タダコピ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

タダコピとは、コピー用紙裏面を広告掲載スペースとすることで無料コピーができるものである。ユーザーが負担する費用を無くした情報配信メディアであるといえる。中央大学法政大学慶應義塾大学の学生らが設立したベンチャー企業オーシャナイズが世界で初めて展開した。また、2009年9月には男女、学年などの属性に応じてターゲットをセグメントし、それぞれに異なる情報掲載を可能にするシステム開発を行い、北里大学、帝京大学等の大学で運用されている。2012年4月より青山学院大学立教大学などの一部の大学では、タダコピの利用に会員登録が必要となっている。タダコピアプリのインストール、タダコピサイトを通じて会員登録が可能。会員数は、2013年1月現在11万人。

概要[編集]

従来、コンビニなどでは、モノクロコピー1枚に対して10円の費用がかかるが、用紙の片面に企業広告をあらかじめ印刷したコピー用紙を利用することで、無料でコピーサービスを提供することを可能とした。タダコピは、慶應義塾大学東京大学などの首都圏の複数の大学を筆頭に、関西圏や名古屋圏、さらには、中国の上海などにある大学にも設置されている。 裏面の情報掲載スペースには、対象が大学生になるため、主にエンタメ関連情報や、アルバイト情報、若者向け商品情報、就職関連情報が掲載されている。

2006年4月にサービスを開始し、2013年1月現在では167大学201キャンパスで実施している。

スポンサーは大企業を中心に様々である。 日経MJにタダコピ紙面上でのソニー銀行とのタイアップ面白企画が取り上げられていた。

ただし、京都大学神奈川大学など一部の大学では資源の浪費の原因になる事や、著作権問題を理由に導入しない方針を示しているところもある[1][2]

設置大学[編集]

北海道圏

東北圏

首都圏

北陸圏

東海圏

関西圏

中国・四国圏

九州・沖縄圏

設置大学(日本以外)[編集]

中華人民共和国[編集]

アメリカ合衆国[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 京都大学生協:わたしもひとこと 2007年3月12日、4月18日
  2. ^ 生協ひとことカード 神奈川大学 2006年10月24日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]