タウンくる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
2016年に廃止された守口地区におけるタウンくる(ローザ)。2010年11月までに全車置き換えられた。
寝屋川地区におけるタウンくる(寝屋川営業所車両)。2010年より守口タウンくると共通運用となり、2016年より一部の一般路線と共通運用となっている。

タウンくる(別称 Community Bus By Keihan )とは、大阪府寝屋川市四條畷市大東市で運行している京阪バスコミュニティバスである。

開設当時は寝屋川地区のタウンくる(以下「寝屋川タウンくる」)は交野営業所が、守口地区のタウンくる(以下「守口タウンくる」)は門真営業所がそれぞれ管轄していたが、2004年から2018年までは守口タウンくるを含めて全路線寝屋川営業所が管轄した後、2018年4月1日より寝屋川音羽町線のみ再度交野営業所の管轄に戻した。

運行は全路線京都京阪バスに委託され、全て専用の小型車で運行している。

本項では関連運行経路として、2016年12月より一般路線に格上げされた8・8A・8B号経路についても記述する。

概要[編集]

タウンくるは、京阪バスにおけるコミュニティバスの最初の例である。その運行に際しては、当初守口市と同市内においてバスの利便の提供できなかった地域内でのバス路線のあり方を協議した上で、2000年12月1日より段階的に試験運行を行い、実現したのが八雲北ルートである。

開設時は、カード・回数券・定期券等が一般路線と区別され利用できなかった。寝屋川音羽町線の開設時より一般路線と共通化され、コミュニティバスでありながらも、専用車両を使用することと、150円という特別運賃であること以外は、利用客にとって一般路線と変わらない。

南部ルートに関しても後に守口南部線の再編に際し、現在廃止された『くるっとBUS』としてその成果を見ることになる。詳細はくるっとBUSの項目を参照。

  • 試験運行を行ったルート
    • 八雲北ルート(2000年12月1日より1年間)
      後の守口北循環線・八雲北ルートと同一のため、下記を参照。
    • 東部ルート(大循環)(2000年12月1日より1ヶ月間)
      地下鉄大日北口(現在の大日駅交差点ではなく、大日交差点の北東側の府道13号線沿いの停留所であり、1982年までの停留所名は「三洋電機工場前」であった場所。大日駅開設により廃止)→ 梶郵便局 → 東部公民館 → 藤田町 → 東公民館 → 大久保町 → 梶公園 → 地下鉄大日北口
    • 東部ルート(小循環)(2000年12月1日より1ヶ月間)
      地下鉄大日北口 → 梶郵便局 → 梶児童遊園 → 梶公園 → 地下鉄大日北口
    • 南部ルート(こちらは、2001年1月16日より1ヶ月間)
      京阪守口市駅 - 大宮東 - 菊水老人センター - 寺方本通 - 錦団地南

守口市北部のうち大久保地区におけるコミュニティバスの運行は、上記の車両のうち、当時運行されていて乗降客数の芳しくない太間公園点野線13号経路(寝屋川市駅 - 摂南大学 - 仁和寺団地口 - 仁和寺 - 大久保 - 古川橋駅)の代替として、運行経路を見直し、2002年より一年間の試験運行の末、本格運行されることになった。

寝屋川市においても、2003年4月1日の京阪香里園西口駅前広場供用開始に際して、寝屋川市駅から香里園駅を結ぶ寝屋川音羽町線を開設する。この路線は香里園・寝屋川市といった京阪電鉄の中でも比較的乗降客の多い駅と、マンションが林立し、平和堂アル・プラザ香里園店やイオンモール寝屋川のような大規模商業施設が近隣に立地するルートを、できるだけ短い時間で結ぶ為に小型車を活用した。

多くのコミュニティバスの客層は交通弱者と呼ばれる高齢者等が殆どであるが、この路線は駅から徒歩圏・自転車圏が殆どであるにもかかわらず、若年層・青年層も多くが利用し、ほぼ全便で、一便あたり10名以上の乗客を数えるなど成功した路線ともいえる。収支状態が良好で、補助金の交付はない。

