タイムパトロール (藤子・F・不二雄)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

タイムパトロールは、藤子・F・不二雄の漫画作品『T・Pぼん』や『ドラえもん』に登場する組織。

24世紀のメガロポリスに本部を持ち、各時代に調査隊を派遣している。また、時空間(タイムマシンの走行する空間)のパトロールもしている。

『T・Pぼん』と『ドラえもん』とでの設定の差異[編集]

航時法を護ることを義務付けられた組織であることは変わらない。

しかし、『T・Pぼん』が歴史に関わらない人物の救命を目的としているのに対し、『ドラえもん』では航時法を犯した犯罪者(時間犯罪者)を捕らえるのを主な仕事としている。

『T・Pぼん』では、過去の人物にタイムマシンやタイムパトロールの存在を知られる事を極端に嫌っている(知られた場合は、「記憶を消す」「歴史を変えてその存在自体を抹消する(生まれてこなかったことにする)」「タイムパトロールの隊員にする」などの手段を取ろうとする)描写があるが、『ドラえもん』ではそのような描写は無い。

また、同一作者による作品としては非常に珍しいことに、キャラクターそのものや、キャラクターが使用する道具[1]や乗り物等、特に漫画作品では重要視されるそのデザインに、全くといっても過言ではない程にまで共通性がみられない(アニメなどでは一部例外が存在する[2])。

『ドラえもん』における登場[編集]

本編における登場[編集]

『未来世界の怪人』(てんとう虫コミックス4巻)
現代へ逃げてきた、宇宙ロケット強盗犯を逮捕する。
『石器時代のホテル』(てんとう虫コミックス38巻)
2万年前の世界でサーベルタイガーに襲われたドラえもんたちを助け、現代へと送り返す。

アニメ第2作第1期における登場[編集]

『タイムマシンでお正月』
1980年1月1日放送。

映画における登場[編集]

ドラえもん のび太の恐竜
ドルマンスタインとそれに雇われた恐竜ハンター(時間犯罪者の一種)の陰謀を阻止するために、その時代へ乗り込む。
担当声優は、隊長が加藤正之。隊員が井上和彦宮村義人
ドラえもん のび太の恐竜2006
旧作と行動は同じ。
担当声優は、長官が劇団ひとり。隊員がスキマスイッチ(大橋卓弥と常田真太郎)。
巡視船タイムマリンには漢字で「時警」と表記されており、船尾には「あらなみ」「いそなみ」といった船名も表記されている。
ドラえもん のび太の日本誕生
ギガゾンビの陰謀を阻止するために、その時代へ乗り込む。時空間が歪んでおり、仲間を呼びにくい状況であったが、隊員(声:橋本晃一)がのび太たちに接触しその行動の手助けをする。この際、ギガゾンビに警戒されないため、隠密行動と言う形でマンモスに変装してアジトを探す。物語のラスト、その時代(7万年前及び現代)にいてはいけない動物(22世紀では、空想動物サファリパーク内などで確認することができるが、その当時では架空動物)であるグリ(グリフォン)・ドラコ(ドラゴン)・ペガ(ペガサス)をのび太から引き受ける。
担当声優は、橋本晃一。
ドラえもん 新・のび太の日本誕生
ギガゾンビの陰謀を阻止するために、ドラミと共にその時代へ乗り込む。原作・旧作とは異なり、マンモスに変装しての調査はしておらず、本作の一件が時間犯罪事件であることに気付いたドラミの通報によって出動し、時空間から直接タイムマシンごとギガゾンビのアジトに乗り込んでいる。ドラえもん本編では初の女性隊長及び隊員が登場した。隊長に関しては、ゲーム版でリーム隊長と名前が表記されている[2]
担当声優は、隊長が久川綾。隊員が福井美樹慶長佑香
ドラえもん のび太の創世日記
時間を自由に飛び回る昆虫人(別の地球の知的生命体であり、航時法を知らないため時間犯罪者とは呼べない存在)を密航タイムマシンだとして追うが、時空間の支流(歴史の分かれ目)に逃げられてしまう。
なお、時空間で検問も行なっており、自分の夏休みの自由研究を先取りするために未来(新学期の初め)に向かったのび太を止め、時間旅行の目的・出発した時代・向かう時代・名前・住所・学校名などを矢継ぎ早に質問していた。
担当声優は秋元羊介掛川裕彦
ドラえもん のび太の南海大冒険
Mr.キャッシュとDr.クロンの手によって、17世紀に存在するアジトに来られないように細工をされてしまうが、のび太たちの活躍によってその時代に来ることができ、陰謀を阻止する。イルカの隊員が登場という珍しい作品でもある。
担当声優は、隊長は、中庸助。イルカの隊員・ルフィンを麻上洋子
ドラえもん のび太とふしぎ風使い
第2作第1期でタイムパトロールが登場した最後の大長編。ストームの陰謀を阻止するために、その時代へ乗り込む。
担当声優は、中庸助
2112年 ドラえもん誕生
捕らえていた時間犯罪者(ドルマンスタイン)を逃してしまい、ドラえもんの協力で再逮捕する。そのお礼として特別製のミニドラ(ドラえもん同様に耳の無いミニドラ)をプレゼントする。また、ドラ・ザ・キッドのその早撃ちの腕を見込み、採用のボタンを押すシーンも見られる。
ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜
同作に登場する悪役、シャーマンとその部下達の引き渡し先として名前のみ登場。

