuberculata Tung, Yang & Li, 1984[77]
イボエゾイバラガニ[77]
Paralomis tuberipes Macpherson, 1988[63]
Paralomis verrilli (Benedict, 1895)[63]
 Pristopus verrilli Benedict, 1895[78]
ゴカクエゾイバラガニ[73][9][78]

イボイバラガニ[78]
コブイバラガニ[78]

Paralomis webberi Ahyong, 2010[63]
Paralomis zealandica Dawson & Yaldwyn, 1971[63]

Phyllolithodes属[編集]

Phyllolithodes Brandt, 1848[79]

命名者, 年 和名 英名
Phyllolithodes papillosus Brandt, 1848[79]

Rhinolithodes属[編集]

Rhinolithodes Brandt, 1848[80]

命名者, 年 和名 英名
Rhinolithodes wosnessenskii Brandt, 1848[80]

Sculptolithodes属[編集]

Sculptolithodes Makarov, 1934[81]
エリタラバガニ属[82]

命名者, 年 和名 英名
Sculptolithodes derjugini Makarov, 1934[81] エリタラバガニ[83]

かつてタラバガニ科に分類されていたもの[編集]

ショウジョウガニ・イボトゲガニ

かつてショウジョウガニ Hapalogastridae grebnitzkii Schalfeew, 1892 、イボトゲガニ  Hapalogaster dentata De Haan, 1814 などは、「ショウジョウガニ亜科[1]」(Hapalogastrinae)としてタラバガニ科の下位におかれていた[1][84]。いまは「イボトゲガニ科」として独立している。

シワガニ(Dermaturus mandtii[85]、イボガニ(OedignathusO.inermis[86])も同様に、かつてはタラバガニ科ショウジョウガニ亜科に分類されていたが、いまはイボトゲガニ科の下位におかれている。

