タマンネガラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タマンネガラ国立公園
Taman Negara
IUCNカテゴリII(国立公園
Taman Negara Canopy Walkway.JPG
地域 マレーシア
最寄り クアラテンベリンマレー語版
面積 4343 km2
創立日 1938-1939年
運営組織 マレーシア野生生物・国立公園局英語版

タマンネガラ国立公園は、マレーシアにある国立公園である。マレー半島中部に位置し、約1.3億年前から続くとされる広大な熱帯雨林や同半島の最高地点であるタハン山英語版(2,187m)が含まれる。マレー獏アジア象他の各種大型哺乳類、犀鳥など約250種の野鳥、約300万種の昆虫などが生息する[1]

概要[編集]

タマンネガラ国立公園はマレーシアチチワングサ山脈に1938~39年にジョージ5世国立公園として設置された。独立後マレー語で国立公園を意味するTaman Negaraに改名された。タマンネガラの総面積は4343km²で、1.3億年以上の歴史を持つ世界最古の熱帯雨林との評判がある。タマンネガラはパハン州ケランタン州トレンガヌ州に跨り、それぞれの州で同様の内容の法律で管理されている。パハン州に2477km²、ケランタン州に1043km²、トレンガヌ州に853km²存在する。

タマンネガラはマレーシアの有名なエコツーリズムの目的地として開発されて来た。地学的、生物学的見所が幾つか園内に存在する。タハン山はマレー半島の最高地点であり、クアラタハンメラポーが登山客の出発地点として用いられている。タマンネガラはマレー虎蟹食猿スマトラ犀ガウルアジアゾウ等の貴重な哺乳類の生息地である。同様に青鸞赤色野鶏烏帽子小孔雀等の鳥類も見られる。タハン川は大型鯉で競技用魚のマフシール(マレー語ではikan kelah)保護のために保全されている。 クアラタハン(パハン州公園本部)近くに林冠の歩道やグアテリンガ(洞窟)、ラタベルコー(早瀬)等がある。訪問者は熱帯雨林や鳥の観察、ジャングル探検(例:テノルレンティス)、タハン川の風景を楽しめる。 全ての入園者は「野生生物及国立公園課」から許可を得る必要がある。

交通[編集]

マレー鉄道(KTM)の都市間特急がジェラントゥット駅で止まる。タマンネガラ訪問者はここで降りるのが良い。地元の旅行会社がクアラルンプールからクアラタハンの公園入口までの交通を手配している。これは3時間のバス旅行と2時間半の川下りを含む。入園許可と公園旅行はよくまとめて手配される。クアラルンプール発タマンネガラ行の公共バスは中華街やセリアホテルの隣の店、フラマホテルの前、ベルジャヤ・タイムズ・スクエア・ホテルの200m左から発車する。

出典[編集]