タケッダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アゼリク( Azelik )
アゼリク( Azelik )の位置(ニジェール内)
アゼリク( Azelik )
アゼリク( Azelik )
アゼリク( Azelik )
座標: 北緯17度31分6秒 東経6度46分59秒 / 北緯17.51833度 東経6.78306度 / 17.51833; 6.78306
国名 ニジェール
ニジェールの地方行政区画 アガデス州
下位地方行政区分 チロゼリーヌ県

タケッダは、現在のニジェール領のサハラ砂漠アガデス州に存在した王国又は都市の名前。マグリブベルベル人の部族連合の一つ、サンハージャにより建設された。アイル山地の西に位置し、を産した。13世紀後半には、マリ帝国の王、マンサ・サクラにより征服された。マンサ・ムーサマンサ・スレイマンのころまではマリ帝国の版図であった。1353年イブン・バットゥータが、マリ帝国を訪問した帰りに立ち寄った。14世紀にはトゥアレグ人の支配下に入った。特に当地に所在する銅鉱山の重要性のため、タケッダはサハラ砂漠を縦断する長距離交易において顕著な役割を担った。[1][2]

アガデスの北東140キロメートルに位置するアゼリク( Azelik wan Birni )にある遺跡が、かつてのタケッダの町の遺構であると推定されている。アゼリクからは、紀元前1世紀を用いて加工が行われた形跡が見つかっており、考古学的発掘調査と周辺地域の予備調査を率いた研究者 Danilo Grébénart が当地の概況と、彼の発見、先史時代における非鉄金属工業の重要性について論文で述べている。[3]

脚注[編集]

参照文献[編集]

参考文献[編集]