タクナ・アーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タクナ・アーチ

タクナ・アーチ西: Arco Parabólico)は、ペルータクナ中心部にあるパセオ・シビコ(Paseo Cívico)にあるモニュメント

1959年8月28日に当時の大統領マニュエル・プラド・ウガルテチェスペイン語版により落成された。

高さ18メートルの放射線型アーチはバラ色の石を用いて建設された。

ドイツ人デザイナーによるデザインは弾丸の軌道と太平洋戦争(硝石戦争)の勇士に対する尊敬の念を表している。

アーチの両脇に二体の勇士、ミゲル・グラウフランシスコ・ボログネシスペイン語版のブロンズ像と、1メートルの大きさのブロンズ製プレートが設置されている。

毎週日曜日午前9時頃から1時間ほどの間、タクナ・アーチを中心としたパセオ・シビコでパレードが行われる。

パレードの参加者は、学校や病院、会社などのタクナに居住する各組織有志であり、参加者関係者はもちろん観光客などで大変なにぎわいをみせる。

周辺施設[編集]

参考文献[編集]

  • タクナ州政府観光局『Información de Tacna』(i perú)、i perú、2014

外部リンク[編集]

座標: 南緯18度0分49.3秒 西経70度15分2.9秒