タイガー (雑貨店)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ZEBRA A/S
種類 Aktieselskab
本社所在地  デンマーク
59, 3tv, Rådhuspladsen DK-1550 Copenhagen
設立 1991年11月1日
業種 小売業
代表者 レナート・ライボシツ(最高経営責任者)
主要子会社 ゼブラ・ジャパン株式会社
テンプレートを表示

フライングタイガーコペンハーゲン (Flying Tiger Copenhagen)[注釈 1]とは、デンマークゼブラ (ZEBRA A/S) が運営するチェーンストアである[3][4]

各国で店名が異なっていたが、2016年6月、全世界で「Flying Tiger Copenhagen(フライング タイガー コペンハーゲン)」名称に統一された。

概要[編集]

デンマークを中心にヨーロッパ16カ国(イングランドドイツギリシャアイスランドアイルランドイタリアラトビアリトアニアオランダノルウェーポーランドスペインスコットランドフィンランドスウェーデン)および日本で約150店舗を展開する雑貨店である(2012年7月時点)[5][6][7]。家庭用品、文房具、食品などを扱う[8][1]

1995年にデンマーク・コペンハーゲンにて開業。

デンマーク語のTIGERが「ティアー(TIGER)」と発音され、10クローネを意味する「ティアー(TIER)」に類似していることから、10クローネストアとして認識されるようになった。上記のエピソードから日本のメディアでは「北欧100円ショップ」と紹介されることがある[6]

歴史[編集]

  • 1991年、日用品店を経営していたレナート・ライボシツ (Lennart Lajboschitz) がゼブラを設立する[9]
  • 1995年、デンマーク・コペンハーゲンにて、雑貨店タイガーを開業した[6]
  • 2000年代、ヨーロッパ各地に合弁会社を設立し、各国へタイガーを出店する[10]

日本法人[編集]

ゼブラ・ジャパン株式会社
Zebra Japan KK
Tiger Copenhagen アメリカ村店
Tiger Copenhagen アメリカ村店
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
150-0001
東京都渋谷区神宮前2-22-16
設立 2011年7月
業種 小売業
代表者 山本浩丈(CEO)
主要株主 ZEBRA A/S 50%
サザビーリーグ 50%
(2013年7月現在)
テンプレートを表示

アジア1号店開設[編集]

2011年7月、日本・大阪府大阪市中央区にて、日本法人ゼブラ ジャパン (Zebra Japan) を設立する[6][8]

2012年7月、同区西心斎橋にて、タイガーのアジア1号店「Tiger Copenhagen アメリカ村店」を出店した[7][11]。日本には同名(タイガー)の会社が存在するため、同国内では「Tiger Copenhagen(タイガー コペンハーゲン)」のブランド名で展開する[2]

オープン当日、11時の開店時に既に約400人の行列が出来る盛り上がりを見せた[12]。ところがオープン3日目も客足が落ちることはなく、在庫が枯渇してしまったため4日目からの臨時休業を余儀なくされる[13][12][14][15]。7月26日から2階部分を閉鎖し1階の一部のみで営業を再開したが、中国上海市に置いていたアジア向けの物流拠点に用意していた3か月分の在庫が3週間で無くなってしまい、8月18日、再び長期休業に突入する事態となってしまった[12][13]。2度目の営業再開後にインタビューに答えたクラウス・ファルシグ社長は、これを「不本意で残念なスタート」だったと認めており、この失敗の原因を、基本的に宣伝広告を打たない経営方針であるほか、ヨーロッパではオープン日に行列が出来るということはまずなく、一瞬で当初の売上の3倍以上を記録したこの結果をまったく予想出来なかったこととしている[13]

東京進出[編集]

2013年7月、サザビーリーグがゼブラ ジャパンの発行済株式の50%を取得し、ゼブラ ジャパンはゼブラとサザビーリーグの合弁企業となった[16][17]。同年8月、日本法人を東京都へ移転[18]

同年10月2日、東京都渋谷区神宮前にアジア2号店「Flying Tiger Copenhagen 表参道ストア」を出店した[19][20]。東京進出に伴い、日本国内でのブランド名を「Flying Tiger Copenhagen(フライング タイガー コペンハーゲン)」に変更[21][22]

影響[編集]

タイガーの成功を受けて2013年、北欧発の低価格雑貨店が日本進出した[23]。スウェーデンの『ラガハウス』、デンマークの『ソストレーネ・グレーネ』など[23]

ショッピングモールへの出店[編集]

2014年3月14日、千葉県船橋市三井ショッピングパーク・ららぽーとTOKYO-BAY内に出店した[24][25]

同年4月にKUZUHA MALL内(大阪府枚方市[26]、同年5月にアクアシティお台場内(東京都港区台場[27]に出店した[28]

2015年4月2日には大阪梅田ルクア1100に、同月6日には埼玉県富士見市にあるららぽーと富士見1Fにオープンした。

路面店としての新規出店[編集]

2014年11月に京都BAL ANNEX[29]、2015年6月12日には、福岡天神)に路面店がオープンした[30]。同年7月10日には、名古屋)に路面店がオープンした[31][32]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現地では「ティアー」、「ツィーアー」と発音する[1][2]

出典[編集]

