タズ湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オビ湾にそそぐタズ湾(赤色部)。
カラ海
北極海

タズ湾ロシア語: Тазовская губа)は北極海オビ湾に面した細長いで、タズ川プル川河口が形成した三角江タゾフスキーの街で始まってからオビ湾に合流して終わるまでの距離は330kmある。オビ湾の北はカラ海に、さらに北極海につながる。湾の幅は平均25kmで、世界でも最大級の三角江。

概要[編集]

タズ湾はすべてロシアヤマロ・ネネツ自治管区に属し、完全に北極圏に入っている。北緯67度30分付近の、タズ川河口とプル川河口が接するあたりから始まり南北に伸び、北緯69度付近で西に向きを変え、オビ湾と交わるはるか手前で幅が広がる。オビ湾とタズ湾に挟まれた陸地はタゾフスキー半島となっている。

一帯には天然ガスが大量に埋蔵されているとみられ、ガスプロム社は増産を目指してガス田の探査を進めている。

湾周辺のツンドラからはマンモスも発見されている。ロシアの生物学者で探検家のアレグザンダー・フォン・ミッデンドルフ1866年にタズ湾の近くで氷漬けのマンモスを発掘し、サンクトペテルブルクに輸送し展示した。