ゾロターン S-18/100

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
S-18/100 20mm 対戦車ライフル
20 mm Tb Solo S 18.1000.jpg
S-18/100[注釈 1]
種類 対戦車ライフル
原開発国 ナチス・ドイツの旗 ナチス・ドイツ
スイスの旗 スイス
運用史
配備先  フィンランド
 ナチス・ドイツ
 ハンガリー王国
 イタリア
スイスの旗 スイス
 ブルガリア王国[1]
関連戦争・紛争 スロバキア・ハンガリー戦争, 第二次世界大戦
開発史
派生型 ゾロターン S-18/1000, ゾロターン S-18/1100
諸元
重量 45 kg (弾倉含まず)
全長 176 cm
銃身 92.5 cm

弾丸 20×105mmB弾[2]
口径 20 mm
作動方式 反動利用式
初速 735 m/s ※徹甲弾使用時
装填方式 5/10発箱型弾倉
テンプレートを表示

ゾロターン S-18/100(Solothurn S-18/100)とは、スイスのSolothurn[注釈 2]社が開発した対戦車ライフルである。

概要[編集]

S-18はゾロターン社によって1936年より開発され、1937年に完成した。同社はドイツの会社であるラインメタルに保有され、実質的にはドイツ向けの兵器生産を担っていた。これはドイツ企業がヴェルサイユ条約によって課せられた兵器の生産に関わる禁止事項を回避するためのものであった。

本銃は銃身後座式の反動利用方式[注釈 3]による半自動式ライフルだった。ただし、その構造と外観は“ライフル(小銃)”というよりは“機関砲”に近く、大型で強力な弾薬を用いることから相当な反動が生じ、またそのサイズは携行を非常に難しいものとしていた。二脚に加え、大型の機関部を支えるため、床尾部下面には単脚が備えられている。

使用弾薬は20×105mmベルテッドケース弾[注釈 4]で、この弾薬は本銃から派生したS 18-350航空機関砲用と共通であった。フィンランドで使用されたS-18/154の情報によれば、本銃は距離100m、撃角60度で20mmの装甲を貫通できた。距離500mでは威力が16mmに減少した[注釈 5]。給弾は銃の左側面に水平に取り付けられた箱形弾倉でなされ、弾倉は5発もしくは10発(通常はこちらが用いられた)装弾のものが用いられた。

本銃の派生型としては、幾つかの輸出用マイナーチェンジ型の他、20×138mmベルテッドケース弾に変更したS-18/1000、更に全自動射撃を可能としたS-18/1100がある。

生産は1938年より開始された。ゾロターン社で製造されたものの他、第二次世界大戦前のエストニアがライセンスなしで製造(要はデッドコピー)した「Solothurn工廠」(Solothurn-Arsenal、英語版)と呼ばれるものがあるが、これはソビエト連邦によるエストニア占領英語版)の前に10挺だけが生産されたにとどまる。

ドイツ軍では限定的ながらPanzerBüchse 785(PzB785)の名称で制式採用し装備した。ドイツの他、派生型のS-18/1000およびS-18/1100を含む、S-18シリーズの様々なモデルが、スイス、ハンガリーイタリアそしてオランダによって使用された。1940年3月には、冬戦争で戦いを続けるフィンランドを支援するべくスイスで資金が集められ、フィンランドはスイス軍英語版)を名目上の購入者として、12挺のS-18/154(S-18/100の輸出用マイナーチェンジ型)を購入した[注釈 6]。フィンランドへの到着は戦争終結後の春となったものの、これらの銃は後の継続戦争で使用された。しかしすぐに本銃は、フィンランドの意図した任務において旧式であると判明した。

第2次大戦において、各国の対戦車ライフルはどれも戦車の進歩に威力が追いつかず、急速に陳腐化した。本銃は20mmという大口径を持つために、戦車の装甲に対しての有用性が低下した後も陣地攻撃用などに転用されて使用されたが、大型で大重量のために使い勝手が悪く、運用に多数の人員を必要とすることもあり、成形炸薬弾頭を持つロケット弾を用いる携行対戦車兵器が登場すると、速やかにそれらに替わられていった。

