タマアジサイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タマアジサイ
タマアジサイ Hydrangea involucrata.JPG
福島県会津地方 2008年8月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 Asterids
: ミズキ目 Cornales
: アジサイ科 Hydrangeaceae
: アジサイ族 Hydrangeeae
: アジサイ属 Hydrangea
亜節 : タマアジサイ亜節 Asperae
: タマアジサイ H. involucrata
学名
Hydrangea involucrata Sieb.
和名
タマアジサイ(玉紫陽花)

タマアジサイ(玉紫陽花、学名: Hydrangea involucrata)は、アジサイ科アジサイ属の1種の落葉低木

つぼみが球形であることから名付けられた[1]

分布[編集]

東北地方南部(福島県)、関東地方岐阜県までの中部地方の林地に自生する[1][2]

山地の沢沿いや、やや湿った林縁、道路法面などに自生する。

形態[編集]

高さ約1.5メートル程度。

葉は長さ10–21センチの楕円形で先がとがる[1]。葉や幹など全体に短毛が生えており、ざらつく[2][1]に葉柄があり、枝に対生し、葉の形は楕円形から倒卵形で、大きいもので長さ25cm、幅14cmほどになる。縁は細かい鋸歯状になり、葉の表面、裏面ともざらつく。

装飾花は大きさ20–32ミリで白色、両性花は大きさ2–5ミリで紫色であり[1]、花序は直径10–15センチである[1]。つぼみの大きさは径1.5センチ、長さ1.2センチ程度で、開花に従い包んでいた(ほう)は落ちる[1]。山地で自生する場合、花は8–9月に咲くが[1]、平地で栽培しているものは6–7月ごろに咲き始める[2]

花期は7月から9月で、に包まれ玉状になった蕾が裂けるように開花し、淡紫色の小さな両性花の周りに花弁4枚の白色の装飾花が縁どる。

系統[編集]

アジサイ属タマアジサイ亜節 Asperae + バイカアマチャPlatycrater からなる系統に属し、その中でおそらく最初に分岐した[3]

利用[編集]

かつてタバコの代用品や混ぜものとして使われ、「ヤマタバコ」の別名がある[2][4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 北村四郎村田源 『原色日本植物図鑑』、1979年、113頁。ISBN 4-586-30050-7
  2. ^ a b c d 河原田邦彦三上常夫若林芳樹 『日本のアジサイ図鑑』 柏書房2010年、18頁。ISBN 978-4-7601-3819-7
  3. ^ Samain, Marie-Stéphanie; Wanke, Stefan; Goetghebeur, Paul (2010), “Unraveling Extensive Paraphyly in the Genus Hydrangea s. l. with Implications for the Systematics of Tribe Hydrangeeae”, Systematic Botany 35 (3), doi:10.1600/036364410792495827 
  4. ^ 山本武臣 『アジサイの話』 八坂書房〈植物と文化双書〉、1981年、109;133。ISBN 978-4-89694-314-6