旧分類
現分類

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 生物学的には、十脚目の「ハサミ」と「脚」はいずれも「脚」であり、ハサミのことを「第1脚」、以下の脚を「第2脚」から「第5脚」と呼ぶ。したがって十脚目の「脚」は5対10本である。
  2. ^ 一般的な「ヤドカリ」の場合には、ハサミ(第1脚)とあし2対で歩行し、残りのあしは、自身が潜り込んでいる巻貝を保持するために使用されている[4]
  3. ^ 日本国内では、かつては「タラバガニ」「北洋タラバガニ」の商品名がつけられて流通していたが、現在はこの名称での取引が禁止されている[16]
  4. ^ 属名は男性形の「-des」のため、種小名の性も揃えると「-cus」となる[46]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 佐藤栄、『タラバガニと其の漁業』、pp.1 - 5 「第1章 タラバガニと生物學 2.種類」
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af 『食材魚貝大百科 第1巻 エビ・カニ+魚類』、pp.34 - 37「タラバガニの仲間」
  3. ^ a b c d 岡本信男、『工船蟹漁業の実際』、pp.83 - 84 「カニの種類」
  4. ^ a b c ジュディス・S・ワイス、『カニの不思議』、p.20
  5. ^ a b c d e ジュディス・S・ワイス、『カニの不思議』、pp.53-55
  6. ^ a b c d e 武田正倫、『原色甲殻類検索図鑑』、p.74
  7. ^ a b 武田正倫、『原色甲殻類検索図鑑』、p.72
  8. ^ a b c d 武田正倫、『原色甲殻類検索図鑑』、p.79
  9. ^ a b c 武田正倫、『原色甲殻類検索図鑑』、p.77
  10. ^ a b c 武田正倫、『原色甲殻類検索図鑑』、p.76
  11. ^ ジュディス・S・ワイス、『カニの不思議』、p.60
  12. ^ a b c d ジュディス・S・ワイス、『カニの不思議』、p.106
  13. ^ a b c d e ジュディス・S・ワイス、『カニの不思議』、p.111
  14. ^ David A Somerton(ワシントン大学)、“Contribution to the life history of the deep-sea king crab, Lithodes couesi, in the Gulf of Alaska (PDF) ”、Fishery Bullet 79、1981。2020年11月19日閲覧。
  15. ^ a b c ジュディス・S・ワイス、『カニの不思議』、pp.138-139
  16. ^ a b c d e f g マルハニチロ株式会社、おさかなギャラリー、イバラガニモドキ。2020年11月23日閲覧。
  17. ^ a b ジュディス・S・ワイス、『カニの不思議』、p.268
  18. ^ a b c d 丸川久俊、「たらばがに調査」、pp.1 - 10 「第一章 種類及び分布」
  19. ^ a b c d e f ジュディス・S・ワイス、『カニの不思議』、p.13
  20. ^ a b c d World Register of Marine Species、Cryptolithodes J.F. Brandt, 1848。2020年11月19日閲覧。
  21. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Cryptolithodes Brandt, 1848 メンコガニ属。2020年11月20日閲覧。
  22. ^ a b 三宅貞祥、『原色日本大型甲殻類図鑑(Ⅰ)』、p.140
  23. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Cryptolithodes expansus Miers, 1879 メンコガニ。2020年11月20日閲覧。
  24. ^ a b World Register of Marine Species、Glyptolithodes Faxon, 1895。2020年11月19日閲覧。
  25. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae World Register of Marine Species、Lithodes Latreille, 1806。2020年11月19日閲覧。
  26. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Lithodes Latreille, 1806 イバラガニ属。2020年11月20日閲覧。
  27. ^ a b c d 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Lithodes aequispinus Benedict, 1895 イバラガニモドキ/ホクヨウイバラガニ。2020年11月20日閲覧。
  28. ^ a b c d e f 三宅貞祥、『原色日本大型甲殻類図鑑(Ⅰ)』、p.137
  29. ^ a b 武田正倫、『原色甲殻類検索図鑑』、p.73
  30. ^ a b c d e ジュディス・S・ワイス、『カニの不思議』、p.30
  31. ^ a b c ジュディス・S・ワイス、『カニの不思議』、pp.237-240
  32. ^ a b マルハニチロ株式会社、おさかなギャラリー、キタイバラガニ。2020年11月23日閲覧。
  33. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Lithodes couesi Benedict, 1894 キタイバラガニ。2020年11月20日閲覧。
  34. ^ a b 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Lithodes longispina Sakai, 1971 ハリイバラガニ。2020年11月20日閲覧。
  35. ^ 国立研究開発法人 水産研究・教育機構 開発調査センター、「デジタル図鑑」、「パタゴニア海域の重要水族」、節足動物門 甲殻綱 十脚目 タラバガニ科、テシオイバラガニ。2020年11月23日閲覧。
  36. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 『商用魚介名ハンドブック(3訂版) ― 学名・和名・英名・その他外国名 ―』、pp.136 - 137
  37. ^ 国立研究開発法人 水産研究・教育機構 開発調査センター、「デジタル図鑑」、「パタゴニア海域の重要水族」、節足動物門 甲殻綱 十脚目 タラバガニ科、チリイバラガニ。2020年11月23日閲覧。
  38. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Lithodes turritus Ortmann, 1892 イバラガニ。2020年11月20日閲覧。
  39. ^ a b マルハニチロ株式会社、おさかなギャラリー、イバラガニ。2020年11月23日閲覧。
  40. ^ a b c World Register of Marine Species、Lopholithodes J.F. Brandt, 1848。2020年11月19日閲覧。
  41. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Lopholithodes Brandt, 1848 フサイバラガニ属。2020年11月20日閲覧。
  42. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Lopholithodes foraminatus (Stimpson, 1859)。2020年11月20日閲覧。
  43. ^ a b c d e f g h i j k l m n World Register of Marine Species、Neolithodes A. Milne-Edwards & Bouvier, 1894。2020年11月19日閲覧。
  44. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Neolithodes A. Milne-Edwards & Bouvier, 1894 ニホンイバラガニ属。2020年11月20日閲覧。
  45. ^ 国立研究開発法人 水産研究・教育機構 開発調査センター、「デジタル図鑑」、「スリナム・ギアナ沖の甲殻類および軟体類」、節足動物門 甲殻綱 十脚目 タラバガニ科、アガシイバラガニ。2020年11月23日閲覧。
  46. ^ a b c d e f g h i j 三宅貞祥、『原色日本大型甲殻類図鑑(Ⅰ)』、p.139
