タットヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タットワから転送)
移動先: 案内検索

タットヴァ: तत्त्व tattva)とは、サンスクリットにおいて、指示代名詞tad名詞化したもの。「それがそれとしてあること」を意味し、仏教では真理と訳される。「タットワ」または「タットバ」とも仮名転写される。

西洋魔術[編集]

黄金の夜明け団系の儀式魔術では、以下のような図形を用いて五大元素四大元素)のアストラル・ヴィジョン(幻視)を獲得する技法がある。

  • 」=「アーカーシャ」(Akasha)=黒色や藍色の楕円形や卵形(山吹色で囲まれる場合もある)
  • 」=「アパス」(Apas)=銀色や白色の上が欠けた三日月形(欠けた部分が黒色の円形の場合もある)
  • 」=「ヴァーユ]]」(Vayu)=青色の円形(橙色で囲まれる場合もある。)
  • 」=「テジャス」(Tejas)=赤色の三角形(緑で囲まれる場合もある)
  • 」=「プリトヴィー」(Prithvi)=黄色の四角形(紫で囲まれる場合もある)

以上の形は日本に伝わった五輪塔の構成とおおよそ同じであり、両者は起源を同じくする。