タイワンホトトギス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タイワンホトトギス
Tricyrtis formosana 2.JPG
筑波実験植物園植栽 2014年9月
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉類 Monocots
: ユリ目 Liliales
: ユリ科 Liliaceae
: ホトトギス属 Tricyrtis
: タイワンホトトギス
T. formosana
学名
Tricyrtis formosana Baker[1]
和名
タイワンホトトギス(台湾杜鵑草)[2]

タイワンホトトギス(台湾杜鵑草、学名:Tricyrtis formosana )はユリ科ホトトギス属多年草[2][3]

特徴[編集]

地下茎はよく分枝する。もよく枝分かれし、高さは25-80cmになる。は互生し、葉身は倒披針形、狭い楕円状披針形または倒卵形で、長さ8-13cm、幅2.5-4.5cmになり、先端はとがり、基部は心形になって茎を抱く。茎には斜上する毛がある[2][3][4][5]

花期は9-10月。茎先に腺毛のある散房花序をつけ、数個のを上向きにつける。小花柄は1-6cmになり、軟毛が生えるか無毛。花被片は6個で、長さ2-4cm、幅4-11mmあり、ラッパ状に開き、白色から淡紫色で内面に紅紫色の斑点がある。3個の内花被片と3個の外花被片があり、外花被片の方の幅が広く、外花被片の基部に袋状のふくらみが2つにはっきりと分かれる。雄蕊は6個で、花糸は互いに寄り添って立ち、上部で反り返って先端に葯を外向きつける。花柱の先は3つに分かれて球状の突起があり、各枝の先はさらに2裂する。花糸、花柱ともに紅紫色の斑点がある。果実は披針形体の蒴果で3稜があり、長さ2.5-3.5cm、幅5-6mmになり、熟すと胞間裂開する[2][3][4][5][6]

分布と生育環境[編集]

台湾では、ごくふつうに見られるホトトギス属の種である。日本では沖縄県の西表島に分布し、滝の水が滴るような場所に生育する。観賞用に栽培もされる[2][3][7]

保全状況評価[編集]

絶滅危惧IA類 (CR)環境省レッドリスト

Status jenv CR.svg

(2012年環境省レッドリスト)

ギャラリー[編集]

花被片はラッパ状に開き、基部のふくらみが2つに分かれる。 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ タイワンホトトギス 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ a b c d e 『山溪ハンディ図鑑1 野に咲く花』p.431
  3. ^ a b c d 「朝日百科『世界の植物』8」pp.2325-2327
  4. ^ a b ホトトギス, 国立科学博物館
  5. ^ a b Tricyrtis formosana, Flora of China.
  6. ^ 『日本の野生植物 草本I 単子葉類』p.24
  7. ^ タイワンホトトギス, 筑波実験植物園

参考文献[編集]