  47. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Neolithodes nipponensis Sakai, 1971 ニホンイバラガニ。2020年11月20日閲覧。
  48. ^ a b c d e f g World Register of Marine Species、Paralithodes J.F. Brandt, 1848。2020年11月19日閲覧。
  49. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Paralithodes Brandt, 1849 タラバガニ属。2020年11月20日閲覧。
  50. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Paralithodes brevipes (H. Milne-Edwards & Lucas, 1841) ハナサキガニ。2020年11月20日閲覧。
  51. ^ a b 武田正倫、『原色甲殻類検索図鑑』、p.75
  52. ^ a b 瓜田友衛、『タラバガニの話』、pp.3 - 4 「ハナサキガニ」
  53. ^ a b マルハニチロ株式会社、おさかなギャラリー、ハナサキガニ。2020年11月23日閲覧。
  54. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Paralithodes californiensis (Benedict, 1894)。2020年11月20日閲覧。
  55. ^ a b c d e f 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Paralithodes camtschaticus (Tilesius, 1815) タラバガニ。2020年11月20日閲覧。
  56. ^ マルハニチロ株式会社、おさかなギャラリー、タラバガニ。2020年11月23日閲覧。
  57. ^ 瓜田友衛、『タラバガニの話』、pp.6 - 9 「タラバガニ」
  58. ^ a b c 三宅好美、『工船蟹漁業の話』、pp.9 -10 「動物學上の分類及形態並經濟價値」
  59. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Paralithodes platypus (Brandt, 1850) アブラガニ。2020年11月20日閲覧。
  60. ^ 瓜田友衛、『タラバガニの話』、pp.4 - 6 「アオガニ」
  61. ^ a b c d マルハニチロ株式会社、おさかなギャラリー、アブラガニ。2020年11月23日閲覧。
  62. ^ 瓜田友衛、『タラバガニの話』、p.3 「種類」
  63. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt World Register of Marine Species、Paralomis White, 1856。2020年11月19日閲覧。
  64. ^ a b c 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Paralomis White, 1856 エゾイバラガニ属。2020年11月20日閲覧。
  65. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Paralomis cristata Takeda & Ohta, 1979 ヒラアシエゾイバラガニ。2020年11月20日閲覧。
  66. ^ a b c 武田正倫、『原色甲殻類検索図鑑』、p.78
  67. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Paralomis dofleini Balss, 1911 ツブエゾイバラガニ。2020年11月20日閲覧。
  68. ^ 国立研究開発法人 水産研究・教育機構 開発調査センター、「デジタル図鑑」、「パタゴニア海域の重要水族」、節足動物門 甲殻綱 十脚目 タラバガニ科、パタゴニアエゾイバラガニ。2020年11月23日閲覧。
  69. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Paralomis histrix (De Haan, 1849)。2020年11月20日閲覧。
  70. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Paralomis hystrix (De Haan, 1846) イガグリガニ。2020年11月20日閲覧。
  71. ^ a b 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Paralomis hystrixoides Sakai, 1980 イガグリガニモドキ。2020年11月20日閲覧。
  72. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Paralomis jamsteci Takeda & Hashimoto, 1990 エンセイエゾイバラガニ。2020年11月20日閲覧。
  73. ^ a b c 三宅貞祥、『原色日本大型甲殻類図鑑(Ⅰ)』、p.138
  74. ^ a b 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Paralomis japonicus Balss, 1911 コフキエゾイバラガニ。2020年11月20日閲覧。
  75. ^ a b 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Paralomis multispina (Benedict, 1895) エゾイバラガニ。2020年11月20日閲覧。
  76. ^ a b 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Paralomis odawarai (Sakai, 1980) オダワラフサイバラガニ。2020年11月20日閲覧。
  77. ^ a b 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Paralomis truncatispinosa Takeda & Miyake, 1980 イボエゾイバラガニ。2020年11月20日閲覧。
  78. ^ a b c d 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Paralomis verrilli (Benedict, 1895) ゴカクエゾイバラガニ/イボイバラガニ/コブイバラガニ。2020年11月20日閲覧。
  79. ^ a b World Register of Marine Species、Phyllolithodes J.F. Brandt, 1848。2020年11月19日閲覧。
  80. ^ a b World Register of Marine Species、Rhinolithodes J.F. Brandt, 1848。2020年11月19日閲覧。
  81. ^ a b World Register of Marine Species、Sculptolithodes Makarov, 1934。2020年11月19日閲覧。
  82. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Sculptolithodes Makarov, 1934 エリタラバガニ属。2020年11月20日閲覧。
  83. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Sculptolithodes derjugini Makarov, 1934 エリタラバガニ。2020年11月20日閲覧。
  84. ^ a b c d e 三宅貞祥、『原色日本大型甲殻類図鑑(Ⅰ)』、p.133
  85. ^ 武田正倫、『原色甲殻類検索図鑑』、p.80
  86. ^ 武田正倫、『原色甲殻類検索図鑑』、p.81
  87. ^ a b c d 三宅貞祥、『原色日本大型甲殻類図鑑(Ⅰ)』、p.134
  88. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Lithodoidea Samouelle, 1819。2020年11月20日閲覧。
  89. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Lithodidae Samouelle, 1819 タラバガニ科。2020年11月20日閲覧。
  90. ^ 国立研究開発法人海洋研究開発機構、Biological Information System for Marine Life(BISMaL)、Hapalogastridae Brandt, 1850。2020年11月20日閲覧。

