ゾンビ映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゾンビ映画とは、映画のジャンルの一つを指す。ゾンビは、通常、生き返った死体やウイルスに感染した人間として描かれる架空のクリーチャーである。一般的には、人を食う存在として描かれている。ゾンビ映画は一般的にホラージャンルに分類されるが、中にはアクションコメディSFスリラーロマンスなど、他のジャンルにまたがるものもある。「ゾンビ・コメディ」や「ゾンビ・アポカリプス」など、異なるサブジャンルが展開されている。ゾンビは、幽霊グールミイラフランケンシュタインの怪物吸血鬼などとは異なるため、このリストにはこれらの種類のアンデッドをテーマにした映画は含まれてはいない。

歴史[編集]

Victor Halperin監督の『恐怖城』は1932年に公開され、最初のゾンビ映画としてよく知られている[1] [2] [3]◇。1930年代後半から1940年代にかけて、『私はゾンビと歩いた!』(1943年)をはじめとする数多くのゾンビ映画が製作された。

ハイチの民間伝承に登場するゾンビをモチーフにした現代のゾンビは、20世紀後半にジョージ・A・ロメロ監督の代表作『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968年)をきっかけに大衆文化の中に登場した[4]。この映画には続編として『ゾンビ』(1978年)が製作され、当時、最も商業的に成功したゾンビ映画となった。その後、その続編の『死霊のえじき』(1985年)がゾンビ三部作の第3弾として製作され、『サンゲリア』(1979年)や『バタリアン』(1985年)など、多くの作品に影響を与えた。しかし、1980年代から1990年代にかけてのゾンビ映画は、1970年代後半の『ゾンビ』ほどの商業的成功を収めることはできなかった[5]

1980年代の香港映画では、18世紀から19世紀の清朝時代の伝承に由来するゾンビのような中国の妖怪キョンシーが登場し、『霊幻道士』(1985年)で人気を博したキョンシー映画の波が押し寄せた。香港のキョンシー映画は1980年代半ばから1990年代初めにかけて東アジアで人気を博し、その大ヒットによって台湾映画『幽幻道士』(1986年)などが製作されることとなった。一方で、1988年にはアメリカでゾンビ映画『ゾンビ伝説』が製作された。

その後、1996年に日本で発売されたサバイバルホラーゲーム「バイオハザード」や「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド」に触発されて、1990年代後半に東アジアでゾンビ映画のリバイバルが始まり、香港のゾンビコメディ映画『Bio Zombie』(1998年)や日本のゾンビアクション映画『VERSUS』(2000年)など、低予算のアジアのゾンビ映画が続々と公開されることとなった[6]。その後、「バイオハザード」や「ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド」などのゾンビゲームの世界的な成功に触発され、2000年代初頭には[6]、イギリス映画『28日後...』(2002年)、続編の『28週後...』、映画『バイオハザード』シリーズ、2004年の『ゾンビ』のリメイク版、イギリスのパロディ映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004年)など、欧米のゾンビ映画の新しい波が起こり、ゾンビ映画のリバイバルは世界的なものとなった[7] [8] [9]。これらの映画の成功により、ゾンビ映画というジャンルは1970年代以来見られなかった商業的成功の新たなピークを迎え始めた[5]

『28日後...』、『ハウス・オブ・ザ・デッド』、『バイオハザード』シリーズ、『ドーン・オブ・ザ・デッド』など、2000年代に制作されたゾンビ映画[10]では、従来のゾンビよりも俊敏で、凶暴で、知的で、強いゾンビが登場する[11]。これらの新しい高速で走るゾンビは、「バイオハザード」の走る犬のゾンビや、「ハウス・オブ・ザ・デッド」の走る人間のゾンビなど、ビデオゲームが起源となっているとされることもある[10]

2010年代後半になると、欧米ではゾンビ映画が衰退し始めた[9]。一方、日本では、低予算の和製ゾンビコメディ『カメラを止めるな!(2017年)が予想外の大ヒットとなり、予算の1000倍以上の興行収入を記録して興行史に名を残した[12]

さまざまな種類のゾンビ[編集]

