ゾフィー (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゾフィー
ZOFFY
メンバー 上田航平
サイトウナオキ
結成年 2014年
事務所 グレープカンパニー
活動時期 2014年 -
出会い 知人の紹介
旧コンビ名 チェルシー(上田)
あずう(サイトウ)
現在の活動状況 テレビ、ライブなど
芸種 コント
ネタ作成者 上田航平
公式サイト プロフィール
受賞歴
2017年 THE VERY BEST OF FREE 優勝
2017年 キングオブコント 決勝8位
2019年 キングオブコント 決勝5位
2019年 NHK新人お笑い大賞 準優勝
テンプレートを表示
ゾフィー
YouTube
チャンネル
活動期間 2018年 -
登録者数 1.8万人
総再生回数 2.3百万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年5月26日時点。
テンプレートを表示

ゾフィーは、グレープカンパニーに所属する日本のお笑いコンビ2014年4月結成。

キングオブコント2017、2019ファイナリスト。

メンバー[編集]

  • 上田 航平(うえだ こうへい、1984年12月17日 - )(36歳)ボケ・ネタ作り担当、立ち位置は向かって左。
神奈川県出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業[1]
身長170㎝、体重55㎏。血液型O型。
趣味・特技:読書、映画鑑賞、バス旅行
中学生の時に趣味のような感じでお笑い研究会のようなことをやっており、文化祭中国語漫才をやったことがあった。本人曰く、これがけっこうウケたとのこと。一方でバンドも組んでおり、中学入学後すぐギターを買ったという[2]
過去にコンビ『チェルシー』として石井光三オフィスへ所属し活動していた[3]。当時の相方・流木ターナーは落語家に転向、現在は柳亭信楽の名前で落語芸術協会に所属。
大学卒業後に劇団を旗揚げしたが、上田が尖りすぎていたため50人ほどいた団員が突然全員辞めた。その後、脚本・出演すべてを一人で行い劇団を再始動させる[2][4]。テレビ局や新聞社に自ら取材を申し込むほど熱心に取り組んでいたが、最終的に公演で火事が発生し劇団は終了した[4]
コント愛が強く、知名度が低くてもコントで食えていける芸人を増やすために秋山寛貴(ハナコ)、加賀翔(かが屋)、林田洋平(ザ・マミィ)をメンバーとするコントユニット『コント村』を立ち上げ、「村長」を名乗っている[5]
坊主頭が特徴。
父は慶應義塾高等学校野球部監督を務めた上田誠[6]。高校時代は剣道部所属[2]。父親から星飛雄馬のような厳しいトレーニングを受けていたが、あまりに厳しすぎたことで野球をやめる。
すべてのネタを考え、ツッコミ部分も記述した上で台本をサイトウに渡している。
  • サイトウ ナオキ (本名:斉藤 直樹〈読み同じ〉 1980年3月26日 - )(41歳)ツッコミ担当、立ち位置は向かって右。
青森県弘前市出身[7]東奥義塾高等学校卒業[7]
身長173㎝、体重65㎏。血液型O型。
趣味・特技:ひとり酒、不動産探し、スポーツ吹き矢
高校生の時からバーテンダーをしていた[2]
相方・上田と同様にバンドをしていたこともあり、楽器はドラムベースを担当していた[2]
前妻に慰謝料と養育費を返し終えた(後述)のに合わせて27歳からお笑い活動を開始。かつてアルバイトで一緒だった人が松竹芸能の養成所に行っていたこともあり、サイトウがお笑い志望だったことを覚えていてその人から誘われる。しかし当時のサイトウはとにかく人前に出たくない思いだったこともあり、月に1回しか舞台に立てず、これが2年ぐらい続いて結局この最初のコンビは解散となった[2]
過去にソーレアリアへ所属し、「インチキ斉藤」の芸名で本田らいだ〜△の元相方・上田ケントと、コンビ『あずう』を組み活動していた[8]。お互いにネタを書くのがキツくなって解散したという[9]。後に1年間ほど芸人を辞めて普通に働いていた[2]
居酒屋チェーンで正社員として勤務しており、専務取締役を務めている[1]。2020年時点で年商2億円、3店舗を経営[4]。芸人も居酒屋も両方やりたいということで[9]、このことを会社に相談したら「広報みたいな形だったらどうだ」と提案され、芸人と居酒屋を両立することを決意した。その後はライブなど芸人活動の後に会社に行くなど会社勤めとを両立させている[9]2018年からは会社を立ち上げ、居酒屋3軒の営業権を借りて社長に就任した[10]。だが2020年新型コロナウイルス感染拡大の影響で店舗自粛となり、3店舗のうち2店舗が閉店せざるを得なくなった。
バツイチであり、22歳の時にできちゃった結婚をして息子がいる[11]。相手の女性はバーテンダー時代に出会い、後を追う形で19歳のときに上京した[2]。その女性とは24歳で別れ、27歳の時まで慰謝料養育費を返し続けていた[2]。その後は再婚し娘が生まれている[12]
「チェだぜ!」というギャグを持つ。この『チェ』とは舌打ちを意味するが、普通に舌打ちしている瞬間を岡部大(ハナコ)に目撃されている[13]

略歴[編集]

