タソス・パパドプロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タソス・ニコラウ・パパドプロス
Τάσσος Νικολάου Παπαδόπουλος
Tassos Papadopoulos.jpg

任期 2003年3月1日2008年2月28日

出生 1934年1月7日
イギリス領キプロスの旗 イギリス領キプロスニコシア地区ニコシア
死去 (2008-12-12) 2008年12月12日(74歳没)
キプロスの旗 キプロスニコシア地区ニコシア
政党 民主党(DIKO)
配偶者 Foteini Papadopoulou

タソス・パパドプロス(Tassos Nikolaou Papadopoulos、ギリシア語: Τάσσος Παπαδόπουλος1934年1月7日 - 2008年12月12日)は、キプロスの政治家。同国大統領(第5代)を務めた。妻との間に4人の子がいる。

ニコシア生まれ。ロンドンキングス・カレッジ・ロンドンで法律を学んだ後、弁護士として活動した。1970年に議員に当選するも、反独裁活動のため逮捕・投獄される。1976年には議員に復帰し、1981年に中央統一党を結成した(のちに民主党と合流)。

2000年に民主党の党首となり、2003年3月1日に第5代大統領に就任した(任期は5年)。2006年にはエジプトをキプロスの指導者としてはおよそ40年ぶりに訪問し、ムバラク大統領と会談した。

関連項目[編集]

公職
先代:
グラフコス・クレリデス英語版
キプロスの旗 キプロス共和国大統領
第5代:2003 - 2008
次代:
ディミトリス・フリストフィアス