ゾンビの特徴は、映画によって異なっている。それぞれの映画監督は、その映画の世界観に合わせて、自分のゾンビにユニークな性質を与えている。『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』のように、ゾンビはゆっくりとした動きで描かれることが多いが、『ワールド・ウォーZ』のように、走ることのできる速い動きのゾンビが描かれることもある。

また、ゾンビの発生は様々な原因によって引き起こされる。多くの映画では、ゾンビ化をもたらす謎のウイルスに感染した人たちがゾンビのようになっていくが、ゾンビ発生の原因が異なる映画も存在する。『新感染 ファイナル・エクスプレス』では、ゾンビの発生は化学物質の漏洩が原因となっている。『ディストピア パンドラの少女』では、ゾンビ化をもたらす病気は真菌が原因である。『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』では、宇宙探査機の放射線によって死者が生者を襲うようになる。

人間からゾンビへの変化も、作品ごとに異なっている。『ワールド・ウォーZ』のように数分で変化する場合もあれば、『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』のように数時間かかる場合もある。

また、ゾンビは映画によって弱点が異なることもある。ほとんどの映画では、ゾンビは脳を破壊することでしか殺すことができず、多くの場合、頭を銃で撃たれている。しかし、『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』では、ゾンビは火によっても撃退されている。

また、いくつかの映画では、ゾンビを意識を持つ存在として描いている。『ウォーム・ボディーズ』は、体の中に意識が残っいるゾンビが、もう一度生きていたいと願う、ゾンビ・ロマンティック・コメディである。『ディストピア パンドラの少女』では、人間とゾンビのハイブリッドの子供たちが登場し、お腹が空いている時以外は普通の子供のように行動する。

ゾンビ映画の一覧[編集]

該当する映画の一覧は、「ゾンビ映画の一覧」を参照のこと。 

参照[編集]

  • 売上高が最も高いホラー映画のリスト

出典[編集]

  1. ^ Roberts (2012年8月6日). “White Zombie (1932) Review”. best-horror-movies.com. 2012年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月5日閲覧。
  2. ^ Haddon, Cole (2007年5月10日). “Daze of the Dead 75 years of flesh-eating fun”. Orlando Weekly. http://www.orlandoweekly.com/features/story.asp?id=11537 2012年11月5日閲覧。 
  3. ^ Silver 2014, pp. 28–36.
  4. ^ Maçek III, J.C. (2012年6月15日). “The Zombification Family Tree: Legacy of the Living Dead”. PopMatters. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  5. ^ a b Booker, M. Keith (2010). Encyclopedia of Comic Books and Graphic Novels [2 volumes: [Two Volumes]]. ABC-CLIO. p. 662. ISBN 9780313357473. https://books.google.com/books?id=YbkJ0QJrEZ8C&pg=PA662 
  6. ^ a b Newman, Kim (2011). Nightmare Movies: Horror on Screen Since the 1960s. A&C Black. p. 559. ISBN 9781408805039. https://books.google.com/books?id=fNMz3tGZVvAC&pg=PA559 
  7. ^ Barber (2014年10月21日). “Why are zombies still so popular?”. BBC. 2019年5月31日閲覧。
  8. ^ Hasan (2015年4月10日). “INTERVIEW: Director Alex Garland on Ex Machina”. Huffington Post. 2018年6月21日閲覧。
  9. ^ a b “How '28 Days Later' Changed the Horror Genre”. The Hollywood Reporter. (2018年6月29日). https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/have-get-a-quiet-place-killed-zombie-genre-1121491 2019年5月31日閲覧。 
  10. ^ a b Levin (2007年12月19日). “How did movie zombies get so fast?”. Slate.com. 2013年11月5日閲覧。
  11. ^ Levin (2004年3月24日). “Dead Run”. Slate. 2008年12月4日閲覧。
  12. ^ Nguyen, Hanh (2018年12月31日). “'One Cut of the Dead': A Bootleg of the Japanese Zombie Comedy Mysteriously Appeared on Amazon”. IndieWire. https://www.indiewire.com/2018/12/amazon-one-cut-of-the-dead-zombie-bootleg-movie-pirated-1202031415/ 2019年3月2日閲覧。