タシュティク文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

タシュティク文化(英語Tashtyk culture、ロシア語Таштыкская культура)とは、紀元1世紀から4世紀にかけて、シベリアエニセイ川中・上流域、現在のクラスノヤルスク地方ハカス共和国ケメロヴォ州東部に栄えた文化である。エニセイキルギス人に関係があると見られている。タシュティク文化の集落、砦や墓地などの遺跡はエニセイ川流域、特にミヌシンスク盆地から南のサヤン渓谷に多く発見されている。墓地からは多数の副葬品が知られている。

仮面(エルミタージュ美術館蔵)
仮面(モスクワ歴史博物館蔵)

特に有名なのは、ミヌシンスク北方のオグラハティ墓地遺跡でレオニート・クィズラソフにより発見された多数のミイラで、石膏製の葬儀用仮面が付けられていた。他に毛皮や絹の衣類なども見つかっている(エルミタージュ美術館蔵)。また火葬骨を入れた皮製の人形なども見出されている。

仮面によれば彼らはコーカソイド的な顔立ちをしている。『史記』などの中国史料によればこの地域には、代には堅昆、後の時代には契骨(キルギス・クルグズの音写)などと呼ばれた遊牧民族がおり、紅毛碧眼で鼻の高いコーカソイド風の顔立ちをしていたという。彼らはエニセイキルギス人の祖先とされており(ただし現在と違いテュルク系民族ではなかった可能性もある)、タシュティク文化も彼らによるものであったと推定される。

関連項目[編集]