路線開設後も沿線には、大型商業施設ホームズ寝屋川店や寝屋川生野病院が立地、超高層分譲マンションの建設や団地の建替も行われている。徒歩圏・自転車圏である上、利用のしやすい公共交通が整備されたことは、地域に与えた影響も大きく、これからも乗客の増加が見込まれており、2012年2月には30分間隔から20分間隔へ増発され運行時間も拡大した。

2004年にタウンくる全路線を、既に子会社である京阪シティバスに運行を委託した寝屋川営業所に移管する。

以前より路線開設の計画があったものの、警察協議により大型車の進入が認められず、路線開設ができていなかった萱島西地区と南部の河北地区にも同様の車両を活用して、路線を開設を要望し実現したのが寝屋川市内線の黒原ルートと木田・河北ルートである。2006年8月28日に開設された。この2つの路線はバス空白地域の解消を目的にしている為、赤字の発生した場合は市からの補助金が交付される。

木田・河北ルートは、一般路線で乗降客数の少ない32号経路(寝屋川市駅 - 巣本 - 四条畷駅)を廃止し、渋滞の少ない市道にルートを移し、萱島駅を経由して河北地区に向かう。堀溝地区からの直通は残され、新たに河北地区に乗り入れることになった。四条畷駅方面へは33号経路が運行されている。

木屋ルートでも、一般路線の乗降客数の少なかった27号経路(寝屋川市駅 - 太間口)を廃止した後に、石津 - 太間口を除く区間で同路線が乗り入れ、更に緑町中心部や市立総合センターから木屋地区・京阪香里園駅を結ぶようにして、一般路線が廃止された区間からバスがなくならないようにする工夫を行っている。尚、木屋ルートはタウンくる最長の路線である。また木屋は戦後暫くまで京阪バスが国道1号に一般路線を走らせていた(廃止時期不詳)が、路線の廃止により交通空白地域となった。木屋地区の京阪バスの乗り入れは、上記の路線廃止以来となる。

タウンくるは、小型車化することにより狭隘道路を走行が可能となったことから、渋滞を避け、運行間隔がわかりやすくなった。停留所の位置が利用しやすくなり、運賃も下がり便利になり乗客も増えた。しかし、寝屋川音羽町線以外の路線では、赤字のため補助金が出ている状態であるので、寝屋川市議会では乗客を増やす工夫を行い、補助金を減らすようにと発言されている。

2014年4月1日より、京阪シティバスが京阪宇治バスに吸収合併された関係上、運行委託先を合併を機に京阪宇治バスから社名変更した京都京阪バスに変更している。その後2018年4月1日に寝屋川音羽町線のみ営業所の管轄が変更された(後述)ため、同線のみ直営で運行している。

2003年頃に国土交通省より、「導入効果の見られたコミュニティバス」にリストアップされた(参考文献より)。

2016年12月2日をもって、守口タウンくるの運賃を値上げの上、一般路線化した。

沿革[編集]

