タソス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タソス古代ギリシア語: Θάσος / Thasos)は、ギリシア神話の人物である。タソス島の名祖[1]。普通フェニキアアゲーノールの子[2]、あるいはアゲーノールの妻テーレパッサポセイドーンの子といわれるが[3]、一説にキリクスの子ともいわれ[4]ポイニクスカッシオペイアの子キリクスの子で、テーベーと兄弟などといわれ、系譜が一致しない。

ゼウスにさらわれたエウローペーの捜索に同行したが発見できなかったので、タソス島に町を建設して移住した[3]。タソスとともに移住したフェニキア人たちによってタソス島の金鉱山が開発されたという[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b ヘーロドトス、6巻47。
  2. ^ パウサニアス、5巻25・12。
  3. ^ a b アポロドーロス、3巻1・1。
  4. ^ レーロスのペレキューデース(アポロドーロス引用、3巻1・1)。

参考文献[編集]