タイサンボク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タイサンボク
2020-05-24 17 36 54 Leaves and flowers on a large Southern Magnolia along Friendship Road in Friendship, Anne Arundel County, Maryland.jpg
タイサンボク
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : モクレン類 Magnoliids
: モクレン目 Magnoliales
: モクレン科 Magnoliaceae
: モクレン属 Magnolia
: ヒメタイサンボク節[2] Magnolia sect. Magnolia[3]
: タイサンボク M. grandiflora
学名
Magnolia grandiflora L.1759[1]
シノニム
  • Magnolia angustifolia Millais[1]
  • Magnolia elliptica (W.T.Aiton) Link[1]
  • Magnolia exoniensis Millais[1]
  • Magnolia ferruginea W.Watson[1]
  • Magnolia foetida (L.) Sarg.[1]
  • Magnolia foetida f. margaretiae Ashe[1]
  • Magnolia foetida f. parvifolia Ashe[1]
  • Magnolia galissoniensis Millais[1]
  • Magnolia glabra P.Parm.[1]
  • Magnolia gloriosa Millais[1]
  • Magnolia grandiflora var. elliptica Aiton[1]
  • Magnolia grandiflora var. ferruginea Sims[1]
  • Magnolia grandiflora var. lanceolata Aiton[1]
  • Magnolia grandiflora var. obovata Aiton[1]
  • Magnolia lacunosa Raf.[1]
  • Magnolia lanceolata (Aiton) Link[1]
  • Magnolia longifolia Sweet[1]
  • Magnolia maxima Lodd. ex G.Don[1]
  • Magnolia obovata (W.T.Aiton) Link[1]
  • Magnolia praecox Millais[1]
  • Magnolia pravertiana Millais[1]
  • Magnolia rotundifolia Millais[1]
  • Magnolia virginiana var. foetida L.[1]
  • Magnolia virginiana var. grisea L.[1]
和名
タイサンボク(泰山木、大山木、大盞木)[4][5]、ダイサンボク[6]、ハクレンボク[6][5]、ジョウハモクレン(常葉木蓮)[7]
英名
southern magnolia[8], giant flowered magnolia[8], evergreen magnolia[8], big-laurel[8], laurier tulipier[8], bull bay[8]

タイサンボク(泰山木、学名Magnolia grandiflora)は、モクレン科モクレン属に属する常緑高木の1種である。別名で、ダイサンボク、ハクレンボクともよばれる。ときに高さ20メートルになる大木であり、白い9枚の花被片からなる大きく碗状のが上向きに咲く。花の形から「大盞木」(たいさんぼく、盞は「さかずき」)とされ、その後「泰山木」の字が充てられたともされる[9]北米南東部原産であるが、日本など世界中で広く植栽されている。

特徴[編集]

常緑性の高木であり、大きなものは高さ20メートル (m) を超える[6][4][5][10]。記録上最大のものは、高さ 37.2 m、幹の直径 1.97 m に達する[10]。枝が横に伸びて、広円錐形の樹形になる[11](下図1a, b)。樹皮は灰褐色(下図1c)、枝には赤色から白色の毛が密生する[10]

1a. 樹形
1b. 樹形
1c. 樹皮

葉は互生、葉身は長楕円形、長さ(7.5-)13-20(-26)センチメートル (cm)、幅 (4.5-)6-10(-12.5) cm、基部はくさび形、先端は尖り、全縁で縁は裏側に反り返り、厚い革質、表面は濃緑色で光沢があり、裏面にはふつう褐色の毛が密生する[6][4][5][10](下図1d)。葉柄は長さ 2–3 cm[5][4]。托葉は早落性、4.5-13 × 1.5-3.5 cm、裏面に褐色の毛が密生する[10]。葉芽は無毛[5](下図1e)。花芽は大きく、有毛[5](下図1f)。

1d. 葉
1e. 葉と葉芽
1f. 葉と花芽

花期は初夏(5–7月頃、品種によっては10月まで[12])、枝先に直径 15–30(–45) cm の大きな盃形のが上向きに咲く[6][4](下図1g, i)。1個の花は3日間ほど咲く[13]。花被片は広倒卵形、白色、ふつう9枚、萼片と花弁の分化はなく、3枚ずつ3輪につき、内部のものはやや小さい[5][4][10](下図1g, i)。雄しべは多数がらせん状につき、長さ16-29ミリメートル (mm)、花糸は紫色で短い[4][10](下図1h)。雌しべは離生心皮、多数がらせん状につき、有毛[4][10](下図1h)。雌性先熟であり、雄しべは2日目以降に成熟、しばしば花軸から外れて花被片上に溜まる[13](下図1i)。花は強い芳香を放ち[6][11][5][4][10]、匂いの主成分はゲラニオールやβ-オシメン、β-ミルセンドデカン酸メチルである[14]。主に甲虫によって花粉媒介される[13]

