タクナ市民劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タクナ市民劇場(タクナしみんげきじょう)は、ペルータクナにある市民劇場

1870年に設立。スペイン人のコンスタンティノ・マルティネス(Constantino Martínez)によって建てられ、大統領ホセ・アントニオ・デ・ペセト(José Antonio de Pezet)によって落成された。 建物は2階建てで、劇場正面は真四角の岩を積み上げて作られ、大変見栄えする建物である。

隣の敷地が公園になっているのでそこから撮る写真が有名である。

室内には貴重な絵画が飾られており、特に、タクナ出身の著名人、詩人フェデリコ・バレト(Federico Barreto)や画家のフランシスコ・ラソ(Francisco Laso)や歴史家のモデスト・モリナ(Modesto Molina)などが描かれたものが重要である。

1972年にペルーの歴史美術建造物として指定された。 市民劇場内にはイベント時などに入場できる。

周辺施設[編集]

参考文献[編集]

  • タクナ州政府観光局『Información de Tacna』(i perú)、i perú、2014

外部リンク[編集]

座標: 南緯18度00分35秒 西経70度14分57秒 / 南緯18.0098度 西経70.2491度 / -18.0098; -70.2491