  1. ^ a b 北欧の100円ショップ!?タイガー(TIGER)”. 地球の歩き方. ダイヤモンド社. 2012年7月6日閲覧。
  2. ^ a b マスコミは教えてくれない!北欧デンマークのタイガー社長に直接聞いてわかったこと。”. 北欧ヒュゲリニュース. 2012年7月22日閲覧。
  3. ^ 「サポート大きい」北欧100円ショップ、1号店に大阪選ぶ”. 産経新聞社. p. 1. 2012年7月6日閲覧。
  4. ^ デンマークの雑貨チェーン「タイガー」を運営するZEBRA A/Sが大阪にZEBRA JAPAN株式会社を設立”. 日本貿易振興機構. 2012年7月6日閲覧。
  5. ^ 「サポート大きい」北欧100円ショップ、1号店に大阪選ぶ”. 産経新聞社. p. 2. 2012年7月6日閲覧。
  6. ^ a b c d 北欧発 カラフル&低価格雑貨チェーン「タイガー」大阪アメ村に7/21出店決定”. Fashionsnap.com. レコオーランド. 2012年7月6日閲覧。
  7. ^ a b 大阪にアジア初の店舗 北欧の雑貨「タイガー」 東京進出も検討”. 産経新聞社. 2012年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月22日閲覧。
  8. ^ a b 第2のイケアとなる? 北欧の「100円ショップ」が関西上陸へ”. SankeiBiz. 産経新聞社. p. 1. 2012年7月6日閲覧。
  9. ^ 「低価格、デザインでナニワ攻略」 北欧の“100均”タイガーCEO来阪”. 産経新聞社. p. 3. 2012年7月6日閲覧。
  10. ^ “北欧の100円ショップ”「タイガー」日本上陸、その実力は?”. 日経トレンディネット. 日経BP. p. 1. 2012年7月23日閲覧。
  11. ^ 低価格雑貨「タイガー」日本1号店に大行列 大阪アメ村にオープン”. Fashionsnap.com. レコオーランド. 2012年7月22日閲覧。
  12. ^ a b c 大行列、突然休業…“北欧の100円ショップ”「タイガー」騒動の裏側”. 日経トレンディネット. 日経BP. p. 1. 2012年9月22日閲覧。
  13. ^ a b c 大行列、突然休業…“北欧の100円ショップ”「タイガー」騒動の裏側”. 日経トレンディネット. 日経BP. p. 2. 2012年9月22日閲覧。
  14. ^ 日本人の“行列好き”にタイガーCEOもあ然 北欧雑貨店が休業に追い込まれたワケ”. 産経新聞社. p. 2. 2012年9月24日閲覧。
  15. ^ 日本人の“行列好き”にタイガーCEOもあ然 北欧雑貨店が休業に追い込まれたワケ”. 産経新聞社. p. 3. 2012年9月24日閲覧。
  16. ^ 欧州の人気雑貨店タイガーを都内に年内出店 サザビーリーグ”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社. 2013年7月6日閲覧。
  17. ^ 人気北欧雑貨「タイガー」全国展開 サザビーリーグが契約締結”. eltha. オリコン. 2013年7月6日閲覧。
  18. ^ 北欧雑貨の「タイガー」 日本法人を東京に移転”. 産経新聞社. p. 1. 2013年7月26日閲覧。
  19. ^ デンマーク雑貨店が東京・表参道に”. 産経新聞社. p. 1. 2013年10月3日閲覧。
  20. ^ 東京都・表参道にデンマーク発祥の雑貨ストア「タイガー」がオープン”. マイナビニュース. マイナビ. 2013年10月3日閲覧。
  21. ^ 北欧発ライフスタイル雑貨「タイガー」がブランド名を変更”. マイナビニュース. マイナビ. 2013年10月3日閲覧。
  22. ^ 北欧発の低価格雑貨タイガーがブランド名変更”. Fashionsnap.com. レコオーランド. 2013年10月3日閲覧。
  23. ^ a b “なぜ“北欧発の激安雑貨店”が日本に続々上陸? 「ソストレーネ・グレーネ」「ラガハウス」も”. 日経トレンディネット (日経BP): p. 1. (2013年10月29日). http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20131022/1053060/ 2014年1月12日閲覧。 
  24. ^ ららぽーとTOKYO-BAY、65店舗がリニューアル-フライングタイガーも”. 船橋経済新聞 (2014年3月18日). 2014年4月5日閲覧。
  25. ^ 「フライング タイガー コペンハーゲン(Flying Tiger Copenhagen)」が2014年3月14日(金)千葉に初出店”. 財経新聞. 財経新聞社. 2014年2月6日閲覧。
  26. ^ 低価格雑貨が充実「くずはモール」が大阪最大級のSCに増床”. Fashionsnap.com. レコオーランド. 2014年2月6日閲覧。
  27. ^ フライング タイガー コペンハーゲンが、アクアシティお台場にオープン”. ファッションプレス. 2014年4月5日閲覧。
  28. ^ フライング タイガー コペンハーゲン、国内3店舗目はファミリー層がターゲット”. オリコン. 2014年4月5日閲覧。
  29. ^ “北欧発雑貨「タイガー」京都進出、路面店を今冬オープンへ”. Fashionsnap.com. (2014年3月3日). http://www.fashionsnap.com/news/2014-03-03/tiger-kyoto/ 
  30. ^ 福岡・天神に北欧雑貨店「フライングタイガー」オープン | おにぎりフェイス.com2015年6月12日(2015年7月1日閲覧)
  31. ^ [1]Zebra Japan 2015年5月25日(2015年7月1日閲覧)
  32. ^ フライング タイガー コペンハーゲン 名古屋栄ストア登場 - 東海エリアに初出店 | ニュース - ファッションプレス(2015年7月1日閲覧)

外部リンク[編集]

グローバル

日本