2人ともコンビ解消による離散を経験、そして養成所に通っていない同士でもある[2]。共に相方がいない状態だった時にサイトウが上田から「社交的でないからどうしよう」と言った連絡を受け、サイトウは「上田がネタを書くのならいいかな」と思い直し[9]2014年4月11日結成[14]。以後サイトウは上田に対し、上田にネタ作りへ専念させる代わりにネタの練習に使うカラオケボックスなどの費用やご飯を奢っている程度だが、金銭的な援助をしている[9]

事務所に所属しないフリーランスのままキングオブコントにて3年連続準決勝進出。2017年はファイナリストに進出した[15]。キングオブオブコント放送後の同年10月7日にグレープカンパニー所属となったことを報告[16]

コンビ名の由来はウルトラシリーズに登場するキャラクターのゾフィーから(所属事務所の公式プロフィールにもあるように、英語表記もこれと同じ「ZOFFY」である)[2]

賞レース成績[編集]

  • 2014年 キングオブコント 準決勝進出
  • 2015年 キングオブコント 準決勝進出
  • 2016年 キングオブコント 準決勝進出
  • THE VERY BEST OF FREE2017 優勝
  • 2017年 キングオブコント 決勝8位
  • 2018年 キングオブコント 準決勝進出
  • 2019年 キングオブコント 決勝5位
  • 2019年 NHK新人お笑い大賞 準優勝
  • 2020年 キングオブコント 準決勝進出

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

単独ライブ[編集]

  • 第1回単独ライブ「悪魔にパンを投げろ!」(2016年3月19日、ユーロライブ)
  • 第2回単独ライブ「おとなだろ」(2017年2月19日、ユーロライブ)
  • 第3回単独ライブ「MU」(2017年6月17日、ユーロライブ)
  • 第4回単独ライブ「TeHe」(2018年2月3日、ユーロライブ)
  • 第5回単独ライブ「まっすぐズレてる」(2019年5月4日-5日、ユーロライブ)

合同ライブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 1月8日(月)放送レポート!”. レコメン!. 文化放送 (2018年1月8日). 2018年1月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k ゾフィーInterview”. Walive! (2017年2月12日). 2020年3月20日閲覧。
  3. ^ チェルシー”. お笑いナタリー. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ a b c 2020年3月19日放送 23:15 - 0:15 テレビ朝日 アメトーーク!”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2020年3月19日). 2020年3月20日閲覧。
  5. ^ ゾフィー上田、コントの将来に危機…コントで食える芸人を増やすための壮大なプランを熱弁「コントのサブスク“コンティファイ”」
  6. ^ 三四郎・相田、高校野球の名監督と意外な繋がりが発覚”. 三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO). ニッポン放送 (2018年1月17日). 2018年1月23日閲覧。
  7. ^ a b サイトウナオキfacebook 自己紹介 より。
  8. ^ 芸人アルバムその277・あずう”. ぽ~くちょっぷ篠木 怒りのメガトンパンチ (2016年8月9日). 2018年1月23日閲覧。
  9. ^ a b c d e 『CIRCUS MAX』2018年2月号(KKベストセラーズ)「プチ鹿島の芸人人生劇場」(p.50)より
  10. ^ 東のたむけん!? 居酒屋経営者の顔を持つ芸人
  11. ^ チャンスの時間 #74:千鳥&王者シソンヌのお色気コント!芸人にドッキリ連発
  12. ^ ゾフィー サイトウ ナオキtwitter 18:48 - 2018年10月29日
  13. ^ 岡部, ハナコ (2020年1月27日). “ゾフィーのサイトウさんが楽屋で「やべー、ワイシャツ忘れた!」って言った後しっかり舌打ちしてました!!! 全然「チェだぜ!」って言ってませんでした!!! #チェだぜ” (日本語). @okb_dai. 2020年4月19日閲覧。
  14. ^ ゾフィー上田航平”. Twitter (2014年4月11日). 2018年1月1日閲覧。
  15. ^ ゾフィー、優勝賞金1000万円は元妻の息子の進学費用に…切なる願い明かす”. テレビドガッチ (2017年9月26日). 2017年10月7日閲覧。
  16. ^ ゾフィー、グレープカンパニーに所属「坊主と専務で精進して参ります」”. お笑いナタリー (2017年10月7日). 2017年10月7日閲覧。
  17. ^ お侍ちゃん、ゾフィー上田、ターリーターキー伊藤が「伊集院光とらじおと」参加”. お笑いナタリー (2018年8月15日). 2018年8月15日閲覧。
  18. ^ わらふぢなるおとゾフィーが漫才含む新ネタ5本披露、2マン「わらふゾフィるお」”. お笑いナタリー (2018年12月9日). 2019年3月20日閲覧。
  19. ^ ゾフィーとザ・マミィがKOCに向けて新ネタ5本!「ZOMMY」開催”. お笑いナタリー. 2019年12月21日閲覧。
  20. ^ ゾフィーとザ・マミィ「ZOMMY+」で再起動、キングオブコント獲っても一生やりたい”. お笑いナタリー (2020年10月25日). 2020年10月27日閲覧。
  21. ^ ゾフィーとやさしいズがツーマンライブ、新ネタ4本&企画8本”. お笑いナタリー. 2019年12月21日閲覧。

外部リンク[編集]