  • 2000年12月1日 守口市内(八雲北地区)で試験運行を開始する(門真管轄)。
  • 2001年12月1日 八雲北ルートの本格運行を開始する。
  • 2002年5月16日 門真市(古川橋駅)~守口市(大久保地区)の路線の試験運行を開始する(門真管轄)。
  • 2002年9月14日 スルッとKANSAI/京阪グループ共通バスカードの使用が可能となる。
  • 2003年4月1日 香里園西口寝屋川市駅間のタウンくるの運行を開始(交野管轄)。
  • 2003年5月16日 大久保ルートの本格運行を開始する。
  • 2004年4月1日 全路線の所管を変更(門真/交野→寝屋川)、寝屋川音羽町線停留所追加・ルート変更(石津南町・桜木町ポンプ場)。
  • 2006年8月28日 寝屋川市内の黒原ルート(A号経路)/河北ルート(B号経路)の運行を開始する。
  • 2008年7月26日 寝屋川市内の河北ルート(B号経路)の一部の便を、新設するバス停「市民体育館」経由へのルートに変更。
  • 2008年10月19日 寝屋川市内の木屋ルート(木号経路)の運行を開始する。ポンチョII(F-3196)が導入された。
  • 2009年10月31日 京阪守口市駅の乗り場を7番から4番に移動。同日門真営業所から元くるっとBUS車両のE-3130/E-3131がタウンくる用に転属。
  • 2010年9月 日野・ポンチョ(F-3010/F-3011/F-3012)を2年振りに導入。守口タウンくるのローザを順次置き換えた。この置き換えの関係で、同年9月以降、寝屋川タウンくる用の車両であったリエッセ・ポンチョIIがローザと共に守口タウンくるでも運用される様になった。尚、ローザは同年11月までに全車廃車となった。
  • 2012年2月25日 寝屋川音羽町線の昼間時の運行間隔を30分から20分に変更などのダイヤ改正を実施[1]
  • 2015年3月29日 寝屋川音羽町線の「北幼稚園」を「寝屋川生野病院前」に改称。同時に同停留所に京阪香里園方面行の停留所も開設し、両方向の停車を開始。
  • 2016年1月 久御山町のってこバスの廃止により、京田辺営業所からE-3133がタウンくる用に転属。
  • 2016年12月3日 守口タウンくる(八雲ルート・大久保ルート)を一般路線に格上げの上で廃止(一般路線化により通常の運行経路番号が付与され、旧・八雲北ルートには8A号経路、旧・大久保ルートには8B号経路に変更。なお、これとは別に既存の一般路線および一部新設のルートを利用して延長を実施し、大日駅を経由して両ルートを連結した8号経路も設定。一般路線化後も引き続き寝屋川営業所が管轄)。引き続き存続となった寝屋川タウンくるについても市民体育館への乗り入れを廃止し、深北緑地経由河北発着を河北経由深北緑地発着に変更(深北緑地を経由しない河北発着は現状のままで変更なし)[2]。なお、これにより車両を8号経路・8A号経路・8B号経路などの一般路線とタウンくるとの間で共通運用を行うこととなったため、小型車から「タウンくる」のステッカーを撤去した。また、守口タウンくる廃止と同時に京阪バスの公式サイトにあるコミュニティバスのページから守口タウンくるは削除された。
  • 2018年4月1日 寝屋川音羽町線のみを交野営業所管轄に復帰。他の路線は引き続き寝屋川営業所が管轄。これに伴い、寝屋川営業所から4台(E-3133/E-3156/E-3172/E-3173)、京田辺営業所から2台(F-3038/F-3039)が交野営業所に転属した。

運賃[編集]

全路線全区間、特別初乗運賃を適用している(全運行経路大人150円・小児80円)。京阪バスIC1dayチケットも使用可能。

また、定期乗車券は守口タウンくるの内、八雲北ルートには専用定期券があったが、2010年3月1日に地区定期券範囲の統合・拡大により守口門真地区の地区定期券範囲に組込まれて廃止された。大久保ルートも2010年まで定期券設定はなかったが、このルートも2010年3月1日より守口門真地区の地区定期券範囲に組込まれ、定期券利用が可能となった(守口タウンくるの廃止後も引き続き同地区定期券で一般路線に乗車可能)。寝屋川タウンくるでは寝屋川地区の定期券での利用が可能。また、ICカードPiTapa・ICOCAも2010年3月に導入された。

運行経路[編集]

寝屋川タウンくる
寝屋川音羽町線(2018年4月1日より交野営業所管轄)
  • (系統名なし):京阪香里園西口 - 日新町 - 田井小学校( → 桜木町北 → / ← 石津南町 ← 桜木町ポンプ場 ← 平池町南 ← )( - 寝屋川市役所(一部のみ))- 寝屋川市駅
寝屋川市内線(寝屋川営業所管轄)
  • 黒原ルート(A号経路):萱島駅( → 萱島ポンプ場 → / ← )上神田北( → 神田保育園 → / ← )神田天満宮(→ 啓明小学校 → / ← 旭町公園 ← 黒原旭町 ← )高柳六丁目
  • 木田・河北ルート(B号経路):寝屋川市駅( → 八坂神社前 → / ← 八坂本通 ← )電通大寝屋川キャンパス( → 昭栄町) - 中木田中学校 - (← 電鉄車庫前 ← 中木田町南 ← )木田小学校 -(南コミュニティセンター経由:南コミュニティセンター - 萱島東、市民体育館経由:市民体育館)- 萱島南団地( → 萱島南 → / ← )萱島駅( → / ← 萱島南 ← )萱島南団地( → / ← 巣本 ← )堀溝 - 河北( - 深北緑地
    一部は市立総合センター発着

