タイガー・バレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タイガー・バレット
Baaghi 2
監督 アフメド・カーン英語版
脚本 アフメド・カーン
アッバス・ヒラクルワラ
ニラージ・クマール・ミスラ
原案 アディヴィ・セッシュ
サジード・ナディアドワーラー英語版
原作Kshanam
製作 サジッド・ナディアドワラ
出演者 タイガー・シュロフ
ディシャ・パタニ
音楽 ジュリアス・パッキアム英語版
ミスーン英語版
アルコ・プラヴォ・ムカルジー英語版
サンディープ・シロドカール英語版
ゴウラヴ=ロシン
プラナー・リジナ
製作会社 ナディアドワーラー・グランドサン・エンターテインメント英語版
配給 フォックス・スター・スタジオ
公開 インドの旗 2018年3月30日
上映時間 137分
製作国 インドの旗 インド
言語 ヒンディー語
製作費 ₹590,000,000[1]
興行収入 ₹2,531,800,000[2]
前作 Baaghi
次作 シャウト・アウト英語版
テンプレートを表示

タイガー・バレット』(原題:Baaghi 2)は、2018年に公開されたインドアクションスリラー映画[3]アフメド・カーン英語版が監督を務め、タイガー・シュロフディシャ・パタニが出演している[3]。2016年公開の『Baaghi』の続編であり、同年公開の『Kshanam』のリメイクでもある[4][5][6]

あらすじ[編集]

インド陸軍特殊部隊に所属するロニーは、大学時代の恋人ネーハから4年振りの連絡を受け取り、彼女に会うためゴア州に向かう。そこでロニーは、2か月前にネーハの娘リアが自動車ごと誘拐されたことを聞かされ、リアを捜して欲しいと頼まれる。ロニーは自動車屋ウスマーンから車を借り、ネーハと共に捜索願を出している警察署に向かうが、担当のクーテ警部は捜索の打ち切りをネーハに迫る。その際、クーテが彼女の身体に触れようとしたことに激怒したロニーは彼を殴り、警察署内で警官たちを相手に暴れ回り逮捕されてしまう。ロニーはクーテから拷問を受けるが、上官ランジート大佐の友人であるシェルギル副総監によって釈放される。釈放後、ロニーはネーハの元に向かうが、彼女の夫シェーカルの弟で薬物中毒者のサニーが現れたため、話を聞く前に部屋から追い出されてしまう。

ロニーはリアを見付けるため彼女が通う予定になっていた幼稚園や周辺住民に聞き込みを行うが、全員から「ネーハに子供はいない」と返答されてしまう。ロニーは新聞にリアの写真を掲載して情報を集めるが、彼の元にはリアの父親を名乗る男が現れ、リアとされる少女は自分の娘だと告げる。シェーカルからも子供はいないことを告げられ、「ネーハは強盗被害を受けたショックでPTSDに罹り、娘がいると思い込んでいる」と真相を告げられる。さらに、誘拐現場周辺の屋敷にある監視カメラの映像からも、ネーハの車に子供が乗っていないことが確認された。ロニーはネーハに「リアは存在しない」と告げ立ち去ろうとするが、部屋の壁にリアの身長を書き込んだ形跡を発見してネーハに事実を確認しようとする。しかし、絶望したネーハはベランダから飛び降り自殺してしまう。彼女の自殺を捜査するローハ警視監は、ネーハの携帯通話記録からロニーに疑いをかけ彼を捜索する。

ネーハを喪い消沈するロニーの元にウスマーンが現れ、リアの行方を知らされる。彼は麻薬の売人としてサニーと取引しており、その際にリアをアジトで見かけたと聞かされる。サニーを見付けたロニーは彼を追跡するが、駆け付けたローハに逮捕されてしまう。ロニーは真実を訴えるが、サニーはシェルギルからの尋問の最中に銃を抜いたため射殺され、ウスマーンも口封じのために殺されてしまう。ウスマーンを殺した男から、事件の黒幕がシェルギルであることを聞き出したロニーは、彼のアジトに単身乗り込み手下たちを全滅させる。シェルギルはロニーに重傷を負わせ、リアを誘拐させたのはシェーカルであること、その事実を利用して彼を脅迫し、麻薬の密輸に彼の所有する船舶を使おうとしていることを告げる。ロニーはシェルギルを殺そうとするが、彼は駆け付けたローハに殺され、ロニーはランジートに保護され、リアも救出される。ローハは逮捕したシェーカルを尋問し、リアが彼の娘ではないことを聞かされる。ロニーはリアが自分とネーハの間に生まれた子供だと気付き、リアを引き取り2人で暮らし始める。

キャスト[編集]

タイガー・シュロフ
ディシャ・パタニ

製作[編集]