派生型[編集]

車輪付き銃架に架装されたS-18/1000
装薬を増した高初速化弾、20×138mmベルテッドケース弾を使用する改良型。S-18/100とは、機関部前半部がやや細身になっていること、銃口部が単孔形の砲口制退器(マズルブレーキ)にラッパ状の消炎器を組み合わせたものから、長方形多孔式の消炎器兼制退器に変更されていること、コッキングレバーの位置が機関部右側面後部に移動し、回転クランク式に変更されていることで識別できる。
S-18/1000を全自動射撃可能としたフルオートマチック版。20×138mmベルテッドケース弾を使用。対空銃架に搭載して対空機関砲としても用いられた。


登場作品[編集]

ブレイブウィッチーズ』(2016年)
時系列的にはテレビアニメストライクウィッチーズ第1期の後となる第502統合戦闘航空団を舞台とした作品で、第2話で主人公の姉である雁淵孝美中尉の使用武器として登場。
ライディングビーン』(1989年)
漫画家園田健一が小説の挿絵として描いたものを基に発展させた漫画作品で、それらを原作としてオリジナルビデオアニメーションとして制作されたもの。車輪付き銃架に搭載されたS-18/1000が大富豪の警護要員が使用する火器して登場。
ガンスミスキャッツ』(1992-1997年)
園田健一による日本の漫画作品。第18話において車輪付き銃架に搭載されたS-18がマフィアの構成員の用いる重火器として登場する。

参考文献[編集]

  • 別冊 GUN Part2 知られざるGUNの世界国際出版:刊 1982
  • Pitkänen, Mika & Simpanen, Timo:著 『20 mm Suomessa - Aseet ja ampumatarvikkeet ennen vuotta 1945(20 mm in Finland - Weapons and Ammunition prior to 1945)』 ISBN 978-952-5026-59-7 Apali:刊 2007

脚注[編集]

  1. ^ 画像の説明は「S-18/1000」となっているが、S-18/100の誤りである。
  2. ^ 日本におけるカタカナ表記としては通常“ソロトゥルン”または“ゾロトゥルン”が用いられる[3]。日本では英語での発音に近い「ソロサーン」という表記も見られる。
    大日本帝国陸軍では「ゾロターン」と表記しており[4]、当項目でもこの表記で記述する。
  3. ^ なお、本銃の説明にあたって、装弾部(薬室)と撃発機構が銃把部(引金)よりも後方にある“ブルパップ方式”の機構を持つ、と解説されていることがあるが、装弾部及び撃発機構は引金よりも前方にあり、“ブルパップ方式”の定義には合致しない。機関部後半の内部は、リコイルスプリングの収納部、及び反動利用式故の遊底後座距離の確保空間となっている。
  4. ^ 薬莢後端が帯状の隆起を有する実包。
  5. ^ フィンランドではハンガリー製のAPHE-T弾しか使用されていないため、この種の弾薬で達成されたと考えられている。
  6. ^ 独ソ不可侵条約の回避という側面も存在する。

出典[編集]

  1. ^ Казазян, Агоп. Противотанковите пушки в българската войска, Военноисторически сборник, кн. 2, 2005, с. 52-53. (Kazazian, Agop. Anti-tank Rifles in Bulgarian Army, Military Historical Collection, 2005, vol. 2, p.52-53.)
  2. ^ WORLD GUNS、Maxim Popenker(英語及びロシア語 2012年1月2日閲覧)
  3. ^ スイス政府観光局>ソロトゥルン(ゾロトゥルン)Solothurn(2016年10月22日閲覧)
  4. ^ JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C01006768200、大日記乙輯昭和11年(防衛省防衛研究所)(2016年10月22日閲覧)
    「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C01006866000、大日記乙輯昭和12年(防衛省防衛研究所)」(2016年10月22日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]