特記以外は運行経路番号は未設定。

木屋ルート(寝屋川音羽町線とは異なり2018年4月1日以降も寝屋川営業所管轄)
  • (木号経路 昼間):京阪香里園西口 - 木屋町( → / ← 淀川河川公園 ← )太間公園 - 点野( → 葛原 → / ← 池田中町 ← )市立総合センター - 石津 - 緑町( → 寝屋川市役所前 → 八坂本通 → / ← 緑町中 ← 寝屋川警察署前 ← 寝屋川市役所 ← 八坂神社前 ← )寝屋川市駅
  • (木号経路循環 朝夜):京阪香里園西口 - 木屋町( → / ← 淀川河川公園 ← )太間公園 - 点野( → 葛原 → / ← )池田中町

かつて運行していた経路[編集]

守口タウンくる
守口市内循環線
  • 八雲系統(循環)→8A号経路:京阪守口市駅 -(守口市役所前)- 市民会館 - 太子橋三丁目 - 守口スポーツプラザ - 外島町 - 下島小学校 - 吉祥橋( → 八雲北住宅 → / ← )八雲西町
  • 大久保系統(循環)→8B号経路:古川橋駅 - 藤田( → 大久保一丁目 → 大久保公園 → / ← もりぐち歴史館 ← 東公園 ←)大久保団地

運賃値上げの上、一般路線化。八雲系統を8A号経路、大久保系統を8B号経路と運行経路番号を付番。同時に両系統を統合し、大日駅を経由した8号経路を新設。

守口市を走行するのが基本であったが、太子橋三丁目のみ大阪市旭区に、古川橋駅のみ門真市に位置していた。一般路線化後もこれは変わっていない。

車両[編集]

  • 守口市内循環線
2010年までは全てのタウンくる車両が三菱ふそうマイクロバス三菱ふそう・ローザ)であったが、その後廃止までは日野製の日野・リエッセ日野・ポンチョIIを使用していた(日野車は2010年9月より運用開始)。一般路線化後は2017年11月30日まで日野・リエッセのみを使用、2017年12月1日からは8号経路の一部と8A号経路において日野・ポンチョIIが再び使用されている。
  • 寝屋川市内線木田・河北ルート、寝屋川市内線黒原ルート
主に日野・リエッセを使用。元くるっとBUS車両も2009年10月31日より、元久御山町のってこバス車両も2016年1月よりそれぞれ運用開始。
  • 寝屋川音羽町線
寝屋川音羽町線では、従来から運用されている日野・リエッセが主力だが、交野営業所管轄に戻った2018年4月1日以降は日野・ポンチョIIも使用されているほか、三菱ふそう・エアロミディMJが運用に入る。
  • 寝屋川市内線木屋ルート
日野・ポンチョIIを使用(日野・リエッセで運用される場合もある)。

今後の計画[編集]

2008年10月19日、木屋ルートの開通により寝屋川市内でのバス空白地帯解消は一段落が付いた。しかし、一般路線バスの沿線でもバス停から離れた地域からの要望や、路線がある地域でも新ルートの要望がある。

前述の通り、2016年12月2日の運行を最後に守口タウンくるが廃止されたため、守口市内と門真市内からコミュニティバスが廃止され、タウンくるは寝屋川タウンくるのみとなった。

タウンくるの歌[編集]

リニューアル前の京阪バス公式サイトの「守口市内循環線」の項目では守口市出身の宮下賢一作詞作曲の「タウンくるの歌」が公開されている。子供から大人まで口ずさめる様に作曲されている。しかし京阪バス公式サイトのリニューアル実施により、2015年以降は公開を停止した。

参考文献・出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • くるっとBUS - かつてタウンくると同様に京阪守口市駅に発着していたバス。2009年10月30日最終運行。

外部リンク[編集]

何れも京阪バス公式サイトより。