タイ王国の祝日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

タイ王国の祝日。ここでは、タイ王国政府によって規定されている祝日について記載する。

タイの公式な祝日[編集]

1996年以降、祝祭日が土曜日日曜日に当たった場合、その翌日以降の平日を振替休日とする内閣決定を出している。

以下はタイ王国で休日として祝われている日を、1月から日付順に並べた一覧である。なお、太陽暦と太陰暦とでは日付にズレが生じてしまい、日付順に並べられないので、太陽暦に基づいた休日と太陰暦に基づいた休日とに分けて記載する。また、それぞれのについては、タイ太陽暦タイ太陰暦を参照のこと。

太陽暦に基づいた休日[編集]

名称 日付 説明
元旦
วันขึ้นปีใหม่
1月1日

太陽暦の元旦。ただし1889年から1941年までは4月1日を元旦としていた。

チャクリー王朝記念日
วันจักรี
4月6日

1782年、ラーマ1世チャクリー王朝を立朝し、バンコクを首都と定めたことを記念した祝日。正式名は(วันพระบาทสมเด็จพระพุทธยอดฟ้าจุฬาโลกมหาราชและวันที่ระลึกมหาจักรีบรมราชวงศ์)

ソンクラーン(タイ正月)
วันสงกรานต์
4月13日、14日、15日

タイの伝統的な新年であり、1年で最も重要視されている祝日である。もともとソンクラーンとは黄道(太陽の軌道)が双魚宮から新たに白羊宮に入ることを意味する。(なお、13日はワン・マハーソンクラーンวันมหาสงกรานต์、14日はワン・ナオวันเนา、15日はワン・タルーンソックวันเถลิงศกと呼ばれる。特に14日は、家族の日として祝われる。)この間、家族が集まるために、多くのタイ人が故郷に帰る。

農耕祭 [注釈 1]
วันพืชมงคล

5月中任意の1日

タイ王国王室による田植え儀式。毎年バンコクの王宮前広場で行われる。タイ王国中の農民が祝福を受ける式典の日。農民の日として祝われる。毎年、占星術によって日にちが決定され、タイ王国宮内庁官報で公告される。 正式名はวันพระราชพิธีพืชมงคลจรดพระนังคัลแรกนาขวัญ

国王即位(戴冠)記念日
วันฉัตรมงคล
5月5日

1950年ラーマ9世の即位を記念した祝日。

王妃誕生日
วันเฉลิมพระชนมพรรษาสมเด็จพระนางเจ้าฯ พระบรมราชินีนาถ
8月12日

1932年シリキット王妃誕生を記念した祝日。なお、母の日としても祝われる。

チュラーロンコーン(ラーマ5世)大王記念日
วันปิยมหาราช
10月23日

1910年ラーマ5世崩御を記念した祝日。

国王誕生日
วันเฉลิมพระชนมพรรษาพระบาทสมเด็จพระเจ้าอยู่หัว
12月5日

1927年ラーマ9世誕生を記念した祝日。なお、タイ王国の日、父の日としても祝われる。

憲法記念日
วันรัฐธรรมนูญ
12月10日

タイ王国で初めての憲法となる1932年タイ王国憲法発布を記念した祝日。

大晦日
วันสิ้นปี
12月31日

太陽暦の1年最後の日。

太陰暦に基づいた休日[編集]

名称 日付 説明
マーカブーチャー
万仏節
วันมาฆบูชา
陰暦3月15日満月

仏教徒が、ブッダ入滅する3ヶ月前の陰暦3月(月宿 マカ(磨羯宮、南方朱雀の「星」、うみへび座α星)に白道のあるとき)に王舎城竹林精舎戒律(オヴァータ・パーティモカ)を説いた。そのときブッタが具足戒を与え、悟りを得た1250人の比丘が何の事前の知らせもなく集結した奇跡を記念した日。

ウィサーカブーチャー
仏誕節
วันวิสาขบูชา /วันวิศาขบูชา
陰暦6月15日(満月)

ブッダの誕生、悟り、入滅を記念して設けられた、仏教徒のための祝日。またこの日は「樹木の日」としても祝われる。

アーサーハブーチャー
三宝節/初転法輪祭
วันอาสาฬหบูชา
陰暦8月15日(満月)

仏教徒が、ブッダの最初の説教(初転法輪)を讃える日。

カウ・パンサー
入安居
วันเข้าพรรษา
陰暦8月16日夜

仏教徒の雨季の安居の入りを祝う日。

政府指定の記念日[編集]

以下は、タイ王国全体が休日でないものの、政府が特別な日として指定している日の一覧である。

名称 日付 説明
子供の日
วันเด็กแห่งชาติ
1月第2土曜日

特に政府機関によって広く祝われており、子供達のために様々な活動が行われる。なお、子供の日が1月の弟2土曜日となったのは1965年からのことであり、1955年から1964年までは10月の第1月曜日であった。

