タミル語訳聖書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タミル語訳聖書(タミルごやくせいしょ、英語: )では、キリスト教聖書タミル語への翻訳を扱う。タミル語はドラヴィダ語族に属する言語で、南インドのタミル人の言語で、タミル・ナードゥ州公用語である。またスリランカシンガポールでは国の公用語の一つにもなっている。

歴史[編集]

デンマーク・ドイツ合同ミッションの出版[編集]

タミル語への翻訳は、1706年にドイツ人のバルトロメウス・ジーゲンバルク(Bartholomäus Ziegenbalg)がインドコロマンデル海岸デンマーク東インド会社領内にあるトランケバール・ミッション(Tranquebar Mission)へ到着した時に始まる[1]。彼は5年以内に『新約聖書』の翻訳を終えて、1714年に出版した。『旧約聖書』の翻訳は彼が途中までで亡くなるが、 ベンヤミン・シュルツェ(Benjamin Schultze)が引き継いで、1728年にはトランケバールで出版された。また別のドイツ人のフィリップ・ファブリウス(Philip Fabricius)もタミル語翻訳をしていて、1777年に出版した。

イギリス・ミッションの出版[編集]

19世紀に英国外国聖書協会が設立されて、ウイリアム・ケアリーのインドの言語への翻訳が議題に上った。最初のタミル語翻訳は英国聖公会宣教協会で来ていたC.T.E.リーニウス(C. T. E. Rhenius)に依頼されて、彼は1833年に『新約聖書』を出し、1850年にはファブリシウスの『旧約聖書』と共に「ジャフナ翻訳」(Jaffna translation)として出版された。これは受けがよくなかったので、イギリス海外福音伝道会で来ていたヘンリー・バワー(Henry Bower)を中心とする委員会に委ねられて、この「バウアー委員会版」は1863年に新約を、1868年に旧約を出版した。しかし、この版も北セイロンから不満が寄せられて、両サイドが受け入れる「ユニオン版」(Union version)が1871年に出版されて、これがそれまでの翻訳を全て、インドでもセイロンでも、置き換えることになった。

現状[編集]

インド聖書協会[編集]

インド聖書協会ではタミル語聖書を発行していて、これはインドのプロテスタントが使っている。

フリー・バイブル・インディア[編集]

フリー・バイブル・インディアはChurch centric bible translationと協力してタミル語聖書をオンラインで配布している[2]

現代語版[編集]

現代語版への翻訳が進行中であったが、ほぼ終わっていて、間もなく発行される予定である。

翻訳の例[編集]

翻訳書 タミル語 ヨハネ3:16
The Bible in Tamil[3] தேவன், தம்முடைய ஒரேபேறான குமாரனை விசுவாசிக்கிறவன் எவனோ அவன் கெட்டுப்போகாமல் நித்தியஜீவனை அடையும்படிக்கு, அவரைத் தந்தருளி, இவ்வளவாய் உலகத்தில் அன்புகூர்ந்தார்.

参照項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Dennis Hudson (2000) Protestant Origins in India: Tamil Evangelical Christians, 1706-1835; p. 142:- Bible Translation: "Bible translation into Tamil had been going on, of course, since Ziegenbalg landed in Tranquebar in 1706. These more recent efforts to revise Scripture now came from the British at the Company's headquarters ..."
  2. ^ タミル語聖書
  3. ^ The Bible in Tamil (Wordproject.org)

外部リンク[編集]