書誌情報[編集]

  • 三宅好美(農林技師)・松谷三郎:共著、『工船蟹漁業の話』、日本水政新報社、1928年。
  • 丸川久俊:著、「たらばがに調査」(水産試験場報告第4号別刷)、日本蟹罐詰業水産組合聯合会、1933年。
  • 瓜田友衛:著、樺太廳博物館叢書2『タラバガニの話』、樺太文化振興會、1940年。
  • 佐藤栄(北海道水産試験場):著、『タラバガニと其の漁業』(水産科学叢書第四輯)、北方出版社、1949年。
  • 岡本信男:著、『工船蟹漁業の実際』、水産週報社、いさな書房。1957年。ASIN : B000JAPGFU
  • 武田正倫:著、『原色甲殻類検索図鑑』、北隆館、1982年。
  • 三宅貞祥:著、『原色日本大型甲殻類図鑑(Ⅰ)』、保育社、1982年。
  • 『食材魚貝大百科 第1巻 エビ・カニ+魚類』、平凡社、1999年。ISBN 4-582-54571-8
  • 社団法人日本水産物貿易協会:編、『商用魚介名ハンドブック(3訂版) ― 学名・和名・英名・その他外国名 ―』、成山堂書店、2000年(初版)、2005年(3訂版)。ISBN 4-425-82783-X
  • ジュディス・S・ワイス:著、長野敬・長野郁:訳、『カニの不思議』(原題:“Walking Sideways: The Remarkable World of Crabs”、2012)、青土社、2015年(第1刷)。ISBN 978-4-7917-6839-4

関連項目[編集]