タナハシ・コーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タナハシ・コーツ
Ta-Nehisi Coates
バージニア大学でスピーチするタナハシ・コーツ。
バージニア大学でスピーチするタナハシ・コーツ。
生誕 (1975-09-30) 1975年9月30日(44歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 メリーランド州ボルチモア
公式サイト http://ta-nehisicoates.com
テンプレートを表示

タナハシ・コーツ(Ta-Nehisi Coates)は、アメリカの著作家。

経歴[編集]

1975年にメリーランドボルチモアに生まれる。父のポール・コーツは元ブラック・パンサー党員で、黒人に関する出版社を経営していた。ワシントンD.C.にある黒人大学の名門校ハワード大学に入学。中退して「作家志望」となる。後にジャーナリストとしてさまざまな雑誌・新聞に寄稿。「アトランティック」誌の全米特派員。

2014年の同誌のカヴァーストーリー“The Case for Reparations”でいくつもの賞を受ける。2015年にはマッカーサー基金から天才助成金を受ける。2016年タイム誌の選ぶタイム100(「世界で最も影響力のある100人」)に選ばれる。大統領選挙ではバーニー・サンダースを支持した。

2015年の作品『世界と僕のあいだに』(”Between the World and Me”)で全米図書賞を受賞。ピューリッツァー賞、全米批評家協会賞のファイナリストとなる。

ノーベル賞作家トニ・モリスンが「ジェームズ・ボールドウィン亡き後の空白を埋める存在がようやく現れた」と評した。ブロガーとしてもその発言が全米の注目を集める存在である。

マーベル・コミックス社が発行する、黒人スーパーヒーローが主人公となるコミックブックブラックパンサー』の脚本も手掛けている[1]

脚注[編集]

  1. ^ Ta-Nehisi Coates - Comics”. Marvel.com. 2018年2月6日閲覧。

著作[編集]