1g. 花
1h. 雌しべ群(上)と雄しべ群(下)
1i. 雄しべが落ちた花

果実が熟するのは10–11月、多数の袋果が集まって長さ 8–12 cm の楕円形の集合果を形成する[6][5][4](下図1j, k)。袋果は有毛、2個の種子を含む[5]。種子は楕円形でレンズ状、長さ (9-)12-14 mm、種皮は赤く、白い糸状の珠柄で垂れ下がる[10][12](下図1k, l)。染色体数は 2n = 114[4][10]

1j. 果実
1k. 種子が出た果実
1l. 種子

分布・生態[編集]

2. タイサンボクの原産地(緑色)

北米南東部(ノースカロライナ州サウスカロライナ州ジョージア州フロリダ州アラバマ州ミシシッピ州アーカンソー州ルイジアナ州テキサス州)原産である(右図2)。

世界中で植栽されており[8]、日本では本州東北以南、四国九州沖縄で見られる[6][11]

タイサンボクは強いアレロパシー(他感作用)を示すことが知られており、他の植物の発芽や成長を抑制するため、タイサンボクの樹冠下では植物が少ないことがある。アレロパシー物質として、コスツノライド(costunolide)とパルテノライド(parthenolide)というセスキテルペンが同定されている[15]

人間との関わり[編集]

3a. ミシシッピ州の州旗(2021年以降)

タイサンボクはアメリカ合衆国東南部を象徴する花木とされ、ミシシッピ州ルイジアナ州の州木に指定されている[10]。ミシシッピ州にはタイサンボクが多いため、タイサンボクの州 (Magnolia State) との愛称があり、また2021年からの新しい州旗にも用いられている[16](下図3a)。このため、タイサンボクは2005年8月末に起こったハリケーン・カトリーナによる被害が甚大であった北米東南部への支持を表すシンボルとなった。例えば2005年9月18日に行われたエミー賞授賞式の司会者であったエレン・デジェネレスは被害が大きかったニューオーリンズ出身であり、襟にタイサンボクの花をつけていた[要出典]

3b. ‘Bracken Brown Beauty’
3c. ‘Kay Parris’
3d. ‘Little Gem’

世界各地で観賞用に植栽されている。日本へは明治時代に導入され、公園や庭で栽培される[6][17][18]。放置すると樹高 20 m 以上にもなるが、よく分枝して剪定にも耐える。日なたから半日陰地を好み、水はけがよく肥沃な土壌に根を深く張る[6][18]。植栽期は3 - 4月とされるが、移植を嫌う性質があるため、十分な根まわしが必要となる[6][17]。施肥は初夏の開花前、秋、冬に緩効性化成肥料を施す[17][18]。ふつう剪定はしないが、行う場合は開花後の早い時期がよいとされる[17][18]。病虫害は比較的少ないが、カイガラムシカミキリムシによる被害がある[17][18]

さまざまな園芸品種が作出されており、およそ150品種が名付けられ、そのうち30–40品種が現存する(2011年現在)[10][12]。下記にその一部を記す[12][17]

  • ‘Bracken Brown Beauty’(右図3b)… 耐寒性が高い。葉表面は光沢が強く波打ち、裏面は褐色。
  • ‘Claudia Wannamaker’ … 大きくなる。
  • ‘Edith Bogue’ … 寒さや雪に非常に強い。
  • ‘Exmouth’(ホソバタイサンボク) … 葉が細く(10–25 × 4–8 cm)、波状にはならず、葉裏の毛は脱落して最終的に毛は少ない。若木のうちから開花する。タイサンボクの1変種(M. grandiflora ver. lanceolata)として扱われることがあるが[19]、2021年現在では、分類学的には分けられないことが多い[1][8][17]
  • ‘Hasse’ … 樹形は狭円錐形から円筒形。葉表は光沢があり暗緑色、葉裏は褐色。移植や殖すのが難しい。
  • ‘Kay Parris’(右図3c)… ‘Little Gem’に似るが大型。おそらく‘Bracken Brown Beauty’と‘Little Gem’の交雑品種。
  • ‘Little Gem’(右図3d)… 大きくならず、樹形は細い円柱形、庭植えに適した品種。葉はやや小さく表は光沢がある濃い緑色、裏は褐色。花はやや小さい。
  • ‘Mgtig’(Greenback) … 葉の表面は暗緑色で光をよく反射し、裏面の褐色毛は脱落して無毛になる。
  • ‘Saint Mary’ … 1905年頃に作出された。若木のうちから開花する。
  • ‘Southern Charm’ … やや小型。葉は波打ち密につき、表は光沢があり暗緑色、裏は褐色。
  • ‘TMGH’(Alta) … ‘Hasse’ に似るが、根が発達しており移植ができる。
  • ‘Victoria’ … 耐寒性が強い。葉表は光沢があり暗緑色、葉裏は褐色。

タイサンボクの花言葉は「前途洋々」、「威厳」である[20]

