タイビン村虐殺事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タイビン村虐殺事件
LocationVietnamBinhDinh.png
ビンディン省
各種表記
ハングル 떠이빈 양민 학살 사건
漢字 떠이빈 良民 虐殺 事件
発音 タイビン ヤンミン ハッサル サコン
2000年式
英語表記:
Tteoibin yangmin haksal sageon
Thai Binh massacre
テンプレートを表示
タイビン村虐殺事件
各種表記
クォック・グー Thảm sát Thái Bình
漢字・チュノム 惨殺太平
北部発音: タムサット・タイビン
テンプレートを表示

タイビン村虐殺事件(タイビンむらぎゃくさつじけん)は、ベトナム戦争時の1966年2月ベトナムビンディン省タイビン村で韓国軍が住民65人を虐殺した事件である[1]。 

概要[編集]

1966年2月ベトナムビンディン省に駐屯していた大韓民国陸軍首都師団(通称猛虎部隊)(en)は早朝にタイビン村(Thái Bình /太平)[要出典]を訪れ、住民68名を1ヶ所に集めると銃撃を加えるとともに手榴弾を投げつけて婦女子を含む65名を殺害した[1]。生存者はわずか3名であった[1]

タイビン村では虐殺された犠牲者名を記した慰霊碑と事件を記録した壁画が設けられ、生存者が虐殺の証言を行っている[1]。2008年現在のベトナムでは韓国軍によって少なくとも9000名が虐殺されたとも[1]、あるいは、30万人を超すベトナム人が虐殺されたとも言われている[2]

韓国政府は、ベトナムでの虐殺や強姦など、自国の過去の蛮行を公式に認めようとしていない。韓国兵の行為には韓国のメディアも人権活動家も目を向けなかった。その根底には、韓国人の、ベトナム人に対する人種差別意識が原因との見方もある[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e “韓国 軍も企業もベトナム参戦”. 朝日新聞. (2008年1月28日). http://www.asahi.com/international/history/chapter08/02.html 2010年9月10日閲覧。 
  2. ^ 『親日派のための弁明』金完燮草思社、2002)
  3. ^ ジェフリー・ケイン (2013年10月16日). “韓国が戦争犯罪を認めない訳”. ニューズウィーク. http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2013/10/post-3075_1.php 2013年10月26日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]