2017年5月1日、タイガー・シュロフは自身のTwitterに映画のポスターを投稿した[10]。当初、女性の主要キャストにはジャクリーン・フェルナンデスクリティ・サノンが検討されていた[11]。しかし、2017年6月にシュロフとのスクリーンテストを経てディシャ・パタニが主要キャストに起用された[12]。シュロフは香港でアクション監督のチン・シウトンから格闘技のトレーニング、パタニはアクロバットのトレーニングをそれぞれ受けた[13]。7月にプラティーク・バッバルが悪役に起用された[14]

2017年8月8日から主要撮影が始まった[15]。最初にムンバイのセットで歌のシーンを撮影し、終了後にプネーの大学キャンパスで撮影が行われた。この他にマナリ英語版ゴア州ラダック中華人民共和国タイ王国でも撮影が行われた[16]

公開[編集]

2018年2月21日に予告編が公開され[17][18]、3月30日にインド3500スクリーン、海外625スクリーンで映画が公開された[19]

評価[編集]

興行収入[編集]

公開初日に2億5100万ルピーの収益を上げ、過去15か月間で『Tiger Zinda Hai』『Golmaal Again』に次ぐ3番目のオープニング成績となり[20]、アクション映画としては7番目の記録となった[21]。公開2日目には前日比20%減の2億400万ルピーの興行収入を記録し、2週間後には国内興行収入19億320万ルピーを記録した[22]。海外市場では2週間で4億1760万ルピーの興行収入を記録した[23]

批評[編集]

Rotten Tomatoesでは7件のレビューが寄せられ支持率29%、平均評価4/10となっている[24]

ラジーヴ・マサンドは2/5の星を与え、「映画製作者たちがアイディアのポテンシャルを浪費していることを想うと、『タイガー・バレット』に不満以外の感情を感じることはできない。2016年のヒット作『Kshanam』のリメイクは欠陥のある脚本によってダウンし、率直に言えばアフメド・カーンはミス・ディレクションだった」と批評している[25]ヒンドゥスタン・タイムズ英語版のロヒット・ヴァスは1/5の星を与え、「それは何をしたいのか分からない酷い脚本です。『ランボー』のトレースを追いかけ『Dum Maaro Dum』のバトンを取るところまで全てのトリックを試し、脚本はそれを悪化させた」と批評している[26]

インディアン・エクスプレス英語版のシュブラ・グプタは2.5/5の星を与え、「脚本を探し求めるフル・マサラ映画の問題は、上映方法によって明らかです。その骨格はテルグ・スリラー『Kshanam』からの借り物ですが、中身はボリウッドです」と批評している[27]ザ・タイムズ・オブ・インディアのラチット・グプタは2.5/5の星を与え、「アクションシークエンスは滑らかに見えるが、完全に不必要で過大過ぎるように感じられる。アクションとスタントでストーリーを印象付けようとする試みが上手くいっていないことは残念だ」と批評している[28]ニューデリー・テレビジョン英語版サイバル・チャテルジーは2/5の星を与え、「『タイガー・バレット』は純粋な映画というよりも2時間30分にわたるスタントショーです。心と精神のどちらも上腕二頭筋や鉄拳の攻撃から生き残る術はありません」と批評している[29]

続編[編集]

2018年2月19日、『Baaghi 3』の製作が発表された。監督のカーン、プロデューサーのナディアドワーラー、主演のシュロフは続投し、同年12月から撮影が開始される[30]

出典[編集]