つぼみや葉が薬用とされることがある[18]。また原産地の先住民であるチョクトー族コウシャッタ族は、タイサンボクの樹皮を生薬としていた[10]

分類[編集]

4. ヒメタイサンボク

類似種に、ヒメタイサンボク(学名:Magnolia virginiana)がある[21](右図4)。半常緑の小高木から低木であり、葉身は楕円形で 6-22 × 2.6-7 cm、裏面は灰白色、は直径 5-8 cm、染色体数は 2n = 38[22]。分布域はタイサンボクより広く、北米東部から東南部、キューバに分布し、また世界各地で観賞用に植栽されている[22][23]。ヒメタイサンボクはモクレン属のタイプ種である[24]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa Magnolia grandiflora”. Plants of the World Online. Kew Botanical Garden. 2022年2月6日閲覧。
  2. ^ 東浩司 (2003). “モクレン科の分類・系統進化と生物地理: 隔離分布の起源”. 分類 3 (2): 123-140. doi:10.18942/bunrui.KJ00004649577. 
  3. ^ Wang, Y. B., Liu, B. B., Nie, Z. L., Chen, H. F., Chen, F. J., Figlar, R. B. & Wen, J. (2020). “Major clades and a revised classification of Magnolia and Magnoliaceae based on whole plastid genome sequences via genome skimming”. Journal of Systematics and Evolution 58 (5): 673-695. doi:10.1111/jse.12588. 
  4. ^ a b c d e f g h i j k 大橋広好 (2015). “モクレン科”. In 大橋広好, 門田裕一, 邑田仁, 米倉浩司, 木原浩 (編). 改訂新版 日本の野生植物 1. 平凡社. pp. 71–74. ISBN 978-4582535310 
  5. ^ a b c d e f g h i j k 勝山輝男 (2000). “タイサンボク”. 樹に咲く花 離弁花1. 山と渓谷社. p. 383. ISBN 4-635-07003-4 
  6. ^ a b c d e f g h i j k 正木覚 (2012). ナチュラルガーデン樹木図鑑. 講談社. p. 73. ISBN 978-4-06-217528-9 
  7. ^ 常葉木蓮”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年2月26日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h GBIF Secretariat (2022年). “Magnolia grandiflora L.”. GBIF Backbone Taxonomy. 2022年2月6日閲覧。
  9. ^ 新宿御苑・歴史巨樹シリーズ タイサンボク”. 新宿御苑 (2019年9月5日). 2022年2月13日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n Magnolia grandiflora”. Flora of North America. Missouri Botanical Garden and Harvard University Herbaria. 2022年2月6日閲覧。
  11. ^ a b c 山﨑誠子 (2019). 植栽大図鑑[改訂版]. エクスナレッジ. pp. 76–77. ISBN 978-4-7678-2625-7 
  12. ^ a b c d Dirr, M. A. (2011). “Magnolia grandiflora”. Dirr's Encyclopedia of Trees and Shrubs. Timber Press. pp. 478–481. ISBN 978-0-88192-901-0 
  13. ^ a b c 北川尚史 (1991). “タイサンボクの花と受粉”. 植物分類, 地理 42 (1): 44. doi:10.18942/bunruichiri.KJ00001078703. 
  14. ^ 東浩司 (2004). “モクレン科の花の匂いと系統進化”. 分類 4 (1): 49-61. doi:10.18942/bunrui.KJ00004649594. 
  15. ^ 勝見允行 (2021年1月22日). “オニグルミやホオノキのアレロパシー”. 植物Q&A. 日本植物生理学会. 2022年2月26日閲覧。
  16. ^ “Mississippi voters decide to replace Confederate-themed state flag”. NBC News. (2020年11月4日). https://www.nbcnews.com/news/nbcblk/mississippi-voters-decide-replace-confederate-themed-state-flag-n1246244 
  17. ^ a b c d e f g タイサンボク”. みんなの趣味の園芸. NHK出版. 2022年2月12日閲覧。
  18. ^ a b c d e f タイサンボク”. EVERGREEN. 2022年2月13日閲覧。
  19. ^ 馬場多久男 (1999). “ホソバタイサンボク”. 葉でわかる樹木 625種の検索. 信濃毎日新聞社. p. 169. ISBN 978-4784098507 
  20. ^ 泰山木(タイサンボク)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉”. LOVEGREEN. 2022年2月13日閲覧。
  21. ^ ヒメタイサンボク”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年2月13日閲覧。
  22. ^ a b Magnolia virginiana”. Flora of North America. Missouri Botanical Garden and Harvard University Herbaria. 2022年2月13日閲覧。
  23. ^ Magnolia virginiana”. Plants of the World Online. Kew Botanical Garden. 2022年2月12日閲覧。
  24. ^ GBIF Secretariat (2022年). “Magnolia L.”. GBIF Backbone Taxonomy. 2022年2月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]