ドラ・ザ・キッド[編集]

『2112年 ドラえもん誕生』
ドラえもんズの一人ドラ・ザ・キッドが、タイムパトロールの要請を受けている。
このことから、西部の星などの22世紀ではなく西部開拓時代アメリカ西部保安官補佐などとして登場する場合、タイムパトロールも兼ねていると設定されることがある。

アニメ第2作第2期における登場[編集]

『のび太を愛した美少女』
2009年6月26日に放送された1時間スペシャル内の作品。『ターミネーター』のパロディ作品にもなっている。
担当声優は、高戸靖広
『なんでも空港』
2014年8月1日に放送された1時間スペシャル内の作品。原作でも『オバケのQ太郎』『怪物くん』、第2作第1期でも『パーマン』『エスパー魔美』『ウメ星デンカ』のキャラクターが登場しているが、第2作第2期では第2作第1期で登場したキャラクターに加え『すすめロボケット』『チンプイ』などの他のキャラクター登場。その中で『T・Pぼん』の並平凡とリーム・ストリームも登場。
『のび太特急と謎のトレインハンター』
2015年9月4日に放送された1時間スペシャル内の作品。
担当声優は、大川透

TVゲームにおける登場[編集]

ドラえもん3 のび太と時の宝玉
今作でのタイムパトロールは未来の大臣であるダウトの圧力で身動きが取れず、それどころかその圧力に屈してドラえもんたちを逮捕しようとするなど、ほとんど敵といっても良い存在になっている。

時空犯罪者[編集]

タイムパトロールが追う犯罪者。なお、時空犯罪者が登場してもタイムパトロールが登場しない作品(『2009年版未来世界の怪人』や 『ギガゾンビの逆襲』)やタイムパトロールが登場しても時空犯罪者が登場しない作品(『のび太の創世日記』)も存在する。詳細は、それぞれのリンク先を参照。

未来世界の怪人
声 - 小杉十郎太2009年
未来世界の異星人。原作やアニメ第1作第2期及び第2作第1期では、駆け付けたタイムパトロールによって逮捕されるが、第2作第2期では逮捕直前にジャイアンの母に成敗された。
登場作品
  • 『未来世界の怪人』
ドルマンスタン(ドルマンスタイン)
声 - 島宇志夫大塚周夫(『ミュージカル版のび太の恐竜』『ドラえもん誕生』)、内海賢二(『のび太の恐竜2006』)
未来世界(24世紀)の大富豪。恐竜コレクター。
登場作品
  • 『ドラえもん のび太の恐竜』
  • 『2112年 ドラえもん誕生』
  • 『ドラえもん のび太の恐竜2006』
黒い男(黒マスク)
声 - 加藤精三広瀬正志(『ドラえもん誕生』)、船越英一郎(『のび太の恐竜2006』)
未来世界の密猟者。恐竜ハンター。
登場作品
  • 『ドラえもん のび太の恐竜』
  • 『2112年 ドラえもん誕生』
  • 『ドラえもん のび太の恐竜2006』
ギガゾンビ(山田博士)
声 - 永井一郎大塚芳忠(『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』)
未来世界(23世紀)の時間犯罪者。7万年前の世界の支配を企む。
登場作品
Mr.キャッシュ
声 - 上條恒彦
未来世界の犯罪者。
登場作品
  • 『ドラえもん のび太の南海大冒険』
Dr.クロン
声 - 富田耕生
未来世界の科学者。
登場作品
  • 『ドラえもん のび太の南海大冒険』
ニーモ
ジョーカー団の大幹部。
登場作品
  • 『ドラえもん3 のび太と時の宝玉』
ダウト
ジョーカー団のボス。表向きは未来の大臣。
登場作品
  • 『ドラえもん3 のび太と時の宝玉』
ストーム
声 - 屋良有作
未来世界(22世紀)の考古学者。
登場作品
  • 『ドラえもん のび太とふしぎ風使い』

脚注[編集]

  1. ^ 『T・Pぼん』で登場する道具は、「タイムシーバー」「生物コントローラー」「ねむくならない薬」など、どちらかといえば、タイムパトロールが使用するものよりも、ドラえもんの持つひみつ道具に近いものが多い。
  2. ^ a b ドラえもん 新・のび太の日本誕生』でのタイムパトロール隊員は、『T・Pぼん』のキャラクターたちをモデルにしている

関連項目[編集]