  1. ^ Baaghi 2 - Movie - Worldwide Gross & Budget”. Box Office India. 2018年6月25日閲覧。
  2. ^ Hungama, Bollywood (2018年3月31日). “Box Office: Worldwide collections and day wise break up of Baaghi 2 - Bollywood Hungama”. 2018年4月16日閲覧。
  3. ^ a b Hungama, Bollywood (2018年1月4日). “Tiger Shroff – Disha Patani starrer Baaghi 2 to release on March 30 - Bollywood Hungama”. 2018年4月25日閲覧。
  4. ^ Baaghi 2: Aditya and his tryst with Telugu cinema” (2018年2月21日). 2018年10月5日閲覧。
  5. ^ Exclusive: Tiger Shroff-Disha Patani's Baaghi 2 is remake of Telugu film Kshanam” (2017年9月28日). 2018年7月1日閲覧。
  6. ^ Baaghi 2 trailer: Aditya breaks bones as Disha Patani plays damsel in distress”. India Today (2018年2月21日). 2018年10月5日閲覧。
  7. ^ 'Unpopular' Bollywood remix gets 18m views” (2018年3月21日). 2018年10月5日閲覧。
  8. ^ Tezaab director on Jacqueline Fernandez’s Ek Do Teen: It’s crass beyond imagination, a sex act” (2018年3月21日). 2018年10月5日閲覧。
  9. ^ Tezaab director N Chandra and Saroj Khan will take action against Jacqueline Fernandez's Ek Do Teen redux”. Times Now News (2018年3月21日). 2018年10月5日閲覧。
  10. ^ “Tiger Shroff reveals crackling new look from Baaghi 2 and drops release date”. Deccan Chronicle. (2017年5月2日). http://www.deccanchronicle.com/entertainment/bollywood/020517/Aditya-reveals-crackling-new-look-from-baaghi-2-and-drops-release-date.html 2017年8月3日閲覧。 
  11. ^ “Tiger Shroff is back: Hollywood-style Baaghi 2 poster”. Hindustan Times. (2017年5月20日). http://www.hindustantimes.com/bollywood/tiger-shroff-is-back-hollywood-style-baaghi-2-poster/story-HBlc39jnMC3faPuhGQyw6J.html 2017年8月3日閲覧。 
  12. ^ “Confirmed! Rumoured couple Tiger Shroff and Disha Patani to star in Baaghi 2”. Deccan Chronicle. (2017年6月8日). http://www.deccanchronicle.com/entertainment/bollywood/080617/confirmed-rumoured-couple-tiger-shroff-and-disha-patani-to-star-in-baaghi-2.html 2017年8月3日閲覧。 
  13. ^ “Tiger Shroff hungry for big box-office numbers”. The Indian Express. (2017年8月2日). http://www.newindianexpress.com/entertainment/hindi/2017/aug/02/tiger-shroff-hungry-for-big-box-office-numbers-1636838--2.html 2017年8月3日閲覧。 
  14. ^ “Prateik Babbar to play negative role against Childhood friend Tiger Shroff in Baaghi 2”. Firstpost. (2017年7月14日). http://www.firstpost.com/entertainment/bollywood/prateik-babbar-to-play-negative-role-against-childhood-friend-tiger-shroff-in-baaghi-2-3812149.html 2017年8月3日閲覧。 
  15. ^ “Tiger Shroff, Disha Patani start shooting for 'Baaghi 2'”. The Times of India. (2017年8月8日). http://timesofindia.indiatimes.com/entertainment/hindi/bollywood/news/tiger-shroff-disha-patani-start-shooting-for-baaghi-2/articleshow/59966767.cms 2017年8月11日閲覧。 
  16. ^ “Tiger Shroff starrer film Baaghi 2 to have more exotic locations”. Filmfare. (2017年8月1日). http://www.filmfare.com/news/tiger-shroff-starrer-film-baaghi-2-to-have-more-exotic-locations-22727.html 2017年8月3日閲覧。 
  17. ^ “Watch Theatrical Trailer Baaghi 2”. Bollywood Hungama. (2018年2月21日). http://www.bollywoodhungama.com/videos/movie-promos/theatrical-trailer-baaghi-2/ 2018年2月21日閲覧。 
  18. ^ Baaghi 2 trailer: Aditya, our desi Rambo, returns. There is an army of villains to keep him busy”. Hindustan Times (2018年2月21日). 2018年10月5日閲覧。
  19. ^ Baaghi 2 Overseas Collections: Takes A Higher Start Than Jolly LLB 2 & Judwaa 2 In UAE-GCC”. Koimoi (2018年3月31日). 2018年3月31日閲覧。
  20. ^ Joginder Tuteja (2018年3月31日). “Box Office: Baaghi 2 Takes Biggest Opening Of 2018, Comfortably Goes Past Padmaavat, PadMan & Raid”. Koimoi. 2018年3月31日閲覧。
  21. ^ Mohak Agarwal (2018年3月31日). “Baaghi 2 Crosses 2 Hrithik Roshan Films & 1 Salman Khan Film In Top 10 Opening Days For An Action Film”. 'Koimoi.com'. 2018年3月31日閲覧。
  22. ^ Hungama, Bollywood (2018年3月31日). “Box Office: Worldwide collections and day wise break up of Baaghi 2 - Bollywood Hungama”. 2018年4月25日閲覧。
  23. ^ taran adarsh on Twitter”. 2018年4月25日閲覧。
  24. ^ Baaghi 2”. Rotten Tomatoes. 2018年10月5日閲覧。
  25. ^ Plot without purpose”. Rajeev Masand. 2018年10月5日閲覧。
  26. ^ Baaghi 2 movie review: Goa bears Tiger Shroff’s wrath and so do we”. Hindustan Times. 2018年10月5日閲覧。
  27. ^ Baaghi 2 movie review: The Tiger Shroff film has more fight than bite”. The Indian Express. 2018年10月5日閲覧。
  28. ^ Baaghi 2 Movie Review”. The Times of India. 2018年10月5日閲覧。
  29. ^ Baaghi 2 Movie Review: Tiger Shroff Roars, Disha Patani Is Pretty But This Is Just A 2.5-Hour Stunt Show”. NDTV. 2018年10月5日閲覧。
  30. ^ “The third instalment in #Baaghi film series announced: #Baaghi3... Here's the official announcement”. (2018年2月19日). https://twitter.com/taran_adarsh/status/965430361021825024 2018年2月19日閲覧。 

外部リンク[編集]