森林資源保護の日
วันอนุรักษ์ทรัพยากรป่าไม้ของชาติ
1月14日

森林破壊を抑止する活動や森林保護の啓蒙活動を行っている。

教師の日
วันครู
1月16日

タイ国内全土の教師をたたえる日。1957年に制定。なお、タイの初等教育委員会の傘下にある学校では、この日を休日として祝う。そうではない学校でも休日として祝うことがある。

象戦の日
วันยุทธหัตถี
1月18日

アユタヤ王朝中興の祖ナレースワン大王が、ビルマの副王に騎象戦を挑み勝利したことを記念した日。この戦いが行われた年号は定かではないが、一説によると、1593年のことだったと推測されている。公式には「ナレースワン大王の日」(วันสมเด็จพระนเรศวรมหาราช)と知られている。なお、象戦の日が1月18日になったのは2007年からであり、2006年までは1月25日であった。また、この日はタイ王国軍記念日วันกองทัพไทยでもある。タイ王国軍の日もまた、1月25日から1月18日に変更された。

発明家の日
วันนักประดิษฐ์
2月2日

1993年にラーマ9世が開発したチャイパッタナー攪拌パドル式エアレーター(攪拌曝気装置)に関する特許が登録されたことを記念した日。なお、この日が祝われるようになったのは、1995年からである。

退役軍人の日
วันทหารผ่านศึก
2月3日

タイ退役軍人協会が設立されたことを記念した日。この日に、戦没者を弔う式典がバンコク戦勝記念塔の前で行われる。

国家芸術家の日
วันศิลปินแห่งชาติ
2月24日

タイ王国国家芸術家をたたえる日。また、ラーマ2世の誕生日を記念した日でもある。

国際女性の日
วันสตรีสากล
3月8日

女性権利について記念した日。

ラーマ3世記念日
วันที่ระลึกพระบาทสมเด็จพระนั่งเกล้าเจ้าอยู่หัวฯ
3月31日

ラーマ3世の誕生日を祝う日。なお、この日が祝われるようになったのは、1998年からである。

公務員の日
วันข้าราชการพลเรือน
4月1日

1928年国家公務員法が公布されたことを記念した日。行政機関(ただし、軍、司法、立法、宗教以外の機関)が祝う。なお、この日が祝われるようになったのは、1979年からである。

タイ文化遺産保護の日
วันอนุรักษ์มรดกไทย
4月2日

タイ文化遺産保護の日(Thai Heritage Conservation Day)。シリントーン王女の誕生日を記念した日。なお、この日が祝われるようになったのは、1995年からである。

消費者保護の日
วันคุ้มครองผู้บริโภค
4月30日

この日が祝われるようになったのは、1980年からである。

労働者の日
วันแรงงานแห่งชาติ
5月1日

多くの民間セクターが、この日を休日として祝う。

スントーン・プーの日
วันสุนทรภู่
6月26日

1786年アユタヤ朝の詩聖スントーン・プーの誕生を記念した日。

タイ語の日
วันภาษาไทยแห่งชาติ
7月29日

タイ語の記念日。

科学の日
วันวิทยาศาสตร์แห่งชาติ
8月18日

ラーマ4世が1868年の皆既日食を科学的に予測し、観測したことを記念した日。

若年者の日
วันเยาวชนแห่งชาติ
9月20日

ラーマ5世ラーマ8世の誕生日を記念した日。

マヒドンの日
วันมหิดล
9月24日

タイ王国の近代医学の父と言われるラーマ9世の父マヒタラーティベートアドゥンラヤデートウィクロム(マヒドンアドゥンラヤデート親王)を追悼する日。

国家警察の日
วันตำรวจ
10月13日

タイ王国国家警察の記念日。

看護婦の日
วันพยาบาลแห่งชาติ
10月21日

ラーマ9世の母シーナカリン王太后の誕生日を記念した日。

ラーマ6世の日
วันวชิราวุธ
11月25日

1925年ラーマ6世が崩御を追悼する日。

ダムロンラーチャーヌパープの日
วันดำรงราชานุภาพ
12月1日

ダムロンラーチャーヌパープ親王が死去した日。2001年に制定された。

タイ環境の日
วันสิ่งแวดล้อมไทย
12月4日

1991年に制定された。

スポーツの日
วันกีฬาแห่งชาติ
12月16日

ラーマ9世が、1967年開催の東南アジア半島競技大会でのヨット競技において、金メダルを獲得したことを記念した日。なお、この日が祝われるようになったのは、1986年からである。

タークシン大王記念の日
วันสมเด็จพระเจ้าตากสินมหาราช
12月28日

1768年タークシン大王の即位を記念した日。


関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日付が前後し得るため、「国王即位(戴冠)記念日」と順番が入れ替わる可能性がある。