タマン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タマン語
तामाङ
話される国 ネパールの旗 ネパール
インドの旗 インド
 ブータン
地域 南アジア
話者数 約100万人
言語系統
表記体系 チベット文字デーヴァナーガリー
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 -
ISO 639-3 各種:
taj — 東部タマン語
tdg — 西部タマン語
tsf — 南西タマン語
tmk — 北西タマン語
tge — 東部ゴルカ・タマン語
テンプレートを表示

タマン語 (Tamang、デーヴァナーガリー:तामाङ)はネパールシッキムの一部で話されている方言連続体に対して、集合的な参照として使われる用語である。東部タマン語北西タマン語南西タマン語東部ゴルカ・タマン語西部タマン語より構成される。

方言[編集]

タマン語の方言は次のように細分化されている。

  • 東部タマン語: 759,257人 in Nepal (2000 WCD). 話者総数: 773,257人
  • 西部タマン語: 322,598人 (2000 WCD)
  • 南西タマン語: 109,051人 (1991 census)
  • 北西タマン語: 55,000人 (1991 census)
  • 東部ゴルカ・タマン語: 3,977人 (2000 WCD)

文法[編集]

タマン語の文法的な特徴を以下にしめす。

音韻論として、タマン語は声調言語である。

表記体系[編集]

タマン語はチベット文字デーヴァナーガリーに似たTam-Yigを使用している。多く場合、タマン語はデーヴァナーガリーで正式に書かれている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]