ゾルンホーフェン石灰岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゾルンホーフェン石灰岩層
年代: ジュラ紀後期チトニアン[1][2]
Solnhofen - cantera de calizas tableadas.jpg
ゾルンホーフェンの石切場
種別 地層
岩質
主な岩石 石灰岩[1]
所在地
ドイツの旗 ドイツ
プロジェクト:地球科学Portal:地球科学

ゾルンホーフェン石灰岩(英語:Solnhofen limestone, ドイツ語:Solnhofen Plattenkalk)は、ドイツバイエルン州ゾルンホーフェンを中心とした地域で産出する石灰岩である。世界的に有名なラーガーシュテッテの一つで、始祖鳥を始めジュラ紀後期の動植物化石が大量に発見されている。

堆積環境と化石[編集]

クモヒトデの化石

ジュラ紀後期、この地域はテチス海末端の多島海だった。外海と隔てられた穏やかなラグーンでは高い塩分濃度と酸素の欠乏のため、腐食性の生物は活動できない。よって外海から運ばれてきた生物の死骸は損壊されることなくゆっくりと堆積物中に埋まり、普通では残らないような組織も化石となった。ラグーンが干上がると、その泥に足を取られた虫や恐竜も化石となって残った。化石の量自体は多くないものの、質は大変優れておりジュラ紀の生物相の一端を垣間見ることが出来る。

ゾルンホーフェン石灰岩はきめが細かいことから建材、彫刻用の石版、リトグラフ用の石版などとして利用され、19世紀になると石灰岩中から産出する化石の研究が始められた。

現代におけるゾルンホーフェンと似たような堆積環境の場所にメキシコ湾北部がある[3]

レリーフ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Rauhut, O. W., Heyng, A. M., López-Arbarello, A., & Hecker, A. (2012). A new rhynchocephalian from the Late Jurassic of Germany with a dentition that is unique amongst tetrapods. PloS One, 7(10): e46839.
  2. ^ Schweigert, G. 2007. Ammonite biostratigraphy as a tool for dating Upper Jurassic lithographic limestones from South Germany – first results and open questions." Neues Jahrbuch für Geologie und Paläontologie - Abhandlungen, 245(1): 117-125. doi:10.1127/0077-7749/2007/0245-0117
  3. ^ Bartell K.W., Swinburne N.H.M. and Conway-Morris S. 1990. Solnhofen: a study in Mesozoic palaeontology. Cambridge (transl. and revised from Bartel K.W. 1978. Ein Blick in die Erdgeschichte. Ott.

外部リンク[編集]

座標: 北緯48度54分00秒 東経11度00分00秒 / 北緯48.9000度 東経11.0000度 / 48.9000; 11.0000