タクナ・鉄道公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タクナ・鉄道公園(タクナ・てつどうこうえん、西: Parque de la Locomotora)はペルータクナ県タクナ市にある鉄道公園である。

当公園は多くのベンチが置かれた緑化された公園であり、園内に1859年アメリカペンシルベニア州で製造された、モデルNo.3型機関車が設置されている。

1879年太平洋戦争(硝石戦争)において、チリアリカの丘を守るために、フランシスコ・ブログネシ大佐の命令によりペルー軍を輸送した。チリによる占領中も、タクナとアリカを結び続けた。

機関車は1940年に壊れたが、修復された後、1977年に当公園に移設された。

周辺施設[編集]

参考文献[編集]

  • タクナ州政府観光局『Información de Tacna』(i perú)、i perú、2014
  • タクナ州政府通商観光局『Tacna Ciudad Heroica』(Región Tacna Promotor del Desarrollo)、2014

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 南緯18度0分58.8秒 西経70度15分9秒